【AviUtl】動画への字幕(テロップ)の入れ方【テキスト】

AviUtlを使用して、動画に字幕(テロップ)を入れる方法について紹介します。

動画編集の基本中の基本なので、マスターしましょう。

スポンサードリンク

字幕を入れる手順

字幕を入れる大まかな流れは以下の動画を参考にしてください。

拡張編集タイムラインに字幕を入れたい動画をドラッグ&ドロップする(図1)

DD
図1

拡張編集タイムラインにて「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」を選択する。

すると、タイムラインに「テキスト」オブジェクトが追加出来ます。(図2)

このタイムライン上のテキストオブジェクトをダブルクリックし、設定ダイアログのテキストボックス欄に字幕として表示させたい文章を入力します。この設定ダイアログのパラメータを変更することで字幕の表示を色々変更する事が出来ます。(図3)

テキストオブジェクト_タイムライン
図2

設定ダイアログ(図3)の各パラメータの詳細については以下の記事を参考にしてください。

また、右上の+マークマークから各種フィルターを追加することができます。

テキストオブジェクト1
図3

以上の流れで、字幕をどんどん追加していくだけです。

「設定ダイアログ」と「エフェクト」を駆使してクオリティの高い字幕動画を目指しましょう。

※エンコード(動画の出力)については以下ページ参照です。
【AviUtl】動画をエンコード(圧縮)するやり方

字幕動画を作るのに役立つスクリプト

字幕動画を作るのに役立つプラグイン

  • 字幕アシスト
  • ごちゃまぜドロップス


参考ページ:【AviUtl】おすすめの便利プラグインまとめ

字幕動画を作るのに役立つツール

字幕についてのコラム記事

座標のリンク機能

字幕を付けたい場合、大抵同じ位置に字幕を入力していくことになると思います。

そういう場合、「座標のリンク」機能を使う事で、同じレイヤー上のオブジェクトの座標位置(X、Y、Z)をすべて統一する事が出来ます。

「座標のリンク」機能を使うには、タイムラインのレイヤー名の部分で「右クリック」→「座標のリンク」を選択します。そうするとレイヤー名の左横部分に青の縦棒が表示されます。

座標のリンク機能

この状態で、同レイヤー上のオブジェクトの座標位置(X、Y、Z)を変更すれば、それに合わせて他のオブジェクトの位置も追従して変更されるようになります。

動画に字幕を入れ終わってしまった後に「一括して字幕の位置を変えたい!」ってなった時に重宝します。

ただし、あくまで変更できるのは座標位置(X、Y、Z)だけなので、アライメント(中央揃えとかそういうの)とか字の大きさとか字体とかそういうパラメータは変える事が出来ませんので、テキストオブジェクトを作成する段階で予め字体などは統一しておく必要が有るので注意です。

テキストのマークアップタグ

※AviUtl初心者の人は見る必要は有りません

1つのテキストオブジェクトで、文字毎に書式を変更する為のマークアップタグについて紹介します。

■マークアップタグを使用するメリット

  • 複雑な文字処理が可能になる(「スクリプト制御」を併用する事でもっと高度な処理が出来る)
  • 1つのテキストオブジェクトで様々な文字表現が出来るのでタイムラインがすっきりする

AviUtl初心者なら複数のテキストオブジェクトを配置してそれぞれに好みの書式を設定すれば良いと思います。

フォント色

フォント色を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<#ffffff>白<#>

ffffffの部分は16進数でRGB指定します。

■例1

<#ffffff>白<#><#ff0000>赤<#><#00ff00>緑<#>
 <#0000ff>青<#><#000000>黒<#><#ffff00>黄<#>

また、このように#を省いて書くことも出来ます。

<#ffffff>白<#ff0000>赤<#00ff00>緑
 <#0000ff>青<#000000>黒<#ffff00>黄<#>

テキスト_フォント色
例1

フォントサイズ、フォント名

フォントサイズ、フォント種類を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<s32,メイリオ>フォントサイズ32<s>

