アマレココの使い方と設定方法について【デスクトップキャプチャ】

PC画面(デスクトップ画面)を簡単に録画する事が出来る「アマレココ」の導入方法と設定方法について紹介します。

デスクトップキャプチャーの王道とも言えるフリーソフトです。

※機能が多すぎるので、最低限キャプチャーするのに必須な部分だけを解説します。(全ての機能の詳細については本家のヘルプページを御覧ください)

スポンサードリンク

アマレココの特徴

アマレココ_キャッチ
アマレココの特徴について列挙します。

  • 完全無料
  • 録画制限時間が無い
    • Bamdicamのように10分制限などの時間制限も有りません。(ただし「1ファイル100GBまで」という制限は有る)
  • 動作が軽い
  • かなり細かい録画設定も出来る
  • フルスクリーンのゲームなどは録画出来ない

無料なのに高性能かつ動作が軽いのが特徴で、今でも多くのユーザーに使用されているPC画面録画ソフトです。

アマレココの上位互換のデスクトップキャプチャソフトとして「アマレコTV」というキャプチャソフトも同製作者からリリースされています。こちらはアマレココよりかなり多機能になっているので「キャプチャソフトを使い倒したい!」って人はこちらの方がオススメかもしれません。

ただ、多機能すぎて、動画の知識があまり無い人からすると訳が分からないかもしれません。

そこまで機能はいらないから使いやすい方が良い!」って人はアマレココの方が良いかもしれません。

※それ以外のデスクトップキャプチャソフトについては以下の記事を参考にして下さい。

導入方法

アマレココを使用する為には「アマレココ本体」と「AMVビデオコーデック」(「AMV2 MT」と「AMV3」)という2つのファイルが必要です。

「AMVビデオコーデック」は「動画を圧縮・再生」する為のプログラムです。パソコンに殆ど負荷を掛けずデスクトップキャプチャする為に必須のものです。

別のコーデックを使用して録画する場合にも、これをインストールしておかないと「アマレココ」自体が起動してくれません。

ダウンロードとインストール

アマレココ本体

  1. こちらのページから「アマレココ」本体ファイルをダウンロードする
  2. 適当な場所に解凍する

アマレココ自体のインストールとしては解凍しただけで完了します。また、アマレココ自体をアンインストールしたい場合は、この解凍したフォルダを削除する事で抹消できます。

AMVビデオコーデック

  1.  こちらのページから「AMV2MT/AMV3ビデオコーデック」本体ファイルをダウンロードする
  2. 適当な場所に解凍する
  3. 中に入っている「setup.exe」を実行する
  4. 「次へ」をクリックする
    amvインストール手順1
  5. 「上記文章について承諾します」にチェックを入れ「次へ」をクリックする
    amvインストール手順2
  6. 「完了」をクリックする
    amvインストール手順4

これで「AMVビデオコーデック」のインストールは完了です。

※「AMV4ビデオコーデック」は「アマレコTV」という「デスクトップキャプチャソフト兼ビデオキャプチャソフト」用です。

アマレココ起動方法

アマレココを起動するには、「アマレココ本体」の項で解凍したフォルダの中に有る「AmaRecCo.exe」をダブルクリックします。

アマレココ_起動方法

初回起動画面

初回起動した際に、色々な画面が表示されるので、それについての説明をします。

  1. Vista以降のOSの場合は、「現在、アマレココはWindows Vista以降に対応していません。Vista以降で実行~~」と表示されますが、「Shift」キーを押しながら「OK」をクリック する事で、メッセージを消せます。
    shift_アマレココ
  2. 次に、「初めて起動した場合は「ルーキーモード」に設定されます~~」というメッセージが表示されますが、これは「慣れない内はアマレココを『ルーキーモード』という初心者向けの設定で起動した方が良いよ!」というメッセージです。
    アマレココ_初回起動

