【AviUtl】L-SMASH Worksの設定方法②【入力プラグイン】

AviUtlの万能入力プラグイン「L-SMASH Works」のちょっと詳しい概要とか、設定方法について紹介します。

※この記事は以下記事の続きです。

スポンサードリンク

L-SMASH Worksについてちょっと詳しく

「L-SMASH Works」は、外部コーデックライブラリをAviUtlにて利用出来るようにする為のプラグインです。

具体的には、libavcodecに対応してるコーデックと、libavformat(FFmpeg)・L-SMASHに対応している動画形式(フォーマット)のファイルが全て読み込めるようになります。(見てもらえば分かりますが読み込めないコーデック・フォーマットは殆ど有りません)

※一部のMPEG2-TS(俗に言うTSファイル)とかが正常に読み込めなかったりしますが、一部の問題だと思うのでなので大勢に影響は有りません。(多重音声な地デジ・BS/CS動画、一部カムコーダ機種のAVCHDとかが読み込めなかったりするらしいです?詳しく知りませんが。。)

そういうTSファイルが出てきた場合は、DGIndex等のソフトで映像と音声に分離して、「MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In」という入力プラグインなどを使用して読み込むのが一般的です。
参考:MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In(AviUtlプラグインでお馴染みの「まるも製作所」さんです)

あとgifとかも一部読み込めなかったりするので、そういう場合はDirectshow File Readerを使用しましょう。

というわけで、現状最強の入力プラグインです。

設定項目

設定画面は、メニューの「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの設定」→「L-SMASH Works File Readerの設定」から開けます。

L-SMASH Works は、特に何も設定しなくても良い感じに動作してくれるので、初期設定については別にしなくても良いですが、読み込む動画の種類によっては変更した方が良い項目が幾つか有ります

設定画面の項目について「確認しといた方が良い項目」と「上級者向け項目」に分けて紹介したいと思います。

確認しといた方が良い項目

Libav+L-SMASH

libavcodec」をデコーダ、「L-SMASH」をdemuxerとして読み込むようにするチェック。l-smash_kakuninnsitoitahougaii

  • demuxer:動画ファイル(コンテナ)を「映像」と「音声」に分けてくれるソフト
  • デコーダ:「映像」とか「音声」を解析してくれるソフト(コーデック)

MP4ファイルに特化した設定です。

動画が読み込めない時や、音ズレする時、読み込めたけどやけに動作が重い時など、チェックを外してみると改善されるかもしれません。

VFR->CFR

VFR(可変フレームレート)動画を読み込んだ際に、CFR(固定フレームレート)として読み込むかという設定です。

VFRの動画(スマフォ、デジカメ動画)の読み込む際には、チェックを付けた方が良い設定

  • 59.94fps:60000/1001
  • 60fps:60000/1000
  • 23.976fps:24000/1001
  • 24fps:24000/1000
  • 29.97fps:30000/1001
  • 30fps:30000/1000

という感じで設定します。

VFRの動画の場合は、出来る限りチェックをつけたほうが良いですが、チェックを付けなくても殆ど音ズレしない事が多いので、音ズレした時にだけチェックを付けてみると言った感じで良いかもしれません。

※VFRとCFRの違いについては以下の記事を参考にしてください。

Create Index file

「LW-Libav」設定で読み込んだ際に、インデックスファイル(.lwi)を自動生成する設定。

自動生成されて鬱陶しい場合は、チェックを外しましょう

ただし、次に同じファイルを読み込む際の速度やシーク速度が遅くなってしまうのでチェック推奨です。

上級者向け項目

AviSynth Script

AviSynthのファイル(.avs)を読み込む為のチェック。スクリプトを使用してクオリティの高い動画編集をガンガン行いたい人はチェック必須。.avsファイルを読み込む時は「Libav+L-SMASH」のチェックを外しておいたほうが良い。l-smash_doudemoii

VSScript

VapourSynthのファイル(.vpy)を読み込む為のチェック。「VapourSynth」は「Avisynth」と同じようにスクリプト制御で動画編集を行えるソフト。同じように高度な動画編集が実現出来るらしい。(使ったことないんで分かりません)

LW-Libav

libavcodec」をデコーダ、「libavformat」をdemuxerとして読み込むようにするチェック。

※「Libav+L-SMASH」と「LW-Libav」の両方にチェックを入れている場合は、「Libav+L-SMASH」→「LW-Libav」の順番に読み込みを試みます。

threads

ファイルを読み込む際のスレッド数を決めます。0にすると自動的に最適なスレッド数で処理してくれます。

Forward threshold

例えば、「10」と設定していると、現在のフレーム(拡張編集タイムラインでいうところの赤の縦棒)から±10フレームまでは遅延なくすぐに読み込めるようにするみたいな設定です。ただし数値を大きくし過ぎると、大きくフレームを移動した際に、読み込みに時間が掛かってしまうみたいな欠点があります。