32の部分はフォントサイズ、メイリオの部分はフォント名を指定します。

■例2

<s60>60 <s80,メイリオ>80<s>

テキスト_フォントサイズ
例2

表示速度

「表示速度」を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<r15>aaaaaaaa<r>

15の部分は「表示速度」を指定します。歌詞表示とかで実際の歌と字幕の表示速度を狂い無く合わせたい時とかに有効かもしれません。

■例3

<r15>aaaaaaaa<r>
 <r8>aaaaaaaa<r>
 <r4>aaaaaaaa<r>

te
例3

待機時間

「待機時間」を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<w15>aaaaaaaa<r>

15の部分は「表示速度」を指定します。

また、以下のように書くことでオブジェクト内の文字数×0.5秒を待機します。

<w*0.5>aaaaaaaa<r>

■例4

<w1>aaa<w>
 <w2>bbb<w>
 <w*0.2>ccc<w>

表示速度_待機時間
例4

表示クリア

表示をクリアできる事がタグです。

<c2>

2の部分は、クリアする秒数を指定します。

■例5

あ
 <c1>
 い
 <c1>
 う
 <c1>
 え
 <c1>
 お

クリア_テキスト
例5

座標の指定

テキストの「座標」を指定することが出来るタグです。

<p20,40>

20の部分はX座標、40の部分はY座標を指しています。

また、座標の前にプラスマイナスを付けると相対座標表示になります。

■例6(絶対座標)

<p20,40>あいうえお<p40,80>かきくけこ

テキスト_絶対座標
例6

■例7(相対座標)

<p+20,+40>あいうえお<p+20,+40>かきくけこ

テキスト_相対座標
例7

スクリプト制御として使う

テキストオブジェクトはスクリプト制御としても使用する事ができます。

スクリプト制御については以下の記事を参考にしてください

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. くらもち より:

    このサイトで勉強させていただいている者です。
    このたび初めて動画の編集に挑戦しました。(拡張編集でやっています)
    スマホで撮った動画にyoutubeからもらったmp3の音源をつけて
    さらにテキストで文字も入れてみました。
    動画の編集自体は問題なく出来たのですが、エンコードをするとmp3の音が入りません。
    またプラグイン出力の×264出力(GUI)Exでエンコードしようとすると、エラーが出てエンコードもできません。
    拡張編集AVI/BMP出力だとエンコードは出来るのですが、mp3の音が入らないでエンコードされます。
    よくわからないので音声をWAV出力というところにチェックを入れると、WAVファイルが別に出来てしまいました。

    ちなみにエラーの内容は

    qaac.exeの場所が指定されていません。
    qaac.exeを用意し、その場所を設定画面から正しく指定してください。
    remuxer.exeの場所が指定されていません。
    remuxer.exeを用意し、その場所を設定画面から正しく指定してください。

    です。
    もし解決策があれば教えていただけると助かります。
    よろしくお願い致します。

    • 管理人 adminadmin より:

      この画像のエラー、私もたまに出ます。
      「プラグイン出力」→「x264guiEx」→「ビデオ圧縮」で設定画面を開いて、すぐに閉じて下さい。これで直りませんか?

      あと、AviUtlフォルダの中の「exe_files」フォルダの中に「muxer.exe」と「qaac.exe}というファイルがあるか確認して下さい。
      なければインストールに失敗しているという事なのでもう一度インストールをやり直して下さい。

      >>拡張編集AVI/BMP出力だとエンコードは出来るのですが、mp3の音が入らないでエンコードされます。
      mp3は拡張編集のタイムラインに読み込んでいるのでしょうか?それで再生すると音は流れるのでしょうか?流れるならエンコすれば音声も出力されるはずですが。。

      >>WAV出力というところにチェックを入れると
      これは、動画の音声を、動画ファイルとは別に音声ファイルとして出力したい人向けのオプションです。動画ファイル以外要らないならチェック不要です。