【AviUtl】動作が重い時の原因と対策一覧【カクカク】

このページでは、AviUtlの動作が重くてカクカクしたり、音声が途切れ途切れになったりした際の対策について紹介します。

※基本的にAviUtlは32bitソフトなので、1920×1080以上の動画などを2つ以上とか読み込んでしまうと、メモリ不足で不安定になる事が多いかもしれません

スポンサードリンク

各種設定を見直す

AviUtl自体の設定を変更して軽くする方法です。

①キャッシュフレーム数を上げる

2015-12-19_16h52_24

AviUtl本体の「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」から「キャッシュフレーム数」を変更する事が動作を軽くする事が出来ます。

推奨は「8~32」です。この中の間で自分がもっとも快適だと思う数値に変更してください。(基本的に数値が高いほどキビキビ動くようになるけどクラッシュする事も多くなる)

②LargeAddressAwareを有効にする

2015-12-19_16h52_40

64bitOSで、メモリを4GB以上積んでいる場合は、AviUtl本体の「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」から「LargeAddressAware」にチェックを付けましょう。

このオプションを付ける事により、通常AviUtlは2GBまでしかメモリが使用出来ないのを、4GBまで使用出来るようになります。
これにより、カメラ制御を使った動画編集をしている時などによく起こる異常終了現象を回避する事が出来ます。

※この設定に限ってはAviUtl.exeのバイナリを書き換える必要があるらしいので「Aviutlを管理者権限として実行しないとエラーになる事が有る」ようです。AviUtlアイコンを「右クリック」→「管理者権限として実行」から立ち上げましょう。

③画像処理を間引いて表示にチェック

2015-12-19_16h52_54

拡張編集タイムライン上にて「右クリック」→「画像処理を間引いて表示」にチェックを入れる事で動作を軽くする事が出来ます。

ただし、これにチェックを入れてしまった場合、エフェクト関係の表示が「実際にエンコードして出力したファイル」と「プレビュー」とで違いが生じるので注意です。

④ハンドル数、キャッシュ数を上げる

2015-12-19_16h53_44

拡張編集タイムライン上にて「右クリック」→「環境設定」で、「動画ファイルのハンドル数」と「画像データのキャッシュ数」を増やす事で、サイズの大きい画像ファイルや動画ファイルを多量に読み込んでいる場合に動作を軽くする事が出来ます。

※詳しくは以下の記事を参考にしてください。

読み込む素材を予めリサイズしておく

リサイズイメージ

例えば、「1280×720」の動画を作る中で、「1920×1080」の動画素材を使用しているような場合です。

大きい解像度のファイルを使用してしまうとメモリを余分に喰ってしまって処理時間も遅くなってしまいます

というか必要以上に大きい解像度を使用するなんて無駄なだけなので、こういう場合は予め、「1920×1080」の動画素材を「1280×720」にリサイズしておいてから読み込みましょう。

動画素材だけではなく、画像を使う場合でも同じです。予めリサイズしておきましょう。(ちなみにリサイズする場合は2の倍数になるように気をつけましょう)

処理が重い部分を中間ファイルとする

フィルタや素材(動画・画像)をたくさん使用していたりすると、プレビューが非常にカクカクになってきます。

「カメラ制御」を使用した場合なんかだと尚更です。

そういう時は、「重い処理」を行っている部分だけを「中間ファイル」として動画に出力し、それを「素材」として再利用する事で動作を軽く出来ます。

また、「中間ファイル」として出力する場合は「無圧縮」、もしくは「可逆圧縮」などの劣化しない形で出力しましょう。

yuy2-未圧縮

処理が重いフィルタをOFFにする

動作が重いフィルタなどをかけているオブジェクトは、極力非アクティブにしておきましょう。

非アクティブにするには、各フィルタの右上のチェックを外します。オブジェクトそのものが重い場合は、設定ダイアログ右上のチェックを外してオブジェクト自体を非アクティブにします。

オブジェクト_チェック外す

また、オブジェクトが設置されているレイヤーを非表示にする事でも有効です。

オブジェクトの「サイズ」を小さくする

オブジェクトの「サイズ」を極端に大きくしていると動作が非常に重くなります。

その場合は、「サイズ」を小さくする事で動作を軽く出来ます。

※「サイズ」が無い場合は、「基本効果」→「リサイズ」でサイズを小さくする事で動作が軽くなります。(「拡大率」や「Z」を調整して小さくしても動作は軽くならないので注意

オブジェクトの「サイズ」を小さくする

ただ、「拡大率」で大きさを変更した場合と、「リサイズ」で大きさを変更した場合とでは、エフェクトの挙動が変わる事があるので注意です。

素材の置き場所が悪い

使用している動画素材・画像素材を、外付けのHDDなどから読み込んでいる場合は動作が遅くなってしまう恐れがあります。

内蔵のHDD・SSDなどに移動させてから再度読み込むと動作が多少改善されるかもしれません。

素材のコーデックが悪い

出来れば、素材として読み込む動画・画像・音楽はあらかじめ”非圧縮”か”可逆圧縮”に再エンコしておくと良いです。読み込みがスムーズになります。

  • 動画の場合は、非圧縮なAVI、若しくは可逆圧縮なAVI
  • 画像の場合は、非圧縮なBMP、若しくは可逆圧縮なPNG
  • 音楽の場合は、非圧縮なWAV・AIFF、若しくは可逆圧縮なFLAC・ALAC等

みたいな感じです。

mp4(H.264)などの高圧縮なファイルを読み込むよりはスムーズになるはずです。

ただ、そこまで如実に変化が顕れるわけじゃないかも・・・?

パソコンのスペックを見直す

低スペックのパソコンを使用している場合に有効な方法です。

パソコンスペック
※マイコンピューターを「右クリック」→「プロパティ」で簡単なPCスペックが見れます

メモリを増設する

メモリが1GB以下の場合は動作がカクカクになる可能性が高いです。お金が有るなら自分のパソコンに合うメモリを探して増設した方が無難でしょう。(最低2GBほど)

CPUを換装する

動画編集の肝はCPUです。CPUが早ければ全ての動作がサクサクになります。core i5以上のCPUならストレス無く動作するでしょう。

CPUを換装するのはかなり面倒なので、パソコンを買い替えた方が早いかもしれません。

動画編集向けパソコンの選び方【パーツ】

全部試したのに重いのが直らない!

諦めてください

動画編集というのはそもそも「重いもの」です。

どんなに最強のCPUを積んだとしても、重いフィルタなどを大量に使用している場合はどうしてもカクカクになります。

これは有料の動画編集ソフトを使用しても同じ事です。(有料ソフトにはグラフィックボードの力を少しだけ借りたりして軽く出来る仕組み(「スマートレンダリング」って呼ぶ)とかが有るソフトもあるけど、一旦書きだすのに時間がかかるし、そんなに有用なものでもないです)

動作がカクカクして動画が確認出来ない場合は、確認したい部分だけを動画で出力して随時チェックしていくというのが動画編集の基本です。

スポンサーリンク