家庭用ゲーム機のゲーム実況動画の作り方【PS3・PS4・XBOX One・WiiU・Wii等】

家庭用ゲーム機の「ゲーム実況動画」の作り方について簡単に紹介します。

スポンサードリンク

家庭用ゲーム機とは?

s-main_right
Amazon:Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)

家庭用ゲーム機とは、

  • PS1/PS2/PS3/PS4
  • N64/GC//Wii/WiiU
  • Xbox360/Xbox One

などの据え置き型のゲーム機の事を指します。(俗に言う「コンシューマーゲーム」のこと)

私自身、「Wii」しか持っていませんので、この記事では「Wii」のゲームのゲーム実況動画の作り方について紹介します。

(基本的にどのゲーム機でもゲーム実況動画の作り方は同じなので参考にはなるかと思います)

準備する機材・ソフト

s-daf549fc4c3b5108fa224bf27e20fe0f_s

家庭用ゲーム機のゲーム実況動画を作りたい場合は、以下の機材・ソフトを用意する必要があります。

  1. キャプチャーボード
  2. ビデオキャプチャーソフト
  3. 録音ソフト
  4. 動画編集ソフト
  5. 録画したいゲーム・ゲーム機
  6. マイク

詳しくは以下ページを参照するなどして準備してください。
ゲーム実況するのに必要な機材・ソフトのオススメ【11種類】

この記事で使う機材・ソフト

この記事では、

  1. キャプチャーボードGV-USB2(参考:GV-USB2の使い方と設定について
  2. ビデオキャプチャーソフトアマレコTV
  3. 録音ソフトAudacity
  4. 動画編集ソフトAviUtl
  5. 実況するゲーム:「Wii」の 「桃太郎電鉄16
  6. マイクiBUFFALO マイクロフォン BSHSM03BK

この6つの機材・ソフトで実況するものとして説明します。

各ソフトの導入方法・詳しい使い方については、この記事内では説明しませんので、リンク先などで一通り理解しておいてください。

PCゲーム実況動画を作る流れ

作る流れは以下の様な感じです。

家庭用ゲーム機(PS3,PS4等)の実況

  1. 「ゲーム機」と「キャプチャーボード」と「PC」を繋ぐ
  2. 「ビデオキャプチャーソフト(アマレコTV)」「録音ソフト」「実況したいゲーム」を起動する
  3. 「録音ソフト」にて、マイクの録音を開始する
  4. 「ビデオキャプチャーソフト」にて、録画(ビデオキャプチャー)を開始する
  5. ゲームを開始する(実況スタート
  6. 実況が終わったら録音・録画を停止する
  7. 動画編集ソフトを立ち上げて、録画・録音し終わった「動画ファイル」「音声ファイル」を読み込む
  8. 自分が思うように動画編集する
  9. エンコード(動画として出力)する
  10. 動画を投稿する
  11. おわり

順番に説明していきます。

①「ゲーム機」と「キャプチャーボード」と「PC」を繋ぐ

これは単にケーブルで接続するだけです。

Wiiの場合、映像の出力端子は「コンポジット」、今回使用するキャプチャーボード(GV-USB2)も「コンポジット」なので、

  • 「Wii」 →(コンポジット接続)→ 「GV-USB2」 →(USB接続)→ 「パソコン」
    ソフトウェアエンコード

という感じでそのまま接続するだけです。

もし、WiiU/PS4などの出力端子が「HDMI」のゲーム機をパソコンに繋ぐなら、HDMIに対応したキャプチャーボード(例えばAVT-C875など)を使用する必要があります。

つまり、

  • 「WiiU/PS4等」 →(HDMI接続)→ 「AVT-C875」 →(USB接続)→ 「パソコン」

こんな感じで接続する事になります。

もし、

  • ゲーム機の出力は「HDMI」だけど、キャプチャーボードは「コンポジット」のものしか持ってない!
  • ゲーム機の出力は「コンポジット」だけど、キャプチャーボードは「HDMI」のものしか持ってない!
  • ゲーム機の出力は「D端子」だけど、キャプチャーボードは「HDMI」のものしか持ってない!
  • ・・etc

という風に、ゲーム機の「出力端子」と、キャプチャーボードの「入力端子」が異なる場合は、「変換ケーブル」や「変換器」なを購入すれば使えるようになります

それについては自分の持ってるゲーム機・キャプチャーボードの端子を確認して購入すると良いでしょう。(新しくキャプチャーボードを買い替えても良いでしょう)

(↓こんな感じで端子を変換する機器が色々売ってるので、自分の状況に合わせて買えば良い)

D端子→コンポジット端子に変換するケーブル HDMI→D端子に変換する変換器 HDMI→コンポジット
wiiu_S端子変換
Amazon:CYBER・S端子ケーブル (Wii U用) ブラック
[Simble] HDMI to D端子 コンバーター 変換器
Amazon:HDMI to D端子変換器
TSdrena HDMI → アナログ(コンポジット) 小型コンバーター HAM-CHIC2 [相性保証付き]
Amazon:小型コンバーター HAM-CHIC2

ただ(当たり前ですが)「HDMI→コンポジット」などに変換した場合などは、解像度が大きく下がることになるので注意です。(画質が残念なことになる)

