【AviUtl】本体ウィンドウの各機能の解説【全ボタン | タイトルバー意味】

AviUtl本体ウィンドウの各ボタンや、タイトルバーについて解説します。

※流し読み程度に見てください。

スポンサードリンク

各ボタンの解説

AviUtl本体ウィンドウ

再生ボタン 動画を再生・停止させる事が出来ます。
(これはメニューの「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」画面にて「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れないと表示されません)
巻き戻し 動画を1フレームだけ巻き戻します。
早送り 動画を1フレームだけ早送ります。
選択範囲始まり 動画の「選択範囲」の「始まり」を選択します。
「選択範囲」というのは↑の画像で言う所の「青のバー」の部分です。エンコードの際は、この「青のバー」部分が動画として出力されます。また、AviUtlの本体機能を使えば、この「選択範囲」部分をトリミングしたりカットしたりする事も出来ます。拡張編集プラグインを入れている場合は、拡張編集タイムライン画面からも範囲を選択出来ます。
選択範囲を変更した例:選択範囲
選択範囲終わり 動画の「選択範囲」の「終わり」を選択します。
フレーム領域外 動画の範囲外も表示出来るようにする設定です。どういう時に使うかと言うと、例えば、「動画の途中で画像を動画外から動画内へ移動させたい」と言った場合などに、「動画の範囲外が視認出来ないと画像が今どこに位置しているのか分からないので操作がしづらい!」といった時(図1)に使うと便利な設定です。※+キー、ーキーでも拡大縮小する事が出来ます(拡張編集の場合はオブジェクトの拡大率の変更、本体ウィンドウから読み込んだ場合は画面自体の拡大率の変更)

1/1(等倍) 2/3(0.67倍)  1/3(0.33倍) 使うと便利なシーン例(図1)
領域外1 領域外2 領域外3 範囲外移動

カメラ制御ボタン 拡張編集タイムラインで「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)を追加した際に表示されるメニューです。カメラの位置を変えたり、第3者目線で全体を俯瞰できるようにしたり出来ます。

タイトル部分の意味

本体ウィンドウのタイトル部分はプロジェクトに関する情報を示しています。

また、このタイトル部分の表記は「拡張編集」にて読み込んだ場合と、「本体機能」で読み込んだ場合とで表記が少し違ってきます。

「本体機能」で読み込んだ場合

※「本体機能で読み込んだ場合」というのは、動画を直接AviUtlの本体ウィンドウにドロップした場合の事です。

メニュー_ファイル通常

太陽.mp4 読み込んだファイル名を指しています。
 (320,240) 動画の解像度を示しています。メニューの「設定」→「サイズ変更」にて解像度を変更している場合、その解像度が表示されます。
[1/601]* 601フレームある内の1フレーム目を表示しているという事指しています。*マークは、この1フレーム目が「キーフレーム」である事を示しています。
(これの表示・非表示は、メニューの「表示」→「ソースファイルのキーフレーム表示」で切替できます)
デフォルト プロファイルが「デフォルト」設定である事を指しています。
プロファイルとは?

「拡張編集」で読み込んだ場合

※「拡張編集で読み込んだ場合」というのは、拡張編集タイムラインに動画をドロップした場合の事です。

タイトル_拡張編集

1920×1080 拡張編集にてプロジェクトを作成した際の動画の解像度を指します。メニューの「設定」→「サイズ変更」にて解像度を変更する事も出来ますが、変更してもここの表記は変化しません。例えば1920×1080に変更しても180×180表記のままとなります。
30fps フレームレートを指します。フレームレートは動画プロジェクトを作成した時点で決定してしまう為、変更したい場合は新規にプロジェクト作り直す必要が有ります。ただし、出力する際の設定で、フレームレートを”下げる”事は出来ます。(上げる事は出来ない)
44100Hz 動画の音声レートを指しています。
exedit 拡張編集にて動画を読み込んでいる事を指しています。
(1280,720) メニューの「設定」→「サイズ変更」にて指定しているサイズが表示されます。もし「なし」を選択している場合は、プロジェクトを作った際の解像度が表示されます。(この場合、1920×1080)最終的に動画として出力(エンコード)する際には、この解像度で出力される事になります。
[299/920]* 920フレームある内の299フレーム目を表示しているという事指しています。この動画の場合、フレームレートが30fps(1秒で30フレーム)なので動画の長さ的にいうと30秒ほどの長さの動画という事が分かります。*はキーフレームである事を示しています。
[00:00:09:09] 現在のフレーム(299フレーム目)の現在時間を示しています。メニューの「表示」→「時間の表示」で切り替えが出来ます。
デフォルト プロファイルが「デフォルト」設定である事を指しています。
プロファイルとは?
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 齋藤 より:

    本体にMP4のファイするドラッグして、カット編集したのですが、
    エンコードしたのですは、本体からその映像消えなくて、次に本体が使えないのですが。
    すみません素人で。

  2. 血眼 より:

    お世話になります。
    すごくわかりやすいサイトでとても参考になっています。

    質問させていただきたいのですが、
    MP4ファイル(15秒、1980×1080)を拡張編集のウインドウにドラッグ&ドロップし
    再生してみたところ、
    音声は出るのですが画像のほうがまったく動きません。
    何か足りないところや原因はありますでしょうか。

    以上よろしくお願いします。

  3. 血眼 より:

    管理人様

    ご回答ありがとうございます。
    L-SMASH Worksは導入しています。
    DirectShowも導入しました。

    優先順位は、一番下にDirectShow、その上にL-SMASH Worksの順番です。

  4. 血眼 より:

    書かれている通りにやってみましたが、
    やはり解決しないようですね。

    もうちょっと色々調べて試してみます。
    ありがとうございました。