AviUtlを使うメリット・デメリット【有料動画編集ソフトとの比較】

市販の有料動画編集ソフトと比較して、フリー動画編集ソフト「AviUtl」のメリット・デメリットを(思いつくだけ)書き出してみました。

AviUtlを使おうか迷ってる!」という人の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

AviUtlのメリット(長所)

AviUtlのメリットの一覧です。

①無料

お金が掛かりません。

すべて無料です。

②ソフト自体の動作が軽い

プラグインを殆ど入れていない状態なら、起動に1秒も掛かりません。

大量に入れていたとしても起動に3秒も掛かりません。

低スペックなPCでもサクサク動作します。

③ネットの情報が多い

ネットの情報が多いので、調べればすぐにトラブルシューティングできます。

④ゆっくり実況動画を簡単に作る事が出来る

ゆっくり霊夢

簡単に作る事ができる理由は、

などのAviUtl用のゆっくり動画作成支援フリーソフトがあるからです。

他の動画編集ソフトでゆっくり動画を作ろうとすると、かなりの手間がかかります。

参考ゆっくり実況動画の作り方まとめ【VOICEROID+,VOCALOID,CeVIO】

⑤拡張性が高い

有志が公開している、

などを導入すれば、機能を格段に拡張できます

一部の有料動画編集ソフトしか出来ない「モーショントラッキング」なども出来たりもします(参考:簡易モーションパス

一般向けの動画編集ソフトになら、機能的にも勝っています。

⑥エンコード機能が優れている

出力できない動画形式・コーデックはほとんどありません。

なんでも出力できます。

特に、x264を簡単に扱う事ができる「x264guiEx」が非常に優秀で、ニコニコ・Youtube用など動画共有サイトに最適な高画質動画がワンボタンで出力できます。

動画編集ソフトとしてではなく、エンコードソフトとして使用しても全然問題ないレベルです。

⑦有志が公開してるフィルタが優れている

フィルタというのは、

などの効果のことです。

海外で有名な動画編集ソフトの「Avisynth」などから移植した超高機能なフィルタを公開している有志がいたり、フィルタ系は本当に優秀なものが多く、「なぜこれが無料なのか」と神経を疑いたくなるレベルです。

⑧有志が公開しているプラグインが優れている

例えば、

  • モーショントラッキングが出来るようになるプラグイン
    mo
  • 有料動画編集ソフトみたいなカット編集が出来るようになるプラグイン
    AviUtlカット編集プラグイン1
  • シークバーにサムネイルを表示出来るようになるプラグイン
    055d724c83217286929b9c12cd12d30d
  • VSTプラグインを読み込めるようにするプラグイン
  • ・・etc

と、便利なプラグインが大量に公開されています。

⑨”動画”に詳しくなれる

AviUtlは、他の有料動画編集ソフトと違って、動画の根底(仕組み)まで操作出来るような仕様になってるので、機能を調べれば調べるほど”動画”について詳しくなれます

AviUtlのメニューの意味を全て理解出来れば、動画上級者になれるレベルです。

AviUtlのデメリット(短所)

デメリットの一覧です。

①導入が面倒くさい

元々AviUtlは、AVIファイルの簡単な編集しかできないシンプルなソフトでした。

それから、作者自身や有志が”色々なもの”を追加で開発して行った結果、今のAviUtlが有ります。

なので、AviUtlを便利に使い倒したい場合、その”色々なもの”を色々なサイトから貰ってきてAviUtlを強化する必要があるわけですが、その作業が非常に面倒くさいのです

その面倒くささが、「AviUtlは導入の敷居が高い」と言われる原因でもあります。

ただ、基本的にインストーラーを起動させたり、ファイルをダウンロードしてきてAviUtlフォルダに放り込むだけなので、初心者でも努力次第で使いこなせます。

AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

②対応OSがWindowsのみ

対応してるのはWindowsOSです。(Windows95以降なら動作する)

※ただし、MacやLinuxでも、wine・Boot Camp上などのソフトを上手く利用すれば動くようになります

③編集の自由度が高すぎる

例えば、有料の動画編集ソフトなら「1」くらい指示すれば良い所を、AviUtlなら「10」くらい指示しないといけません。

なので初心者の人は、指示する事が多すぎて迷うことが多々あります

ただ、逆に言えば、指示出来る事が多いので、有料動画編集ソフトより自由度が高いものが作れます。

※あと、「10」くらい操作すると言っても、操作しなければいけないのは最初の一回だけで、その操作を「エイリアス」という機能で保存しておけば、次からはワンボタンで使えるように出来ます。

④高解像度な動画の編集はできない

AviUtlは「32bitソフト」の為に、高解像度な動画を編集すると、動作が重くなりがちになったり強制終了したりします。(不安定になる)

具体的な解像度を挙げると、

  • 1280×720:
    • サクサク編集出来る
  • 1920×1080:
    • ちょっと重くなりがちになる
  • 3840×2160:
    • 編集するのはキツい

・・という感じです。

つまり、1920×1080以上の解像度の動画を編集するのはキツいという事です。

「4Kの動画を編集したい!」という人には、向いていないソフトです。

⑤オーサリングには対応していない

DVD・BD等のオーサリングには対応していません

つまり、

  1. AviUtlで動画出力する
    mp41
  2. 出力した動画ファイルを、別のオーサリングソフトでオーサリングする
    bdmv_folder(DVD_VIDEO等)

という手順を踏む必要があるという事です。(AviUtlだけで完結させる事はムリということ)

⑥音声エフェクトの機能がすごくショボい

超簡易的なリバーブエフェクトしか付いていません

本格的なエコー・ディレイ・リバーブなどをやりたい場合は、他の音声編集ソフトで前編集してから読み込む必要があります。

  • 音声編集ソフト(例):

追記(2017年追記):

AviUtlで、VSTプラグインを読み込むことができるプラグインが開発されたので、このデメリットは解消されました。

⑦キャプション機能がない

キャプションは、以下の様なオシャレな字幕をワンボタンで付けれる機能のことです。

ただ、AviUtlでも、このような字幕効果を自作して「エイリアス」として登録しておけば、キャプションとして使用する事は可能です。

また、有志が公開しているエイリアスファイルを追加すれば、自分で作らずとも使えるようになります。

このページの情報は以上です。

おすすめページ:【AviUtl初心者向け】よくある質問と回答(FAQ)

おすすめページ:AviUtlとは?特徴と歴史について【フリー動画編集ソフト】

おすすめページ:AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】