HandBrakeの使い方と設定方法【QSV対応エンコーダー】

フリーの動画エンコードソフト「HandBrake」(ハンドブレイク)の使い方とか設定方法について簡単に紹介します。

※この記事で紹介しているHandBrakeのバージョンは「0.10.5」です

スポンサードリンク

HandBrakeとは?

handbrake

HandBrakeは、フリーで使用出来るマルチプラットフォームに対応している海外産エンコーダーです。

何が出来る?

主に以下の様な事が出来ます。

  • 様々な動画ファイルをMP4・MKV形式に変換(これ以外の形式はムリ)
    • BD/DVD/ISOファイルからも変換可能(コピーガードを回避する機能は無いので注意)
  • 動画のクロッピング
    • 例えば、「動画の上から30pxを削り取る」みたいな事が出来る(削りとった部分は黒帯表示される)
  • 動画のリサイズ
    • 例えば、1920×1080→1280×720に縮小してエンコしたり出来る
  • フィルタ
  • チャプター設定(チャプターを新しく設定する事は出来ない
  • 字幕ファイル読み込み(.srt)

エンコーダーとして基本的な事は全て出来る」と考えてOKです。

特徴は?

主に以下の様な特徴があります。

  • フリーでオープンソース
  • マルチプラットフォーム対応
    • Windows/MAC/Linuxに対応
  • 映像コーデックは、H.265/H.264/MPEG-4/MPEG-2/VP8/Theora(VP3)に対応
  • 音声コーデックは、AAC/MP3/AC3/DTSに対応
  • 日本語にも(一応)対応してる
    • 日本語版は、バージョン0.9.5から更新がストップしたままなのでオススメじゃありません
    • 最新版(英語)の方が機能が充実してますし、使いやすいです
  • エンコードが早くて、動作が安定してる
  • QSVに対応してる(日本語版では対応してません

たぶん、世界的に見れば最も使用されているエンコーダーなんじゃないかと思います。

いつの間にかQSVにも対応したんですね。もう最強ですね( ´Д`)

エンコーダー、いっぱい有りすぎてどれ使えば良いかわかんない!」みたいな人は、HandBrakeを使っとけば間違い無いんじゃないかと思います。

ダウンロードとインストール

導入方法についてです。

  1. こちらのHandBrake公式ページよりインストーラーをダウンロードする
    2016-02-15_22h44_34
  2. 起動する
  3. インストーラーの指示通りに進めていく
    2016-02-15_23h33_52

    • 変な広告ソフトを一緒にインストールされたりする事もないので、何も考えずに進めていくだけでOKです
  4. 最後に「Finish」をクリック

以上で導入終了です。

使い方

※大部分の人が使用しないであろう機能は割愛します。

インストールが終わったら、HandBrakeを立ち上げて下さい。

画面について大雑把に説明すると以下のようになります。
handbrake_設定
▲クリックで拡大

基本的に、HandBrakeは初期設定が優秀なので、拘ったエンコードをしない限りは設定を弄る必要は有りません。

というわけで例として、動画を読み込んで、高画質・低容量(H.264,AAC)な設定でエンコするまでの一通りの流れを紹介したいと思います。

  1. 左上の「Source」(2016-02-16_18h38_32)をクリックする
  2. 左側に以下のようなウィンドウが開くので、読み込みたい方法で動画を読み込む
    2016-02-15_22h43_52
  3. ↓―――――――――――――――ここから1つの動画ファイルのエンコ設定始まり―――――――――――――――↓
  4. 読み込みが終わると、上の「Source」の部分に動画が読み込まれるので、エンコの設定を行いたい動画を選択する(複数動画を読み込んだ場合)
    2016-02-15_22h50_49
  5. プリセットを選択する
    2016-02-15_23h36_24

    • 基本的には自分の好きなプリセットを選べば良い
    • 「よく分からん!」って人は「Normal」を選べばOK
    • 高解像度・高画質な動画をエンコ刷る場合は、「High Profile」を選ぶと良い(けど携帯機器で再生出来ない動画になる可能性有り)
  6. 動画形式を選択する
    2016-02-16_17h34_49

