【AviUtl】動画をエンコード(圧縮)するやり方

AviUtlにて動画をエンコードする方法としては主に2通りの方法が有ります。

メニュー名で言う所の以下2つです。

  • 「ファイル」→「AVI出力(Ctrl+S)」
  • 「ファイル」→「プラグイン出力」→(各出力プラグイン)
    2a1286466ae2abe2cebb29edaa461c62

2つの方法の違いについてそれぞれ解説します。

スポンサードリンク

「AVI出力(Ctrl+S)」でエンコードする方法

「 AVI出力(Ctrl+S)」からエンコードする方法では、パソコン内にインストールされているコーデック(VFWコーデック)を使ってエンコードします。

どういう場合に使う?

主な用途としては「可逆圧縮コーデック」や「未圧縮」などの画質が劣化しない設定で出力して、

  • 中間ファイルとして出力して、別の動画編集素材として再利用する
    • 画質を落とさずに出力できる為
  • 無劣化で画質を全く落とさずに動画を保存する

などのような感じで使用します。

つまり、「動画共有サイト投稿用の動画をエンコしたい!」などという目的で使用する方法では無いという事です。

特徴

この方法でエンコードする特徴は以下のようになります。

 エンコード手順

まず、メニューの「ファイル」→「 AVI出力(Ctrl+S)」を選択します。

▼すると以下の様な画面が出現します。この画面にてエンコードについての設定を行います。また、「プラグイン出力」でも同様の画面が表示されます。

AVI出力_画面1

流れとしては、

  1. ②の「ビデオ圧縮」を押して、エンコードに使用する映像コーデックを指定する
  2. ③の「オーディオ圧縮」を押して、エンコードに使用する音声コーデックを指定する
  3. ①の「保存」を押してエンコードを開始する
    avi出力_エンコード中
  4. 動画(.avi)完成!
    avi

みたいな感じです。

①保存

これを押すとエンコードが開始されてファイルが出力されます。

②ビデオ圧縮

エンコードに使用するビデオコーデックを設定します。

ビデオ圧縮画面

エンコードする用途にもよりますが、「中間ファイル」や「画質を全く劣化させずに保存用」としてエンコードしたい場合は「可逆圧縮コーデック」がオススメです。(参考:可逆圧縮と非可逆圧縮の違い【コーデック】

具体的には「Ut Videoコーデック」「Lagarith」「HuffYUV」「MLC Codec」などです。

※詳しい違いなどについては以下のカテゴリを参照してください。

また、「未圧縮」(非圧縮)として動画を出力したい場合は「YUY2」か「未圧縮」を選択します。

※この2つの違いについては以下の記事を参考にして下さい。

「非可逆圧縮」で出力したい場合は「Xvid」「Divx」などがオススメです。ただ、それらでエンコードするなら後述する「x264guiEx」出力プラグインでmp4(h264)でエンコードした方が圧縮率・画質共に優れているのでそちらを使用する事をオススメします。

VFW版のx264コーデックを導入すればAVI出力からでもh.264としてエンコードする事が出来たりします。(ファイルフォーマットはAVIのままだけど)
x264_AVI出力
※他にもVP8コーデックとかでエンコードできたり。
参考:動画コーデック(H.264・VP9・MPEG・Xvid・DivX・WMV等)の種類と違い

③オーディオ圧縮

エンコードに使用するオーディオコーデックを設定します。

オーディオ圧縮画面

形式(コーデック)の種類について簡単にザっと紹介するとこんな感じ↓です。

  • CCITT-A-Law
    • 固定電話に使われてるコーデック(欧州その他で使用)
  • CCITT-u-Law
    • 固定電話に使われてるコーデック(北米・日本で使用)
  • GSM 6.1
    • 携帯の3g電話に使われてるコーデック
  • IMA ADPCM
    • ADPCMのIMA版(PCMを若干圧縮したバージョン)
  • Microsoft ADPCM
    • ADPCMのMicrosoft 版(PCMを若干圧縮したバージョン)
  • MPEG Layer-3
    • ご存知mp3コーデック
  • MP2
    • mp2コーデック(MPEG-1動画に使われてるヤツです)
  • Windows Media Audio V1
    • wmaコーデック(ロスレスではない)
  • Windows Media Audio V2
    • wmaコーデック(ロスレスではない)
  • PCM:非圧縮

※使用しているPCによっては表示されていないものもあるかもしれません。

正直、「MPEG Layer-3」と「PCM」以外は使う価値が有りません。(wmaは微妙)

※MP3を使用したい場合は別途「LameACM」をインストールする必要があります。

※その他の音声コーデックの違い等については以下の記事などを参考にしてみてください。

④バッチ登録

今すぐエンコードせずにバッチとして登録します。

※「バッチ登録」機能について以下の記事を参考にして下さい。

⑤⑥再圧縮なし

映像・音声を再圧縮せずに無劣化で出力します。

※詳しい無劣化出力の方法については以下の記事を参考にして下さい。

⑦音声無し

音声無しの動画として出力します。

⑧音声をWAV出力

動画を出力するついでに、無劣化のWAV音声ファイルも同時に出力します。

⑨ファイル名

出力したいファイル名を入力します

「マルチスレッドAVI出力」プラグイン

AviUtl公式サイトで配布されている「AVI出力(マルチスレッド) versionX.XX」という出力プラグインを使用すれば、(色々と制限や制約が有りますが)AVI出力をマルチスレッド化する事が出来ます。

※詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

他にも「エンコード自体を高速化させたい場合」の注意点などは以下の記事を参考にして下さい。

「プラグイン出力」でエンコードする方法

「プラグイン出力」でエンコードする方法では、主に外部エンコーダー(非可逆圧縮コーデック)を使用して、高圧縮・高画質で動画をエンコードします。

どういう場合に使う?

