【AviUtl】x264guiExの各設定項目の解説(3/3)【初心者向】

AviUtlの出力プラグイン「x264guiEx」の各種設定項目について”超簡単”に解説。

※初心者向けなので、それ以外の人には無価値なページです

x264guiex_gamen

スポンサードリンク

基本的な使い方

プロファイル_x264guiex
▲プロファイル(クリックで拡大)

良くわからないけど、高画質で良い感じにエンコしたい!」って人は、

”プロファイル”の設定を使って、そのままエンコードするだけでOKです。

他は何も弄らなくて良いです。(というか弄るべきじゃない)

なのでこの記事をこれ以上見る必要は有りません

※各プロファイルの簡単な意味については、前記事参照です。
【AviUtl】x264guiExの導入方法と使い方【MP4出力】

映像の設定

「x264」タブ

x264タブの設定についてです。

エンコードの設定(パスとか)

エンコード方法(パスの回数等)

初心者の人は、

・手っ取り早くキレイにエンコしたいなら「シングルパス – 品質基準VBR」

・ファイルサイズを指定してエンコしたいなら「自動マルチパス」

ってだけ覚えとけばOKです。

screenshot_176

以下、簡単な解説です。

  • シングルパス – 固定ビットレート:
    • ビットレートを指定して、1回だけエンコードする
  • シングルパス – 固定量子化量:
    • ”固定量子”を指定して、1回だけエンコードする
    • ”固定量子”というのは、簡単に言うと機械から見た映像のキレイさ。「機械から見たキレイさ」なので、人間が見てキレイに感じるとは限らない。
  • シングルパス – 品質基準VBR:
    • ”品質”を指定して、1回だけエンコードする
    • ”品質”というのは、簡単に言うと人間から見た映像のキレイさ
  • マルチパス – 1st PASS:(※使う意味はほぼ無し)
    • 2回目のエンコードの為の情報を収集する目的でエンコードを行う
  • マルチパス – Nth PASS:(※使う意味はほぼ無し)
    • 「マルチパス – 1st PASS」で収集した情報(ログ)を元に、2回目・・n回目のエンコードを行う
  • 自動マルチパス:
    • 「マルチパス – 1st PASS」→「マルチパス – Nth PASS」と連続で行うだけ。
  • 上限確認付 シングルパス – 品質基準VBR:
    • ファイルサイズ上限・ビットレート上限付で、”品質”を指定して、1~2回だけエンコードする
    • もし、上限内に収まれば1回で終わる。収まらなければ2回目で上限に収める。

※「”パス”ってなに??」って人は以下記事参照です。
エンコード設定の1passと2passの違い【シングルパス・マルチパス】

「良くわからない!」って人の為に、「エンコード(動画作り)」=「カレー作り」に例えると、

  • シングルパス – 固定ビットレート:
    • 「1000円で美味しいカレーを作ってね。」
      ⇒1つの食材にだけ無駄に値段を掛けてしまったりする。しかも結果的にカレーが不味いなんて事もある。
  • シングルパス – 固定量子化量:
    • 「美味しさ100のカレーを作ってね。」
      ⇒美味しく作ってくれるけど、予算(ファイルサイズ)が大きくなりがち。
  • シングルパス – 品質基準VBR:
    • 「なるべく安く、美味しさ100のカレーを作ってね。」
      ⇒コスパ最強
  • マルチパス – 1st PASS:
    • 「1000円で美味しいカレーを作る方法を調べてね。」
      ⇒実験用途みたいなもの(使う意味ない)
  • マルチパス – Nth PASS:
    • 「調べた結果を元にカレーを作ってね。」
      ⇒実験用途みたいなもの(使う意味ない)
  • 自動マルチパス:
    • 「時間掛かっても良いから、1000円で最大限美味しいカレーを作る方法を調べてから作ってね。」
      ⇒絶対に時間は掛かっちゃうけど、一番コスパ最強
  • 上限確認付 シングルパス – 品質基準VBR:
    • 「なるべく安く、美味しさ100のカレーを作ってね。あ、でも予算は1000円以内に収めてね。もし予算が超えたらもう1回作りなおしてね。」
      ⇒時間を短縮出来るかもしれないし、コスパも最強

みたいな感じです。

プリセットのロード

screenshot_186

エンコの速度・圧縮率などについての設定です。

  • 速度:
    • エンコの速度を調整出来る設定(普通は「medium」で良い)
      screenshot_195

      • 「fast」にすればするほど、エンコが早く終わるようになるが圧縮率が下がる
      • 「slow」にすればするほど、エンコが終わるのが遅くなるが圧縮率が上がる
  • チューニング:
    • エンコするソース(実写かアニメか等)に合わせてエンコを最適化出来る設定(普通は「none」で良い)
      screenshot_196引用:拡張 x264 出力(GUI)の設定項目とその機能について – ニコニコ動画まとめwiki

      • none:
        • そのまま
      • film
        • 実写(もしくはそれっぽいCG等)映像向け
      • animation
        • アニメ向け
      • grain:
        • 細かい粒子が漂っているような映像向け(アニメの回想シーンとか)。
      • stillimage:
        • 静止画向け
      • psnr:
        • psnr(エンコ前とエンコ後の映像を比較する時に使う計測値)が最大になるようにする。これを使用すると見た目は酷くなる事が多いので普通は使わない。
      • ssim:
        • psnrと同様で、ssimが最大になるようにする。これまた使えば見た目はひどくなることが結構ある。
    • プロファイル:
      • H.264としての”ポテンシャル”的なのの設定(普通は「high」で良い)
        screenshot_197