    • ルーキーモードだと設定出来る項目がかなり減ってしまいますので、設定しないほうが良いです。
      ルーキモードを解除するには、メニューの「ファイル」→「ルーキーモード」をクリックしてチェックを外します。
      ルーキーモード_チェック外し方
      ※チェックを付けたままでも構いませんが、この記事内ではルーキーモードを外した前提で説明していきます。

ロゴを消して録画する方法

ロゴを入れないで録画する方法としては6通りの方法が有ります。

①無償ライセンス登録する

「AMV3」コーデックは有料ソフトウェアな為、通常無料で使用する分にはロゴが入ってしまう仕様ですが、「アマレココ」で使用するに当ってはロゴを入らないようにする事が出来ます。(作者さんの心意気に感謝です)

ただし、ロゴが入らないのは「AMV3」コーデックを使用した場合のみで、「AMV2MT」コーデックを使用した場合にはロゴが入ってしまうので注意です。

○ライセンス登録手順

  1. アマレココフォルダ内にある「readme_jp.txt」を開く
  2. 「AMV3ビデオコーデック用アマレココ試用版レジストキー:」と書かれているコードをコピーする
  3. アマレココのメニューの「設定」を開く
  4. スタートメニューの「AmvVideoCodec」→「Amv3 config」を開く
    amv3_config
  5. メニューの「ライセンス」を開く
    amv3_メニュー_ライセンス
  6. 「ライセンスキー」というテキストボックスエリアに先ほどコピーしたコードを貼り付け「登録」をクリックする
    amv_ライセンス登録画面
  7. 認証が完了されロゴが入らなくなる
    amv_認証完了

②AMVコーデック以外の「可逆圧縮コーデック」で録画する

ロゴが入ってしまうのは「AMV3」「AMV2MT」コーデックで録画した場合だけなので、その他のコーデックで録画すればロゴは表示されません。

オススメとしては他の「可逆圧縮コーデック」で録画する方法です。「可逆」圧縮なので、画質の劣化は無い上に、パソコンの負荷は限りなく少ないです。

※今現在一番評判が高いのは「Ut Video Codec Suite」という日本人が制作したコーデックかもしれません。

③「非可逆圧縮コーデック」で録画する

録画した後、編集したり、エンコードしたりしない場合は、「非可逆圧縮コーデック」でキャプチャするのがオススメです。

おすすめのコーデックとしてはH.264です。H.264でエンコード出来るエンコーダーとしては「x264」が有ります。

④「未圧縮」で録画する

「未圧縮」はその名の通り未圧縮なので、コーデックを使用せずに(圧縮せずに)、キャプチャした映像をバンバン映像にしていく為、パソコンの負荷は限りなく少なく、当然ロゴも入りません。

ただし、その分ファイルサイズは膨大になります。「未圧縮」なので、当然画質は最高画質です。(これ以上上がりません)

画質を極端に気にする神経質な人はむしろ「未圧縮」の方が好ましいです。

デスクトップキャプチャというものは通常、キャプチャした動画をエンコードしてから保存なり投稿したりするのが普通なので、「未圧縮」で最高画質で録画しておいてからエンコードして、元ファイルを消すというのも全然普通です。(HDDが安い今の時代だからこそ出来る方法ですが)

⑤録画後にロゴを消す(?)

AviUtlのロゴ透過プラグインを使用すれば、ロゴ入の動画をある程度除去出来たりもします。(完璧に消すのは難しいけど)

⑥AMVコーデックを購入する

購入すればロゴは入りません。

使い方

最低限の使い方だけを紹介します。

使い方としては、録画範囲選択アイコン(録画アイコン)を押して、録画範囲を選択した後、「スタート」ボタンを押すだけでPC画面が録画出来ます。(もう一度録画範囲選択アイコン(録画アイコン)を押すと消えます)

