【AviUtl】カメラ制御の使い方

AviUtlの目玉機能とも言える「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)の使い方について紹介します。

AviUtlで動画編集する際は通常、”2D”的な表現しかする事が出来ませんが、「カメラ制御」を使用する事で”3D”的動画編集が可能となります。

スポンサードリンク

カメラ制御とは?

カメラ制御は、3D編集を可能とするオブジェクトです。

イメージ的には、「動画の中という3D空間内で、カメラを持った人(カメラ制御)を自由に操り、様々な角度や位置に”視点”を移動させる事で動的な動画にする」と言った感じです。

以下のようにカメラ制御を追加するだけで、オブジェクトの表示される順番が変わったりもします。

さつき氏「ランダム複数回転」使用
gif_3d 2d
▲カメラ制御を使って3D回転させた例
※それぞれのオブジェクトの座標に従って表示される
▲カメラ制御を使わず3D回転させた例
※それぞれのオブジェクトのレイヤー順に従って表示される

カメラ制御は何となく難しそう」とか「上級者しか使えない」とか思っている人が多いですが、使ってみると案外簡単です。

※カメラ制御は実際に自分で使ってみるのが一番理解が早いです

(というか記事を読むだけでは理解出来ないと思います)

カメラ制御の使い方

①「カメラ制御オブジェクト」を追加する

カメラ制御を使用するには、「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)を「3D表現させたいオブジェクトの上のレイヤー」に追加します。

タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「カメラ制御」で追加出来ます。

カメラ制御_対象 kameraseigyo
▲指定した 「対象レイヤー」数分だけ「カメラ制御」の対象になる
(この画像では「カメラ制御」オブジェクトの下5レイヤー分が対象となる)
▲こんな感じになる

②制御下のオブジェクトのカメラ制御を有効にする

「カメラ制御」を使用する事で必然的に各オブジェクトに「Z軸」要素が必要となってきますが、デフォルトの「標準描画」(標準描画_設定ダイアログ)では「Z軸」のパラメータが無い為、カメラ制御の対象外となっています。(カメラマーク(カメラマーク)が非アクティブになっている)

カメラ制御が有効にならない!」と初心者の人が騒ぐのは大体コレが原因です。

カメラ制御を使用する際は、各オブジェクトを「標準描画」から「拡張描画」に変更する必要が有ります

「標準描画」に変更するには設定ダイアログの右上の更新マーク(更新マーク)を押して「拡張描画」を選択します。

また、「標準描画」のままでも、カメラマーク(カメラマーク)をクリックする事で、カメラ制御の対象に変更する事は可能です。

標準描画_設定ダイログ2 拡張描画_設定ダイアログ
▲標準描画の設定ダイアログ ▲拡張描画の設定ダイアログ

③カメラ制御オブジェクトの各パラメータ

カメラ制御の各パラメータについて解説します。

カメラ制御_設定ダイアログ

X

カメラをX軸方向に動かします。

x__設定ダイアログ_カメラ制御
▲+方向へ移動

Y

カメラをY軸方向に動かします。

y__設定ダイアログ_カメラ制御
▲-方向へ移動

Z

カメラをZ軸方向に動かします。

z__設定ダイアログ_カメラ制御
▲-方向へ移動

目標X

カメラの「原点」の位置をX軸方向に移動させます。

目標x__設定ダイアログ_カメラ制御
▲+方向へ移動

目標Y

カメラの「原点」の位置をY軸方向に移動させます。

目標y__設定ダイアログ_カメラ制御
▲-方向へ移動

目標Z

カメラの「原点」の位置をZ軸方向に移動させます。

目標z__設定ダイアログ_カメラ制御
▲-方向へ移動

目標レイヤ

「カメラを向ける対象」を選択出来ます。対象の種類としては以下の3種類が有ります。

  • 原点基準
    • 「0」を指定する事で、「目標X,Y,Z」で設定した地点がそのまま原点となります。
  • カメラ基準
    • 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)の有るレイヤーを指定する事で、カメラが常に正面(-Zから+Z方向)を向くようになります。
  • レイヤー基準
    • オブジェクトが設置されてあるレイヤー数を指定する事で、そのレイヤー上にあるオブジェクトの位置が原点になります。
    • オブジェクトが設置されていないレイヤーを指定すると「0」を指定したのと同じ「原点基準」になります。
目標レイヤ0 目標レイヤ1
▲0(原点基準) ▲1(カメラ基準)
目標2 目標3 目標4
▲2(レイヤー基準) ▲3(レイヤー基準) ▲4(レイヤー基準)