        • baseline:
          • 圧縮率最低
          • モバイル機器用の動画なら「baseline」が良い
        • main:
          • 圧縮率普通
        • high:
          • 圧縮率高め
          • PC用の動画なら「high」
        • high10:
          • 圧縮率高め

ピクセルアスペクト比(SAR比)

ピクセルアスペクト比_x264gui
▲クリックで拡大

これは、地デジ・BS/CSな映像をエンコするときに使う設定です。

なので、それ以外の用途の場合は考慮する必要はありません。

”ピクセルアスペクト比”を設定出来る項目。

ピクセルアスペクト比っていうのは、(名前の通り)1ピクセル当りの縦横比率のこと。

例えば、地デジの映像は「1920×1080」だと誤解されがちですが、実際には「1440×1080」という解像度です。これはピクセルアスペクト(SAR)を「4 : 3」に設定してるからです。

その他

その他の項目については特に気にする必要は有りません。

「レート・QP制御」「フレーム」タブ

レート・QP制御、フレームタブ

「レート・QP制御」タブ、「フレーム」タブについては、特に設定を変更する必要は有りません。

この2つは、”エンコードを極めたい人向け(上級者)”の設定です。

理解せずに弄ると、逆に画質が劣化する事もあるので、触らないのが吉です。

初心者は無視しましょう。

「拡張」タブ

「拡張」タブの設定についてです。

screenshot_194

基本的に、「自動フィールドシフト(afs)を使用する」以外は、使用する事は有りません。

※「自動フィールドシフト(afs)を使用する」は、「自動フィールドシフト」プラグインを使用した際に、自動フィールドシフトに対応させる事が出来る項目です。

その他、x264のエンコオプションを追加したい場合には、「追加コマンド」というテキストエリアに入力して、「GUI部に反映」というボタンを押せばエンコードに反映されます。

音声の設定

音声の音質とかの設定方法についてです。

▼画面の右上から設定出来ます。
onnsei_x264guiex

良くわからないけど、高音質で良い感じにエンコしたい!」って人は、「エンコーダ」を「qaac」→「ABR(AAC)ビットレート指定」にして、ビットレートを「128~320kbps」くらいに設定すればOKです。(「320」が最高です)

screenshot_192
▲こうすれば高音質になる

その他の項目について軽く解説です。↓

  • エンコーダ:
    • 音声のエンコーダを指定する(通常は「qaac」を選んでおけば良い)
      screenshot_191

      • NeroAacEnc:
        • Nero AG社の「AAC」エンコーダー(昔はこれが主流だった)
      • FakeAacWav(FAW):
        • FakeAacWav(FAW)」を使用する際の設定。(地デジ・BS/CSソースな映像の時とかに使う)
          「FAWChack」にチェックをつければ、FAW音源を読み込んだ時に自動的に「FakeAacWav(FAW)」が使用されるようになる
          screenshot_193
      • qtaacenc:
        • apple社の「AAC」エンコーダー
      • Lame mp3:
        • Lameの「MP3」エンコーダー
      • PVシリーズ AAC抽出:
      • AC3(ffmpeg/avconv):
        • ffmpeg内蔵の「AC3」エンコーダー
      • Vorbis Ogg:
        • 「Vorbis 」エンコーダー
      • WAV出力:
        • 「WAV(LPCM)」エンコーダー(非圧縮)
      • qaac:
        • apple社の「AAC」エンコーダー
        • 「qtaacenc」の派生
      • refalac:
        • 「ALAC」エンコーダー(ロスレス)
      • MPEG4 ALS:
        • 「MPEG-4 ALS」エンコーダー(ロスレス)
      • fdk-aac(ffmpeg/avconv):
        • ffmpeg内蔵の「AAC」エンコーダー
      • flac:
        • 「FLAC」エンコーダー(ロスレス)
      • fdkaac:
      • Opus Ogg:
        • 「Opus」エンコーダー

※「なんで「AAC」エンコーダーだけ何個もあるんだよ!」って思うかもしれませんが、人気のコーデックというのは色々な会社・団体がエンコーダーを開発している為に、こんなに沢山種類があるのです。正直、一般人の耳にはどれも(ほぼ)同じに聴こえるので、「AAC」エンコーダーならどれを使っても大差ないです。。

※「コーデックの名前を言われてもわからん!」って人は以下記事参照です。
音声コーデックの種類と違い(MP3・AAC・WMA・WAV・Vorbis・AC3・FLAC等)【フォーマット】

※基本的に、「qaac」以外のエンコーダーを使用したい場合には、別途エンコーダーを自分でダウンロードしてきてパスを通す必要があります

rigayaの日記兼メモ帳 勝手にダウンロードリンク集(このページに全部載ってます)

補足

その他のx264guiExの各項目の詳しい意味については以下のサイトが非常に参考になります。

このページの情報は以上です。

関連ページ:x264guiExの色々なエラーの原因と対策【エンコ失敗】

関連ページ:ビットレートとは?画質・音質・コーデックとの関係【映像・音声】

関連ページ:CBR(固定)とVBR(可変)とABR(平均)の違い【ビットレート】

スポンサーリンク