    • 字幕とか付けるんじゃないのなら「MP4」でOK
    • 「MP4」の場合で動画共有サイト(Youtubeとか)に投稿する場合には、「Web Optimized」にチェックを付ける
  7. 出力するパスとファイル名を設定する
    2016-02-16_18h22_04
  8. 「メニュー」→「Add To Queue」(2016-02-16_18h37_32)をクリックして”キュー”に追加する
  9. ↑―――――――――――――――ここまでで1つの動画のエンコ設定終わり―――――――――――――――↑
  10. エンコしたい動画がまだあるなら、4.に戻って繰り返す
  11. 「メニュー」→「Start」(2016-02-16_18h36_44)をクリックしてエンコードを開始する
    • HandBrakeでは、”キュー”に入っている動画を順番にエンコードしていく
    • ”キュー”の中身は、「メニュー」→「Show Queue」(2016-02-16_18h37_26)で確認できる
      2016-02-16_18h35_51
  12. 動画完成!
    mp41

って感じです。

普通の動画ファイルをエンコードするなら、こんな感じの流れになります。

他に、

  • 字幕付き動画をエンコしたい場合
  • チャプターを変更したい場合
  • 複数音声の場合

とかには、少しだけ操作が増えると言った感じです。(たぶん↑の流れが理解出来たなら、大体分かると思いますが)

設定方法

設定についての解説です。

映像コーデックについての設定

「Video」タブの設定項目についてです。

2016-02-15_23h38_08

  • Video Codec
    •  映像のコーデックを指定する
    • MP4の場合は「VP8」「Theora」は使用出来ない(Theoraは使う意味ないと思う)
  • Framerate(FPS)
    • 動画のフレームレートを設定する
    • 例えば、「60fps→30fpsに落としたい!」って時とかに使う
    • 「Same as source」にすると読み込んだ動画のfpsをキープする
  • Constant Framerate
  • Variable Framerate
  • Optimise Video:(H.264の場合の項目)
    • x264 Preset:右にすればするほどエンコ時間は長くなるが、ファイルサイズ当りの画質が向上する
    • x264 Tune:エンコする動画の種類によって使い分ける事で、ファイルサイズ当りの画質が向上する
    • H.264 Profile:H.264のプロファイルの設定。「Baseline」→「Main」→「High」の順番で、ファイルサイズ当りの画質が向上するけど、再生の互換性も下がる
    • H.264 Level:H.264のレベルの設定。解像度とかfpsの限界値を決めれる。Wiki参照。
  • Quality
    • Constant Quality
      • 画質の良さの設定。右にすれば(数字を小さくすれば)画質は良くなるが、ファイルサイズが大きくなる
      • 「0」で可逆圧縮になる
    • Avg Bitrate
      •  指定したビットレートに収めてエンコードする設定

インターレース解除してエンコする方法

※「インターレース解除って何?」って人は以下記事参照です。
インターレース解除とは?インターレース動画とプログレッシブ動画の違い

インターレース解除は、「Filters」タブ→「Deinterlace」から設定出来ます。

設定としては、「Deinterlace」か「Decomb」のどちらかを選択します。(どちらでも解除出来ます)

  • Deinterlace:全てのフレームに解除処理を行う(プログレッシブなフレームにも処理も行う)
    • Fast:エンコ早いけど荒く除去(リニア補間フィルタ)
    • Slow:エンコちょっと遅くなるけどまぁまぁキレイに除去(Yadif フィルタ)
    • Slower:エンコ遅くなるけどキレイに除去(Yadifフィルタ )
    • Bob:フレームレートを倍に出来る(Yadif ダブルフレームレート出力)
      • 例えば、29.97iな動画の場合、60pに変換する事が出来る(こういうのを「Bob化」と呼ぶ)
      • 倍にする事で”実質”インターレース解除する事になる
  • Decomb:動画を解析して目に見えるようなチラつきだけを解除する(コッチのほうが比較的にキレイだけど負荷が重い)
    • Default:エンコ早いけど荒く除去
    • Fast:エンコ遅くなるけどキレイに除去
    • Custom:解除する基準を自分で設定する ※詳しくは以下記事参照
      HandBrake 解説 @Wiki – デインターレースフィルタの詳細解説
    • Bob:フレームレートを倍に出来る
      • 例えば、29.97iな動画の場合、60pに変換する事が出来る(こういうのを「Bob化」と呼ぶ)
      • 倍にする事で”実質”インターレース解除する事になる