②「ビデオキャプチャーソフト」「録音ソフト」「実況したいゲーム」を起動する

実況したいゲーム(Wii)を起動し、パソコン側で以下のように「Audacity」と「アマレコTV」を立ち上げます。

screenshot_66111

キャプチャーボードが上手く接続されていれば、↑画像のようにアマレコTVの画面に、接続したゲーム機の画面を映ります。

※アマレコTVの詳しい設定方法についてはこの記事(⇒アマレコTVの使い方と設定方法)を参考にしてください

③「録音ソフト」にてマイクの録音を開始する

「録音デバイス」を録音に使用するマイクデバイス」に設定して、録音を開始します。(マイクの音のみを録音するので注意。PC上の音はデスクトップキャプチャーソフトの方で録音します)

screenshot_6521

④「ビデオキャプチャーソフト」にて録画(ビデオキャプチャー)を開始する

アマレコTVにて録画開始ボタンを押して、録画を開始します。

アマレコTV_画面_桃鉄

録画・録音のデバイスは、キャプチャーボードのデバイスを選択します。(パソコン関係のデバイス(マイク・ステレオミキサー・オーディオデバイス)は選んではいけません)
garegre1

⑤ゲームを開始する(実況スタート)

あとは、アマレコTVのウィンドウを見つつ、マイクに向かって一人でベラベラ喋るだけで。(頑張ってください)

※パススルー機能が付いているキャプチャーボードの場合は、パススルーしたテレビなどを見つつ実況すれば遅延なく実況出来ます。

tiennnasi
参考:パススルー機能とは?

また、今回の場合、「マイク音声」と「ゲーム音声」を別撮りしているので、「ゲーム音声」が「マイク」に入らないようにしなければいけません

具体的には、

  • 「ゲーム音はミュートにする」
  • 「ゲーム音はイヤホンで聞く」

などの対策をする必要があるでしょう。

また、実況の「始まり」と「終わり」には、それと分かる言葉を入れておくと、編集時の区切りになって分かり易いのでオススメです。。(「はい!今から○○の実況を始めます!」という風な事を言っておけば良い)

⑤実況が終わったら録音・録画を停止する

実況を終わりたくなったら、Audacity・アマレコTVの録画・録音を停止します。

アマレコTVは録画を停止すれば勝手に動画ファイルとして保存されますが、

Audacityの方は、録音を止めた後、自分で音声ファイルとして出力しなければいけません。(参考:【Audacity】音楽ファイルを書き出す方法【mp3・flac・ogg・wav・aiff】

⑥動画編集ソフトを立ち上げて録画・録音し終わった「動画ファイル」「音声ファイル」を読み込む

以下の様な感じ↓(これはAviUtlの場合)で、動画編集ソフトに録画・録音し終わった「動画ファイル」「音声ファイル」を読み込みます。

screenshot_6631

基本的にどの動画編集ソフトも、こんな感じ↑で「タイムライン」と呼ばれるウィンドウに、ファイルをD&Dして編集していく形になります。(例外はありますが)

ちなみにAviUtlは事前にプラグイン・スクリプトなどを大量に入れておかないと、思うような編集が出来ないので注意です。
AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

⑦自分が思うように動画編集する

読み込んだ後は、カットしたり、早送りしたり、字幕入れたりと、あなたの思うように編集すればOKです。

screenshot_6641

参考として、AviUtlで編集する場合に参考になりそうな記事リンク↓を貼っておきます。

※詳しくはトップページ目的別という項目を見てもらうと更に参考になるかもしれません。

※また、ビデオキャプチャーした動画は「インターレース動画」なので、動画共有サイトなどに投稿しようと考えている場合は、インターレース解除をする必要があります。

インターレース解除しないと、すごく残念な動画になってしまうので注意です。

参考インターレース動画とプログレッシブ動画の違い
参考インターレース解除とは?仕組みなどについて簡単に解説【デインターレース】
参考【AviUtl】インターレース解除する4つの方法【デインターレース】

⑧エンコード(動画として出力)する

動画投稿に適した動画形式・コーデック(MP4H.264AAC)でエンコードします。(AviUtlの場合はx264guiExを使いましょう)

screenshot_6651

エンコ条件としては、

・Youtubeに投稿する用の動画の場合は、「とにかく超高画質でエンコードする」

・ニコニコに投稿する用の動画の場合は、「ファイルサイズ40MB以下で、ビットレートは445kbps以内にする」

って覚えとけば(とりあえず)OKです。

Youtubeに投稿しようと思っている場合は、以下ページにてエンコード仕様をまとめているので参考にどうぞ。
Youtubeに投稿する動画のエンコ条件とか方法【動画形式・コーデック他】

ニコニコに投稿しようと思っている場合は、以下ページにてエンコード仕様をまとめているので参考にどうぞ。
ニコニコ用の動画エンコの方法と投稿条件

⑨動画を投稿する

あとは、作った動画を(mp41)をYoutubeなり、ニコニコ動画なりにうpする(投稿する)だけです。

これであなたも立派なゲーム実況プレイヤーです。

お疲れ様でした。

おまけ)完成動画

こんな感じの動画↓が出来ます。(これはビデオキャプチャーした動画を「インターレース解除」のみを施して、そのままうpしたものです)

このページの情報は以上です。

関連ページGV-USB2の使い方と設定について【ビデオキャプチャー】

関連ページゲーム実況のやり方まとめ【実況動画を作るまでの流れ】

関連ページ【AviUtl】実況動画の編集で役立つエフェクト・スクリプト・フィルター等まとめ

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ゲーマー より:

    PS4だったらそんなことしなくても本体機能で撮れるのでとても便利ですよ。