H.264コーデック「x264VFW」の使い方と設定方法

WindowsのVFWに対応しているソフトから、H.264コーデックでエンコードする事が出来る「x264 VFW」エンコーダーの使い方とかについて紹介します。

※コーデックの特徴については以下記事を参考にして下さい。

スポンサードリンク

x264 VFWとは?

x264_vfw

x264 VFWは、H.264でエンコードする事が出来るx264のVFWコーデックです。

「VFWコーデック」というのは、簡単に言うと、Windowsソフトから簡単に呼び出せるように作られたコーデックの事です

具体的には、

などのデスクトップキャプチャーソフトでも使用出来ますし、

  • AviUtl
  • VirtualDubMod
  • (一部)有料動画編集ソフト

などの動画編集ソフト・エンコーダーなどでも使用できるようになります。

※コーデックの特徴については以下の記事を参考にして下さい

ダウンロードとインストール

ダウンロードとインストール方法についてです。

  1. こちらのページよりインストーラーをダウンロードする
    x264vfw_full_42_2538bm_41390exe

    • 「x264vfw」→「XX_XXXbm_XXXX」(Xは数字が大きい奴を選ぶ)→「x264vfw_full_XX_XXXXbm_XXXXX.exe」
      screenshot_5551
    • 「x264vfw64」と書いてるのは64bit版です。
    • 32bit版は32bitソフトからしか使えません。64bit版は64bitソフトからしか使えません。(自分の欲しい方をダウンロードする)
      (例えば、「AviUtl」「アマレコTV」なんかは32bitソフトなので、32bit版をインストールしないと使えないので注意)
  2. 起動する
  3. 「Next」をクリック
    x264 VFW_インストール1
  4. 「I Agree」をクリック
    x264 VFW_インストール2
  5. 「Next」をクリック
  6. x264 VFW_インストール3
    • 32bitソフトからは32bitコーデック、64bitソフトからは64bitコーデックしか使用出来ません。
      例えば、上記で紹介した「AviUtl」や「アマレココ」などのソフトは全て32bitソフトなので、32bitコーデックをインストールする必要があります
  7. 「Install」をクリック
    x264 VFW_インストール4

以上で導入は終了です。

使い方

VFWに対応しているソフトなら、どんなソフトからでもコーデックとして使用出来ます。

基本的に、各ソフトの設定画面的なウィンドウから、エンコードに使用するコーデックを「x264 VFW」を選択するだけです。

ここでは、例として「アマレコTV」で「デスクトップキャプチャ」のコーデックとして使用する方法について紹介します。

  1. 左上のボタンより設定画面を開く
    左上のボタンより設定画面を開く_アマレコtv
  2. 「録画設定」タブを選んで、「コーデック(いろいろ)」を選択し、「更新」ボタンを押した後、「x264 x264vfw」を選択して「OK」をクリックする
    x264 x264vfw_アマレコtv

これで後は、普通に録画するだけです。(他のエンコーダー・キャプチャソフトでも同じような感じで設定します)

コーデック自体の設定については「設定」ボタンを押す事で開けます。

設定

設定画面の各項目について簡単に解説します。

x264_vfw_設定画面

x264エンコーダーは本来、とてつもない数のオプションを指定する事ができますが、この記事で紹介しているVFW版のx264では、GUIで操作出来るオプションは”必要最低限”なオプションしか用意されていません。

なので、もっと細かくオプションを指定したい場合は、

  • 後述する「Extra command line」のテキストボックスにオプションを直打ちするか、
  • AviUtlの「x264guiEx」出力プラグインを使ってエンコードするか

どちらかの方法を選択する必要があります。

x264guiExは、細かいオプションまで全てGUIで操作出来る仕様なので、初心者の人にはかなりオススメです。(MKVやMPGのMuxerを用意してやれば、この2つのコンテナ形式でも簡単エンコ出来ちゃうという優れもの)

①Basic

Preset

Preset_x264

エンコードの速度を設定出来ます。fastにすればするほどエンコード速度は早くなりますが、画質は落ちます。

faster以上にすると露骨に画質の劣化が見られます。Fastくらいが推奨。

Tuning

動画の種類によって、適した設定を選ぶ事で画質の向上を見込めます。

tuning_x264

私が書くより、上手くまとめているサイトが有ったので引用します。

  • film:実写(もしくはそれっぽいCG等)映像向け
  • animation:アニメ向け
  • grain: 細かい粒子が漂っているような映像向け(アニメの回想シーンとか)。
  • stillimage: 静止画向け
  • psnr: psnr(エンコ前とエンコ後の映像を比較する時に使う計測値)が最大になるようにする。これを使用すると見た目は酷くなる事が多いので普通は使わない。
  • ssim: psnrと同様で、ssimが最大になるようにする。これまた使えば見た目はひどくなることが結構ある。

引用:拡張 x264 出力(GUI)の設定項目とその機能について – ニコニコ動画まとめwiki

Profile

h.264のプロファイルを選ぶことが出来ます。↓にいくほどコーデックの性能が上がりますが、再生負荷が上がり、互換性が下がります。

profile_x264

PSPはHighプロファイル以上は再生出来ないとか、ウォークマンはBaselineしか再生出来ないとか、機器によって色々制限があるので、自分が再生したい機器によって使い分ける必要があります。