テレシネする方法

逆テレシネする方法です。

逆テレシネの説明

例えば地デジで放送されているアニメなんかは本来24fpsとして作られてますが、放送として流す際には30fpsにかさ増し(これをテレシネという)放送してます。

なので、6fps分は無駄なわけです。(30フレームの内、6フレームは同じフレームということ)

逆テレシネは、このように被っているフレームを自動的に間引く事を言います。(地デジ・BS/CSのアニメ動画とかエンコする場合は必須の設定)

参考:動画の「テレシネ」「逆テレシネ」の意味と違い

「Filters」→「Detelecine」から項目を選べます。
2016-02-16_17h06_33

字幕の設定(設定しないと字幕は出ないので注意)

例として「DVD・BD」を読み込んだ際に、字幕を読み込む設定について紹介します。

  1. 「Subtitles」タブ→「Add Track」ボタンの▼部分をクリックして、「Add All Remainning Tracks」を選択します。
    2016-02-16_21h02_57
  2. これでDVD・BDの字幕が全て読み込まれます。(外国の映画DVDを読み込んだ場合)
    2016-02-16_21h01_19

あとは普通にエンコードすれば、字幕付きで動画として出力出来ます。

読み込み時のメニューの意味は以下の様な感じです。

  • Add New Track
    • 新しく空の字幕トラックを追加する(追加した後にDVDなどの字幕を選択する事も可能)
  • Add All Remaining Tracks
    • 動画ファイル・DVD・BDに含まれる字幕全てを読み込む
  • Add All Remaining Closed Captions
    • 強制字幕を読み込む設定だと思います、たぶん。。(例えば、看板の意味とか、意味がわからないとストーリーの理解に支障をきたすような字幕)
  • Add All Remaining Selected Languages
    • デフォルトで選択されている字幕のみを読み込む

また、MP4とMKVでは字幕の扱いが変わってくるので注意です。

  • MKV:「焼き付け」と「パススルー(ソフト字幕)」の2種類可能
  • MP4:「焼き付け」のみ

ソフト字幕:表示・非表示を切り替えられる字幕です
焼き付け:動画自体に埋め込まれてる字幕(非表示にすることは出来ない)

※ちなみに「MP4」コンテナが字幕に対応していないのではなくて、MP4コンテナにDVDの字幕形式(idx/sub/Vobsub)が対応していないというだけです。MP4でも通常は字幕に対応可能です。

この字幕の扱いについては、メニュー上から操作出来ます。

  • Burn In
    • 字幕を「焼き付け」する(外すと「ソフト字幕」になる)
      ※MP4の場合は、チェックを外していても「焼き付け」される
  • Forced Only
    • 強制フラグのある字幕のみを表示させる。(先ほどの看板の例のような字幕)
  • Default:
    • 再生時に、チェックを付けた字幕を最初から流すようにする
  • 2016-02-16_21h27_45

それと、字幕ファイル自体については、以下のように対応しているみたいです。(試してないので正しいかは分かりません)

  • SRT, Closed Caption(CC): 動画に焼き付けることはできない。パススルーのみ可能。
  • VOBSUB: コンテナが”MKV”の場合は、パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。コンテナが”MP4″の場合は、原則として焼き付けのみ。パススルーも可能だが、表示可能かどうかは再生環境・プレイヤーよる。
  • PGS Subtitles: コンテナが”MKV”の場合は、パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。コンテナが”MP4″の場合は、焼き付けのみ可能。
  • SSA Subtitles: パススルー、焼き付け(字幕1つのみ)どちらも可能。焼き付ける場合、フォント、色、スタイルなどは保持できるが、アニメーション効果は保持されない。

