【AviUtl】できること・できないこと一覧【まとめ】

(私が知ってる限りの)AviUtlで出来る事出来ない事のまとめ。

※省略して書いてる部分が多いです

スポンサードリンク

AviUtlで出来ること一覧

リサイズ・アス比

リサイズイメージ

  • 「1920×1080→1280×720にリサイズする」みたいなことができる(ダウンコンバート)
  • 「1280×720→1920×1080にリサイズする」みたいなことができる(アップコンバート)
  • 「1920×1080(16:9)→1440 x 1080 (4:3)にアスペクト比率を変更する」みたいなことができる

参考【AviUtl】動画をリサイズする方法【アスペクト比】

トリミング

screenshot_6161

  • 「1280×720→1280×300みたいに横部分のみをトリミングする」みたいなことができる
  • 「1280×720→900×720みたいに縦部分のみをトリミングする」みたいなことができる

参考【AviUtl】動画をトリミングする方法【クリッピング】

回転

screenshot_608

  • 「動画の○○秒から△△秒にかけて□□°回転させる」みたいな事ができる
  • 「動画を0~360°回転した状態で再生する」みたいな事ができる

参考【AviUtl】動画を縦横に回転させる方法

反転

screenshot_6091

  • 「動画を左右反転した状態で再生する」みたいな事ができる
  • 「動画を上下反転した状態で再生する」みたいな事ができる

参考【AviUtl】上下左右反転動画の作り方【ダンス動画等】

色の反転

s-screenshot_611 screenshot_612 screenshot_613
▲輝度反転 ▲色相反転 ▲階調反転
  • 輝度反転」が出来る
  • 色相反転」が出来る
  • 階調反転(ネガポジ反転)」(輝度反転+色相反転)が出来る

参考【AviUtl】「ガーン!!」的な色反転のやり方(ネガポジ反転)【階調反転】

参考【AviUtl】基本効果エフェクト(座標・拡大・透明・回転・領域拡張・リサイズ・ローテーション・反転)の使い方

合成

s-screenshot_614

カット・結合

screenshot_617

  • 「動画の○○秒から△△秒まで切り取る(カット)」みたいなことができる
  • 「動画Aの○○秒から△△秒まで切り取って(カットして)、動画Bの○○秒目から差し込む(結合)」みたいなことができる

参考【AviUtl】動画の不要なシーンをカットする方法【結合】

エフェクト

方向ブラー_範囲

  • 色々なエフェクトを掛ける事が出来る
    • モザイク
    • ラスター
    • ノイズ
    • ブラー
    • 色々なアニメーション効果
    • ・・etc(多すぎるので割愛)

参考【AviUtl】エフェクトの掛け方と全エフェクト一覧

再生速度・逆再生

  • 倍速再生
    • 「動画の○○秒から△△秒まで1~20倍速にする」みたいなことができる(最高で20倍速
  • スロー再生
    • 「動画の○○秒から△△秒まで0.1~1倍速にする」みたいなことができる(最高で0.1倍速
  • 逆再生
    • 「動画の○○秒から△△秒まで1~20倍速で逆再生する」みたいなことができる(最高で20倍速

参考【AviUtl】動画を倍速・スロー・逆再生する方法【早送り|巻き戻し】

フレーム処理

インターレース解除_比較

音の加工

サンプルゆっくり音源(.wav)
原音
ディレイ
エコー
リバーブ
  • (簡易的な)エコー・ディレイ・リバーブが掛けれる

参考【AviUtl】エコー・リバーブ・ディレイをかける方法

音の調整

  • パンの調整(左右音量の調整)が出来る
  • 音量の調整が出来る

フィルタ

  • ノイズ除去
    • 動画のブロックノイズを軽減出来る(⇒ノイズ除去フィルタ
    • 動画のバンディングノイズを軽減出来る
    • ・・etc
  • 輪郭を調整
  • 色調補正(カラグレ等)(⇒動画をカラーグレーディングする方法
    • 動画の「明るさ」を調整出来る
    • 動画の「コントラスト」を調整出来る
    • 動画の「色相」を調整出来る
    • 動画の「輝度」を調整出来る
    • 動画の「彩度」を調整出来る
    • ・・etc

エンコード

  • 色々な動画形式(映像コーデック・音声コーデック)で動画をエンコード出来る

参考【AviUtl】動画をエンコード(圧縮)するやり方

プラグインで拡張出来る機能

参考【AviUtl】おすすめの便利プラグインまとめ

他ソフトとの連携

AviUtlで出来ないこと

DVD・BDへのオーサリング

オーサリングしたい場合は、「AviUtlで動画エンコ」→「他ソフトでオーサリング」という風にする必要が有る
参考:おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選

高解像度の動画編集

32bitソフトなので、1920×1080レベル以上の解像度になると動作モッサリしてくる。

限界は1920×1080(フルHD)くらいまで。

キレイに3Dレンダリング

描画にDirectXを使っている関係上、どうしても”粗さ”が目立つ。

※そもそも動画編集ソフトに3D機能を求める事自体筋違いだけど

ストーリーボードでの動画全体の管理

大規模な動画を作るので無ければ特に不要。あると便利。

高度な音声加工

例えば、

  • 「イコライズ」
  • 「コンプレッサー」
  • 「ワウ」
  • 「ノーマライズ(正規化)」
  • 「コーラス」
  • 「フランジャー」
  • ・・etc

などは出来ない。

また、「ディレイ」「エコー」「リバーブ」についてもAviUtl標準の機能だと低レベルな加工しか出来ない。

このページの情報は以上です。

おすすめページ【AviUtl初心者向け】よくある質問と回答(FAQ)

おすすめページAviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

スポンサーリンク