動画共有サイト投稿用の動画をエンコしたい!」って場合や、

出来るだけ高画質で、出来るだけファイルサイズを小さくして動画をエンコしたい!」って場合に使用する方法です。

特徴

この方法でエンコードする特徴は以下のようになります。

  • プラグインを追加する事で様々な動画形式(とコーデック)でエンコード出来る
  • VFWコーデックの設定画面に比べてわかりやすい
    • 「出力プラグイン」はAviUtlを愛用している有志の方が作成されたものなので、非常に考えられて作られていて、使いやすく有用性が高いです。
      VFWコーデックの場合は大抵英語表記だったり、良くわからない設定項目が多かったりと分かりづらいものが多いです。

エンコード手順

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」から各出力プラグインを選択して、通常の「AVI出力」と同じような感じで出力するだけです。

代表プラグイン

代表的な出力プラグインについて簡単に紹介します。

①MP4・MKV 出力プラグイン(x264guiEx)

x264guiex_画面

現在、色々な場面で使用される事が多い「.mp4」(.h264コーデック)で出力する事が出来るプラグインです。

また設定によっては「mkv」「mpg(mpeg2)」形式でもエンコードする事が可能です。

※詳しい使い方や導入方法などについては以下の記事を参考にして下さい。

②WMV出力プラグイン(WMV出力PLUS)

wmv_video

Windowsでの主フォーマットである「.wmv」で出力する事が出来るプラグインです。

※詳しい使い方や導入方法などについては以下の記事を参考にして下さい。

③GIF出力プラグイン(Animated GIF Export)

ビデオ圧縮_画面

「.gif」として出力する事が出来る出力プラグインです。

gif自体の細かい設定も行えます。

※詳しい使い方や導入方法などについては以下の記事を参考にして下さい。

④AVI出力プラグイン(拡張編集AVI/BMP出力(RGBA))

拡張編集プラグインを導入すると一緒にインストールされるプラグインです。

などが出来ます。

※ただ、透明度付きで出力しなくても「クロマキー」や「カラーキー」などのエフェクトを使えば動画の一部分のみを透明化出来るので、そこまで重要な機能でもないです。

⑤その他

ASF・WebMなどその他ほぼ全てのフォーマット・コーデックでエンコード出来る最強の万能出力プラグイン「FFmpegOUT」

FLVでエンコード出来る出力プラグイン「FLV (VP6/MP3」(非推奨)

エンコード範囲について(一部分だけエンコードする)

上述した2通りの方法で動画をエンコードする事が出来ますが、動画の一部分だけを出力したい場合は「選択範囲」を指定してやる必要があります。

「選択範囲」はメインウィンドウにて選択範囲始まりボタンと選択範囲終わりボタンで選択するか、「SHIFT」キーを押しながらタイムライン上の時間軸の目盛部分をドラッグする事で選択出来ます。

選択範囲

このように「選択範囲」を指定した場合は、選択範囲の部分だけが動画として出力されます。

「選択範囲」を指定しなかった場合は、タイムライン上の0秒の位置から、「最終フレーム」位置までが動画として出力されます。

「最終フレーム」位置による出力範囲変化
選択範囲_無音部分 最後のオブジェクト位置を最終フレーム 現在位置を最終フレーム
▲余分に指定してしまってる例 ▲最初から最後まで指定した例 ▲最初から途中まで指定した例

この「最終フレーム」位置は、タイムライン上で「右クリック」→「範囲設定」から変更出来ます。

※詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

エンコード中の一時停止方法

エンコード中に、エンコードを一時停止させたい場合は、メニューの「その他」→「バージョン情報」でウィンドウを表示させてる間だけ、エンコードを一時停止出来ます。

その他参考になるサイト

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名希望 より:

    今Aviutlを再インストールしてる最中でこのサイト見て回ってるんだけどエンコードの部分で思ったのだがつんでれんこの記述が無いような気がするんだが・・・あとAviutl導入の欄にx264をインストールする手順も含まれてたと思うんだけど別にx264は後からインストールでも大丈夫だからむしろそこ省いてつんでれんこの記述入れれば良くないか?(もっと画質にこりたい人はx264でみたいな感じで)

    • めんどうくさがりのゆっくり実況 より:

      ここに つんでれんこ の記述がないのは つんでれんこ が外部のAviUtlとは関係のないソフトだからだと思います。それに x264guiEX(AviUtlのプラグイン)を導入してしまえば「プロファイル」使えば自分で設定する必要もないのでよほどのPCオンチでなければ つんでれんこ はいりませんし。

  2. めんどうくさがりのゆっくり実況 より:

    このサイトには x264guiEX というMP4出力のプラグインの使い方が書いてある記事
    http://aviutl.info/x264guiex-intro/
    がありますし、もともと x264guiEX にはプロファイルがあるので大丈夫だとは思いますが、どうしても x264guiEX が使えない人は つんでれんこ を使ってみるといいかもしれません。[ただし開発は終了しています(2016.12.10)]

    つんでれんこ https://tdenc.com/TDEnc/download/

  3. AviUtl初心者 より:

    MP4の動画をx264guiExでエンコードしたのですが、容量が約2倍に増えてしまいます・・・

    x264guiExのビデオ圧縮設定は、プロファイルをyoutubeにし、他は何も触っていません

    元動画はフレームが1920×1080、フレーム数59、再生時間約02:30、サイズが215MBです

    エンコード済み動画はフレームが1920×1080、フレーム数59、再生時間約02:30、サイズが540MBになってしまいます・・・

    自分なりに調べてみたのですが、いまいち解決できずにいます、詳しい方教えてくれませんか?