引用:HandBrake 解説 @Wiki – エンコード設定/Subtitles 解説

あと、「字幕が複数あって、どれが目当ての字幕かわからない!」って場合は、後述する「エンコードの結果をプレビューする方法」で、動画の一部だけをプレビューして目当ての字幕が表示されるか確認すると良いと思います。

プリセットの設定

2016-02-15_23h36_24

  • Add:新しいプリセットの追加
  • Remove:選択したプリセットの削除
  • Options:プリセットの設定

エンコードの結果をプレビューする方法

メニューにある「Preview」(2016-02-16_18h39_00)から、”エンコードするとどのような動画になるのか”をプレビューする事が出来ます。

handbrake_preview

  • Start at Preview:
    • プレビューの開始点を指定する
  • Duration:
    • プレビューの長さを指定する (秒)
  • Use system default player:
    • チェックを入れると、オプションで指定したプレイヤー (VLC等) ではなく、.mkv / .mp4(m4v) に関連付けられているプレイヤーで再生する。
※VLCを使用する場合は、メニューの「Tools」→「Options」から、VLCのパスを通してある必要あり
2016-02-16_16h43_02
※VLCメディアプレイヤーをインストールしてある状態で、HandBrakeをインストールしたなら、自動的に設定されているはず

QSV機能の有効・非有効化

※QSVは、IntelのCPUについてるハードウェアエンコード機能です。

普通にCPUパワーでエンコードするよりも高速に、省電力でエンコ出来ます。(最近では普通にCPUでエンコするのと画質が殆ど変わらないらしい)

デフォルトだとQSV(ハードウェアエンコード)が非アクティブになっていると思う(?)ので、使用したい場合は自分でアクティブにする必要があります。

  1. メニューの「Tools」→「Options」を開く
  2. 「Video」タブから「Disable QuickSync Decoding」のチェックを外す
    2016-02-15_22h59_27
    ※私の環境ではQSVが使えないのでチェックボックス自体が非アクティブなっています(同じように非アクティブになっている場合はQSVが使えないということ)

これでQSVが有効になります。

※ちなみに、その上にある「Enable DXVA Harware Accelerated Decoding」は、グラフィックボードのDXVA機能を用いて、動画を高速に読み込む(デコード)するオプションです。これにチェックを付けると更にエンコードが早くなります(読み込む動画のコーデックはH.264/MPEG-4/WMV3に限られます)

ただし、英語で注意書きがあるように”試験的に付けてるだけの機能なので完璧ではない”らしいです

補足

エンコする際には、

  • 出力ファイル名
  • 出力パス

には日本語(全角文字)はなるべく含めないようにしましょう。(エラーの原因になるかもしれません?)

このページの情報は以上です。

関連ページ:おすすめのフリーエンコードソフト11選【エンコーダー】

関連ページ:動画のエンコードを出来るだけ高速化する方法について

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    HandBrake(ハンドブレイク)と書いてありますが、
    Break(ブレイク)ではなく
    Brake(ブレーキ)です。
    従って、カタカナで書くなら「ハンドブレーキ」です。

  2. 名無し より:

    初めまして。一番わかりやすくhandbrakeの使い方を解説頂いて助かりました (だいぶ急いでいたのですが初心者でもすぐにできました)!ありがとうございましたm(_ _)m

  3. 匿名 より:

    ハンドブレイクじゃなくてハンドブレーキですよ

    • 匿名 より:

      BrakeはBreakと同音で読みはブレイク、意味はブレーキ。
      昔の日本人が適当にカタカナ読み付けた負の遺産。

  4. 困ったちゃん より:

    分かりやすい解説に感謝です。それで、handbrakeを使ってみたいと思いインストールしましたが、ソース画面にDVDドライブのマークが出ません。何度インストールをやり直しても同じです。何か対策はありませんか。