Youtubeに高音質な動画をアップロード・ダウンロード=無理という話

Youtube上には、「高音質」というタイトルが付いた音楽動画がたくさん有りますが、これらは到底”高音質”と呼べる代物ではありません

というかYoutubeに高音質な動画をアップロードするのはそもそもムリなので、高音質であるはずが無いのです。

その辺の事について、出来る限り分かりやすく解説します。

※この記事を書いてる時点でのYoutubeの仕様の話なので、もしかしたら将来的に高音質な動画もうp出来る仕様に変更されるかもしれません

※この記事は「ビットレート」「コーデック」などの単語の意味を知らないと、理解出来ない可能性が有ります。

「意味を知らない!」って人は以下記事参照です。
ビットレートとは?画質・音質・コーデックとの関係【映像・音声】
エンコードとは?コーデックとMuxerの関係について

スポンサードリンク

何故高音質でないと言えるのか

理由はYoutube自体の仕様にあります。

今現在(2016年1月時点)、Youtubeではどのような動画をアップロードしても、Youtube側で勝手に再エンコードされてしまう仕様となっています。(かなり昔はそうじゃなかったけど仕様が変わった)

なので、事前に用意した動画がどんなに高画質・高音質であろうと、Youtubeが決めているコーデック・ビットレートまで下げられてしまうのです。

具体的にどれくらいまで下げられるのか

下げられる音声ビットレートは、動画の解像度によって変わってきます。

大雑把に以下のとおりです。

  • 240p(320×240以上):32kbps前後
  • 360p(640×360以上):93kbps前後
  • 480p(640×480以上):128kbps前後
  • 720p1080p2160p(1280×720以上):192kbps前後
    • これ以上はどれだけ上げても192kbps前後となる
  • 2016-02-01_02h12_45 ←これが解像度です

※コーデックは「AAC-HC」で再エンコードされます。

つまり、どんなに頑張っても192kbps以下でしかアップロード出来ないという事です。(タイトルに【320kbps】とか書いてる動画も有りますが、こういうのはウソです)

なので高音質であるはずが無いのです。

またこれは同時に、どんなに頑張っても192kbps以下でしかダウンロード出来ないという事でもあります。

いや192kbpsってめっちゃ高音質じゃん!」って人ももしかしたら居るかもしれませんが、ハイレゾというCD以上の規格も登場している今の時代に、非可逆で192kbps程度しかない音質を”高音質”と定義するのは少しおこがましいと思います( ´Д`)

せめて高音質を名乗るなら320kbpsは欲しい所とは思いませんでしょうか・・。(私が間違ってる?)

なので本来、これらの動画にタイトルを付けるとしたら「192kbps」「微高音質」「中音質」などとネーミングすべきなのです。

「320kbpsでYoutube動画をダウンロード出来るフリーソフト!」みたいなのが有ったりしますけど、そういうのを使っても192kbps以上には上げれないので無意味です。(むしろファイルサイズがデカくなるだけなので無駄でしかない)

視聴する際も解像度によって異なる

上記の事から分かると思いますが、視聴する際の動画の解像度によっても、動画の音質は大きく変わります。

高音質と謳っている動画を高音質で視聴する為には「720p」以上に設定する必要があるという事です。

逆に言えば、解像度が「480p」程度しかないくせに高音質と謳っている動画は高音質ではありません。というか高音質であるはずがありません。(128kbpsはどう考えても”高音質”とは呼べる音質ではないですからね。。)

そのような動画のコメント欄で「すげー!!超高音質だ!!」みたいなコメントがよく目にしますが、そういうコメントをしている人は単に耳が悪いだけなので、真に受けないようにしましょう。

逆に音質が悪いケースも有る

先ほど言ったように、Youtubeでは、投稿した際の解像度に応じて、動画が再エンコードされます。

これがどういう事かというと、(極端な話)音声ビットレートが10kbps程度しかない動画でも、解像度が1280×720以上ある動画なら、ビットレートが192kbps程度割り振られて再エンコードされるのです。

つまり、例えば動画ダウンローダーなどを使用して、720pな動画をダウンロードすると、音声ビットレートが192kbpsと表記されはしますが、その動画は本来、投稿された際には128bkbps程度しか無い可能性が有るという事です。

※Youtubeに動画をうpしている人は結構な割合で、AviUtlのx264guiExつんでれんこなどを使用していると思いますが(?)、ほとんどのエンコーダーでは標準のビットレートが「128kbps」と設定されている事が多いのです。

なので、実際には192kbpsにも達していない動画が多いと想定できるのです。(動画について詳しくない人がエンコした場合、ビットレート設定が128kbpsになったままの動画が多いということ)

x264guiExの「プロファイル:youtube」でのデフォルト音声ビットレート
2016-02-01_02h41_21

自分は192kbpsだと思って聴いていた音声が実は128kbpsだった!」なんて事が起きてしまうのですね。(恥ずかしいですね。。)

というわけで、Youtube動画をダウンロードしたりする際は気をつけましょう。

※まぁ128kbpsか192kbpsかくらいは、自分の耳で聞き分けられるようになりたいところですけどね。(私はムリですが( ´Д`))

動画(映像)にも同じ事が言える

この「再エンコード」という仕様は、もちろん音声に限った事では有りません。

「映像」も音声と同じく、投稿後にYoutube側で再エンコードされるので、音声と同じく100%劣化します

映像については、音声と違って192kbpsが限界などという事はなく、解像度に応じて完全に比例するので、解像度を上げれば上げるほどビットレートは多く割り当てられます

まぁ動画の場合は劣化したとしても、目に見えて分かるレベルでもないので(?)、どうでも良いと思いますけどね。。

ニコニコ動画では高音質で動画をアップロード出来る

ニコニコ動画は、ニコニコ指定の動画仕様を守りさえすれば再エンコードされる事が無いので、アップロードした画質・音質そのままで視聴する事が可能です。(これはニコニコの長所の1つでもあります)

Youtubeと違って、ニコニコで【高音質】と書かれている動画は、本当に高音質な物が多いです。(中にはそうじゃないのもありますが)

高音質のまま動画共有サイトにアップロードしたい!」って場合はニコニコ動画がオススメということですね。(他の動画共有サイトはほぼ全て再エンコードされる仕様になっています)

※まぁその代わり、ビットレート制限がきついので、音質を上げたいならある程度画質などを犠牲にする必要がありますし、一般会員が視聴する際にはエコノミーモードとかいう一般会員殺しな仕様があるので、「いつでも誰でも高音質」というわけにもいかないですけどね。。

このページの情報は以上です。

関連ページ:【違いが分からない】64kbps,96kbps,128kbps,192kbps,320kbps,非圧縮音源(WAV)の音質比較【MP3】

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. […] 参考:Youtubeに高音質な動画をアップロード・ダウンロード=無理という話 […]

  2. 匿名 より:

    ニコ動も必ず強制再エンコードされてしまう仕様になってしまいましたね…
    いくら高音質でも192kbpsに近い値で作成されてしまうようです
    http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

  3. あいほうじん より:

    https://support.google.com/youtube/answer/1722171?hl=ja
    によると、現在音声のビットレートは解像度に関係ないようです。

    〈以下抜粋、参考〉
    アップロードする動画の推奨音声ビットレート

    タイプ 音声ビットレート
    モノラル 128 kbps
    ステレオ 384 kbps(=192 kbps)※二箇所から音声
    5.1 512 kbps(=102.4 kbps)※五箇所から音声

  4. 匿名 より:

    AAC-HCってAAC-LCと書き間違えてませんかこれ。