パソコンで再生するのがメインなら、「Main」を使用しとけば問題ないです。スマフォとかでも「Main」なら再生出来ます。

※各プロファイルの詳細についてはWikipediaが詳しいです

Level

h.264のレベルを選ぶことが出来ます。「Profile」と同じく、↓にいくほどコーデックの性能が上がりますが、再生負荷が上がり、互換性が下がります。

level_x264

1920×1080以上の解像度にしたい場合は、Level4以上にする必要があります。

どのレベルがどういう性能なのかとかはwikipediaが参考になります。

Fast Decode

エンコード・デコードが高速になりますが、圧縮率が犠牲になる設定です。

Zero Latency

遅延を防げる設定です。チェック推奨

②Rate control

エンコードの方法を指定出来ます。画質を左右する一番重要な項目です。

Rate control

以下、まとめです。

  • Single Pass – lossless(※特に使う価値なし(H.264で可逆圧縮する理由が無いので)
    • 1 パスの可逆圧縮(無劣化
  • Single Pass – quantizer-based(CQP)(※使う価値なし)
    • ”固定量子”(CQP)を指定して、1回だけエンコードする
    • ”固定量子”というのは、簡単に言うと機械から見た映像のキレイさ(「機械から見たキレイさ」なので、人間が見てキレイに感じるとは限らない)
    • 数値が小さいほど品質は向上する
  • Single Pass – Ratefactor-based(CRF)(※普通はこれ使っとけば良い)
    • ”品質”(CRF)を指定して、1回だけエンコードする
    • ”品質”というのは、簡単に言うと人間から見た映像のキレイさ
    • 数値が小さいほど品質は向上する
  • Single Pass – bitrate based(ABR)(※特に使う価値なし)
    • 平均ビットレートを指定しての 1 パス。
  • Multipass – 1st Pass
    • 2回目のエンコードの為の情報を収集する目的でエンコードを行う(エンコード自体は行わない)
    • エンコード自体行わないので、これを選んでもリアルタイムのデスクトップキャプチャには使えない
  • Multipass – 1st Pass (fast)
    • 「Multipass – 1st Pass」の高速モード。早く終わらせたいならコレ
    • エンコード自体行わないので、これを選んでもリアルタイムのデスクトップキャプチャには使えない
  • Multipass – Nth Pass(※ビットレート制限のあるニコニコ動画とかに投稿する用)
    • 上記二つのどちらかで作成した情報ファイルを元にエンコードを行う。(当然、先に「Multipass – 1st Pass」「Multipass – 1st Pass (fast) 」のどちらかを済ませておく必要有り)
    • 解析が必要となるので、これを選んでもリアルタイムのデスクトップキャプチャには使えない

デスクトップキャプチャに使うなら「Single Pass – Ratefactor-based(CRF)」を選んでおけばOKです。(「16~22」くらいの範囲がベストかも)

③Output

Output mode

output_x264

VFWかFileかで選べます。

普通にソフトからコーデックとして利用する場合は「VFW」にしないとエラーを吐きます。

VFW FourCC

fourcc_x264

FouCCを選べます。

aviコンテナなら「H264」、mp4コンテナなら「AVC1」とか色々決まってるみたいですが、どれを選んでもOKです。

よく使用されている「AVC1」を使っとけばOKでしょう。

④Simple Aspect Ratio

ピクセルアスペクト比率を設定出来ます。

他のエンコーダーではピクセルアスペクト比の事を「PAR比」って呼びますけど、なぜかx264では「SAR比」って呼びます。

※SAR比の設定の仕方については以下のページが参考になります。

⑤Decorder & AVI Muxer

デコーダーとして、x264vfwを使用する場合の設定。

↓画像のようにlibav製らしいです。

decoder_libav

Disable decoder

デコーダーとして使用しないようにする設定です。

⑥Extra command line(for advanced users)

x264のコメンドを直接打ち込めるテキストボックスです。

※x264のコマンド内容については以下のページが参考になります。

このページの情報は以上です。

関連:【AviUtl】x264guiExの導入方法と使い方【MP4出力】(AviUtlでH.264エンコードする方法)

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    リンク先サイトのダウンロードの方法がよくわからなかったので
    そこを解説していただけると初心者にもわかりやすいと思います。

    リンクが3つあり、うち2つがソフト名と同じな事と
    x64とついているのが64bit版を示しているであろうものはわかりましたが
    無印のものが32bit版なのかどうかイマイチ判断できない事、

    また、名前をクリックすると英数字の羅列がたくさん出てきますが
    併記されている年月日っぽい日付が、その日にリリース?アップロード?されたものかもしれないと山を張って
    過去にリリースされたバージョンも全部並べてあるからたくさんあるのかな?など推測して
    手探りでよくわからないままダウンロードしました(実体験)

    英語なのでよくわかりませんが、最新版らしきリンクも最上部付近にありましたが
    両バージョンを見比べて、これは日付の新しい32bit版なのではないかと思い、
    自分の使用OSが64bit版のためそのリンクからはDLしませんでしたが
    このあたりもわかりづらいので、外部サイトの事で恐縮ですが
    そのあたりも解説いただけると初心者にやさしいと思いました。

  2. 匿名 より:

    現在64bit版の最新バージョンはREADMEしか存在しません。
    読んでみると64bit版は32bit版と合体したということでした。
    ですので64bitのCPUとOSを使っている人も無印を使えば問題ないということのようです。