アマレココ_本体_使い方

録画を終了したい場合は「ストップ」ボタンを押すことで終了出来ます。また、録画したファイルは「アマレココ」のフォルダのトップに保存されています。

録画範囲選択ウィンドウの各部分のアイコンの意味は以下の様な感じになります。

アマレココ_選択範囲_各部名称

  • 解像度:アイコンの部分をクリックすれば、解像度の組み合わせを選択する事が出来ます。(良く使う
  • フレームレート:アイコンの部分をクリックすれば、5~60fpsの中から好きなfpsを選択する事が出来ます。
  • スクショ:選択範囲のスクリーンショットを撮る事が出来ます。撮った画像は「ScreenShot」フォルダに保存されています。
  • 左上のアイコン2つ:左上の2つのマークの意味の違いを表で比較すると以下のようになります。(良く使う
    ウィンドウを取り込む(録画範囲_ウィンドウサイズ1 ウィンドウのクライアント領域を取り込む(録画範囲_クライアント領域1
    録画範囲_ウィンドウサイズ 録画範囲_クライアント領域

設定画面の見方

設定画面は大きく分けて、「全般」「設定A」「設定B」「設定C」「設定D」という5つのタブから構成されています。

「全般」タブ

「全般」タブは主に以下の様な事が設定出来ます(使いそうなヤツだけ列挙してます)

  • マウスカーソルも録画するかどうか
  • 録画開始・停止のショートカットキーの設定

普通に使う分にはこの2点以外は特に気にする必要は無いと思います。

アマレココ_全般タブ

録画に関する詳細な設定を行う事が出来ます。また、これら4つは更に「基本設定」「ビデオ1」「ビデオ2」「オーディオ/録画タイプ」タブに分かれています。

具体的には以下の様な事が設定出来ます(使いそうなヤツだけ列挙してます)

  • 「設定A」などの設定名の変更(「基本設定」タブ
  • 解像度の変更(「ビデオ1」タブ
  • フレームレートの変更(「ビデオ1」タブ
  • コーデックの変更(「ビデオ1」タブ
    • 圧縮率・処理速度・画質などの組み合わせや入力・出力フォーマットの指定
  • 右上の時間表示(タイムスタンプ)の設定(「ビデオ2」タブ
  • 入力音声の設定(「オーディオ/録画タイプ」タブ
    • サンプリングレート・ビット深度など

アマレココ_設定Aタブ

設定AからDは、例えば、「このfpsゲームは『60fps』『1920×1080』『最高画質』で撮影したいけど、このRPGゲームは大した画質でも無いから『30fps』『1270×720』『普通画質』で撮影したい!」ってな場合に使い分ける時に使います。

なので、毎回同じような設定でしか録画しない人や、録画自体滅多にしない人は、とりあえず「設定A」だけ使っておけばOKです。

基本設定タブ

基本設定タブは、録画設定のプロファイル名(設定名)や、録画したファイルの名前の付け方などを設定出来ます。

アマレココ_基本設定タブ1

ビデオ1タブ

主に使うのは赤枠部分だけです。

アマレココ_ビデオ1タブ

  • フレームレート
    • 指定したいフレームレートを指定します。ちなみにパソコンのモニタのリフレッシュレートは大体60前後なので60fps以上を指定しても無駄と言って良いです。(最近は144Hzのモニタとか有るみたいですが。。)
  • ビデオ圧縮
    • 録画するのに使用する「コーデック」の種類を選択する事が出来ます。
      上から「AMV2 MT 高画質」「AMV3 高速」「コーデック いろいろ」の3種類です。
      それぞれの項目の横にある「設定」ボタンを押す事でそれぞれの録画の詳細な設定を行う事が出来ます。
      また「コーデック いろいろ」については、下の「選」ボタン(選ボタン)を押す事で、元々パソコンに内蔵されている様々なコーデックの中から好きなコーデックを選択する事が出来ます。(↓画像では「未圧縮」を選択しています)詳しくは後述します。
  • ウインドウ指定
    • 録画したいウィンドウを追従する事が出来ます。

