【AviUtl】制御文字の使い方【テキストオブジェクト】

AviUtlのテキストオブジェクトで使用できる、

「制御文字」の使い方のついて紹介します。

スポンサードリンク

制御文字とは?

テキストオブジェクトに、任意の文字を打ち込むことで、

  • 途中から文字の大きさを変えれたり、
  • 途中から文字のを変えれたり、
  • 途中から文字のフォントを変えれたり、
  • 途中から文字の表示速度を変えれたり、
  • 途中から文字を太字にしたり、
  • 途中から文字を斜体・縁取りにしたり、
  • 途中から文字を中央揃え・右寄せ・左寄せ・縦書きにしたり、

と、いろいろな文字を表現することができます。

この機能のことを「制御文字」と言います。

▲テキストオブジェクトのテキストボックスに打ち込むことで有効になります。

制御文字の使い方

フォント色

フォント色を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<#ffffff>白<#>
  • #ffffff:16進数でRGB指定する(例:#0000ff)

■例1

<#ffffff>白<#><#ff0000>赤<#><#00ff00>緑<#>
 <#0000ff>青<#><#000000>黒<#><#ffff00>黄<#>

また、このように#を省いて書くことも出来ます。

<#ffffff>白<#ff0000>赤<#00ff00>緑
 <#0000ff>青<#000000>黒<#ffff00>黄<#>

テキスト_フォント色
例1

フォントサイズ、フォント名

フォントサイズ、フォント種類を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<s32,メイリオ,BI>フォントサイズ32<s>
  • s32:フォントサイズ(例:s64)
  • メイリオ:フォント名(例:MS 明朝)
  • BI:装飾(B=太字、I=斜体)

■例2

<s60>60 <s80,メイリオ>80<s>

テキスト_フォントサイズ
例2

表示速度

「表示速度」を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<r15>aaaaaaaa<r>
  • r15:「表示速度」を指定する(例:r30)

■例3

<r15>aaaaaaaa<r>
 <r8>aaaaaaaa<r>
 <r4>aaaaaaaa<r>

te
例3

待機時間

「待機時間」を変えるには以下のようなタグで囲みます。

<w15>aaaaaaaa<r>
  • w15:「待機時間」を指定する(例:w30)

また、以下のように書くことで、オブジェクト内の文字数×0.5秒を待機します。

<w*0.5>aaaaaaaa<r>
  • wに*を付けると、オブジェクト内の文字数を掛けた時間を待機する(例:w*2)

■例4

<w1>aaa<w>
 <w2>bbb<w>
 <w*0.2>ccc<w>

表示速度_待機時間
例4

表示クリア

表示をクリアできる事がタグです。

<c2>
  • c2:クリアする秒数を指定する(例:c4)

■例5

あ
 <c1>
 い
 <c1>
 う
 <c1>
 え
 <c1>
 お

クリア_テキスト
例5

座標の指定

テキストの「座標」を指定することが出来るタグです。

<p20,40>
  • p20:X座標を指定する
  • 40:Y座標を指定する

また、座標の前にプラスマイナスを付けると相対座標表示になります。

■例6(絶対座標)

<p20,40>あいうえお<p40,80>かきくけこ

テキスト_絶対座標
例6

■例7(相対座標)

<p+20,+40>あいうえお<p+20,+40>かきくけこ

テキスト_相対座標
例7

制御文字を使用するメリット

以下のようなメリットがあります。

  • 複雑な文字処理が可能になる(「スクリプト制御」を併用する事でもっと高度な処理ができる)
  • 1つのテキストオブジェクトで様々な文字表現ができるのでタイムラインがすっきりする

このページの情報は以上です。

関連【AviUtl】スクリプト制御とは?【Lua】

スポンサーリンク

フォローする

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    いつもお世話になっております。
    「待機時間」の記述内容に直前の「表示速度」の内容が混ざっており、正確な記述になっていないように見受けられます。
    修正を検討いただきたく思います。