デフォで推奨されている「10」で良いです。

Seek mode

フレームをシークして、読み込みを失敗した際にどういうふうに処理するかを決める設定。

  • Normal:3回シークに失敗したらUnsafeモードに移行。それでもダメならシーク移動前のフレームを表示する
  • Unsafe:1回シークに失敗したら、シーク移動前のフレームを表示する
  • Aggressive:シークに失敗しても何もしない(表示もしない)

Video scaler

色差アップリング(YUV420→YUV422とか)した際に適用するアルゴリズムを設定します。

※コメントで指摘を頂いていますが、正直これについて私はそれぞれの特徴について把握出来ていないので、最大限キレイな画質でファイルを読み込みたい場合は自分で勉強して頂けると幸いです。。

Apply repeat flag

RFFフラグが存在するプログレッシブ動画を、インターレース動画として読み込みます。基本的にチェック推奨。

「RFFって何?」という人は以下のページなどを参考にしてみてください。(わかりやすいです)

地デジとかの放送波の動画(tsとか)を読み込むならチェック必須。

Field dominance

「Apply repeat flag」が有効時に設定です。読み込んだ動画がインターレース方式の場合の出力するフィールドの順番を設定します。(TFF or BFF)

Audio delay

読み込んだ動画の音声を遅らせたり早めたりする事が出来る設定です

+で早め、-で遅らせます。数値はmsで指定するのではなく、サンプリング単位で指定します。

例えば、読み込む動画音声の周波数が48KHzの場合、「48000」と指定すると1秒遅らせる事が出来ます。

Sampling rate

サンプリングレートを指定出来ます。指定したサンプリングレートにリサンプリングしてくれます。

Channel layout

音声のチャンネルレイアウトを無理やりに変える事が出来ます。これを指定すれば、後ろや真横から音が聞こえてるような演出にすることが出来ます。

FL = フロント・レフト
FR = フロント・ライト
FC = フロント・センター
LFE = 低域周波数エフェクト(0.1chの低音)
BL = バック(リア)・レフト
BR = バック(リア)・ライト
FLC = フロント・レフトのセンター
FRC = フロント・ライトのセンター
BC = バック(リア)・センター
SL = サイド・レフト
SR = サイド・ライト
TC = トップ・センター
TFL = トップ・フロント・レフト
TFC = トップ・フロント・センター
TFR = トップ・フロント・ライト
TBL = トップ・バック・レフト
TBC = トップ・バック・センター
TBR = トップ・バック・ライト
DL = ダウンミックス・レフト
DR = ダウンミックス・ライト

例)
FL+FR+FC+LFE+BL+BR # 5.1chサラウンドの指定

Mix level

センター・サラウンドなどの音の聞こえ具合を調整出来ます。

A/V sync correction

音声、映像が共に同じライブラリ(例えば「音声」「映像」の両方とも「Libav+L-SMASH」とか「LW-Libav」な時)で読み込まれている場合にチェックをすると音ズレを防いでくれる設定(だと思います)

チェック推奨です。

Libav video index

多重化されている映像のソースを選択する設定。(「LW-Libav」固有の設定)

例えば、地デジなんかだと、1つのTSファイルの中に、HDの映像とワンセグ映像が入っていたりしますが、そういうのを選択出来る設定です。

チェックされていない場合、最初に検出された映像を読み込みます。

Libav audio index

多重化されている音声のソースを選択する設定。(「LW-Libav」固有の設定)

例えば、デジタル放送を録画した場合、副音声と主音声があったりしますが、そういうののことです。

チェックされていない場合、最初に検出された音声を読み込みます。

Dummy resolution

音声ファイルオンリーの編集時に生成するダミー映像の解像度を指定します。

AviUtlでは映像が無いファイルを読み込んでくれないのでその為の設定。

Dummy flamerate

ダミー映像のフレームレートを指定します。上記に同じ理由。

Dummy colorspace

ダミー映像のカラーフォーマットを指定します。

AVS bit-depth

AviSynth Scriptでのビット深度を選択します。8bit(合計24bit)でOKです。

参考ビット深度(色深度)とは?10bit・24bit・30bitなどの違い【動画】

LW48 output(画像に㉔つけ忘れてます)

右上の「LW48 output」にチェックを入れるとL-SMASHだけの中で使用されるLW48という色空間で読み込まれます。

これを有効にする場合、AviUtlのメニューの「設定」→「色変換の設定」→「LW Color Space」にチェックを入れる事で、AviUtl内部形式であるYC48で読み込まれるようになるようです。

以下、LW48で読む込む事による特徴を列記します。

  • Aviutl 内での一連の処理の過程での色変換が最低限になる為、処理が若干早くなる(体感出来ないレベルの差)
  • 色変換誤差が発生しない
  • AviUtlの各種フィルタは「YC48」を想定して作られているのでオーバーフローを起こして色が反転してしまう可能性が有る

また、エンコードの際も「LW48」としてエンコーダ側で設定する必要が有ります。x264guiExでは「拡張」タブに「LW48モード」というチェック項目が有って、LW48に対応させる事が出来ます。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. かりん より:

    Libav+L-SMASHの☑を入れるとそのPFフォルダに「lsmash.ini」が生成されます。
    毎回チェックを入れないといけないので、困ります