ビデオ2タブ

ビデオ2タブでは、右上の時間表示(タイムスタンプ)の文字の書式設定などを行えます。

アマレココ_ビデオ2タブ

オーディオ/録画タイプ

最後に「オーディオ/録画」タブです。

このタブでは音声に関する設定を行います。気をつけるべきは「プラグイン」の部分です。基本的にパソコン内の画面を録画したいだけなら「Core Audio Capture」で構いません(windows8以上の場合は表記が微妙に違います)

※「AmaRec Audio Capture」はミキサーソフト、「アマミキ」で使用する設定です。

アマレココ_オーディオ録画タイプタブ

また、「Core Audio Capture(Win7)」を選択した場合は、パソコンでスピーカー出力として使用しているデバイスの「サンプリングレート」と「ビット深度」にアマレココの設定を合わすようにしてください。

Core Audio Capture(Win7)

合わせなかった場合、「Initialize code 88890008 please setup of PC side audio devide from control panel do you setup now」みたいなエラーメッセージが表示され、録画を開始する事が出来ません。

Initialize code 88890008 please setup of PC side audio devide from control panel do you setyo now

「録画タイプ」は、パソコンが低スペックすぎて、処理落ちで録画・録音がコマ落ち・音飛びしてしまった際に、ずれた音声に映像を合わせるか、ずれた映像に音声を合わせるかを選ぶ設定です。

今の時代、処理落ちする事なんてほぼ有り得ないのであまり気にする必要は有りません。(高スペックが要求されるFPSゲームなどをプレイしている場合には処理落ちしたりする可能性が有りますが)

「AMV3 高速」圧縮設定

ここでは、ロゴなしで録画する事が出来る「AMV3 高速」の設定画面についてだけ説明します。

基本的に録画で使用するかもしれないのは赤枠部分だけです。(入力フォーマットとか出力フォーマットとかはエンコードする際の設定なので関係無し)

AMV3-codec_設定画面

 ○画質の順番

画質的には「S0=S1=S2>S3>S4」という順で高画質になります。

S0、S1、S2は「可逆」なので、劣化せずに録画出来ます。

○パソコンのCPU負荷の順番

録画時のパソコンの負荷的には「S0>S1>S2>S3>S4」という順番で低負荷になります。

普通にパソコンの操作を録画するだけなら「S2」で十分です。高負荷なゲームを録画したい場合などはS0、もしくは「未圧縮」で録画しましょう。

また、デコード時(再生時)の負荷は「S4>S3>S2>S1>S0」の順番で大きくなります。

○ハーフサイズ

「ハーフサイズ」は、例えば「1920×1080」で録画したものを録画する過程で「960×540」という半分のサイズまで勝手にリサイズして保存してくれる設定です。

「解説動画を作りたいけど、説明の際には1920×1080の画面を目一杯使いたいけど、動画としてはそんなにサイズはいらないなぁ」って時とかに便利です。(HDにならないのが難点ですが)

○その他

「AMV2」と比較すると「AMV3」の方が若干低画質ですが、録画時の負荷としては「AMV3」の方が低負荷です。(「基本的に」なので設定によってはAMV3の方が高画質になることもあります)

また、「AMV3」は「AMV2」みたいにRGB形式ではなく、YU12形式限定なので録画する際には若干色が滲んでいる風な感じ見える可能性があります。(その分ファイルサイズや録画負荷は減りますが)

RGB形式で録画したい場合は他の可逆圧縮コーデックを使用しましょう。

アマレココで撮影してみた動画サンプル

最後に「AMV3」コーデックで撮影した動画のサンプルです。(撮影したゲームは「AGE of EMPIRES III」というゲームです)

※元々「1280×720」解像度で撮影した動画なのですが、youtubeに「1280×720」でアップロードしてしまうとビットレート制限の関係上、画質が劣化してしまうので無理やりに「1920×1080」にしてアップロードしてます。

▲画質を「1080p」で再生すると元画質並の画質で再生出来ます。

右上の文字を見てもらったら分かるようにYUY2撮影の為に、若干文字などが滲んでしまっています。
YUY2_ぼけ

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    アマレココは現在windows vista以降に対応されてません。
    とでて使えません