傾き

カメラ本体を回転させます。

回転_設定ダイアログ_カメラ制御
▲0→360°

深度ぼけ

設定した原点より、手前・奥側(±Z方向)にあるオブジェクトをぼかします。

深度ぼけ_設定ダイアログ

※「画像処理を間引いて表示」にチェックを付けていると上手く表示されません。

視野角

カメラの見える「範囲」を設定出来ます。

大きくすればするほどパノラマ写真的な感じで視野が広がります。

視野角2_設定ダイアログ 視野角_設定ダイアログ
▲ 視野角「0」 ▲視野角「100」

対象レイヤー数

カメラ制御の対象とするレイヤー数を決めます。「–」の場合、カメラ制御オブジェクトより下のレイヤーが全て対象になります。↓画像は「4」と指定した例です。

対象レイヤー数

Zバッファ/シャドウマップを有効にする

オブジェクトが重なった場合、通常(カメラ制御オブジェクトを使用していない時)は、レイヤーが上のオブジェクトが上に表示されますが、カメラ制御を使用している場合「Z軸」という概念が適用されますので、レイヤーの順番は関係無くなってしまいます。

そこで、この項目のチェックを外すと通常通り「レイヤーの順番」でオブジェクトが表示されるようになります

カメラ制御の特性を殺してしまうので、通常はチェック推奨です。

Zバッファ_シャドウマップを有効にするON Zバッファ_シャドウマップを有効にするOFF
▲ Zバッファ/シャドウマップを有効にする「ON」 ▲Zバッファ/シャドウマップを有効にする「OFF」

④カメラをウィンドウ上で動かす

カメラは設定ダイアログのパラメータを変更する事で視点や位置を変更する事が出来ますが、AviUtl本体ウィンドウからも直接的に操作する事が出来ます。

原点を中心に回転させる

「カメラ制御」オブジェクト選択した状態で、AviUtl本体ウィンドウにて「右クリック押しながらドラッグ」することで、原点を中心に回転させる事が出来ます。
カメラ_回転

原点に接近・後退させる

「カメラ制御」オブジェクト選択した状態で、AviUtl本体ウィンドウにて「Ctrlキーを押しながら右クリックで上下にドラッグ」することで、カメラ位置を遠ざけたり近づけたりさせる事が出来ます。
カメラ_拡大縮小

⑤カメラの表示モード

「カメラ制御」オブジェクトを追加すると、AviUtl本体ウィンドウの右下にカメラの表示モードが選べるボタンが表示されます。
(表示されていない場合は、拡張編集タイムライン上で「右クリック」→「カメラ視点GUIの表示」をクリックします)

カメラ表示モード

  • カメラ
    • 通常のモードです。「カメラ」視点がそのまま表示されます。
    • このモードで画面表示された視界が、エンコードした際に動画として出力されます
  • エディット
    • 「カメラ」以外の第三者的な視点での視界が表示されます。
    • こんな感じ↓で「カメラ本体」がどのような方向・位置にあるのかが分かります。(四角錐のモデルがカメラ
      エディットモード
      ※また、エディットモードではShitキーを押しながら右クリックでドラッグする事で、平行移動(水平・垂直移動)させる事が出来ます(何気にかなり重宝する)
  • 前・左・上・後・右・下
    • オブジェクトを選択した状態でそれぞれの方向ボタンを押すと、それぞれの方向から選択したオブジェクトを「第三者視点」から見る事が出来ます。
    • 例えば、先ほどから例で使用している画像のLayer2の円図形を選択した状態で「」を押すと、この図形を「正面」から見た視界が得られます。
    • 「カメラ制御」オブジェクトを選択した状態で「」を押すと、設定した「原点」(目標x,y,z)の位置を「正面」から見た視界が得られます。

カメラ制御関係のエフェクト(オブジェクト)

カメラ制御オブジェクトを使用している場合のみに効果を発揮する「エフェクト」について紹介します。

シャドー(カメラ制御)

オブジェクトを3D的に表現した際の「影(シャドー)」を表現する事が出来るエフェクト(オブジェクト)です。

■使用方法

  1. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)の下のレイヤーに「シャドー(カメラ制御)」オブジェクト(シャドー(カメラ制御)画像)を追加する方法です。拡張編集タイムラインで「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「シャドー(カメラ制御)」から追加出来ます。
    シャドー(カメラ制御)タイムライン
    (こんな感じで使います)
  2. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)にフィルター(エフェクト)として追加する方法です。設定ダイアログ右上のプラスマーク(+マーク)から「シャドー(カメラ制御)」を選択する事で追加出来ます。
    シャドー(カメラ制御)_エフェクト

詳しくは以下の記事や動画を参考にしてください。
シャドー(カメラ制御)を使って影を付ける方法

カメラ効果

水平回転・垂直回転を簡単に出来たり、手ぶれ効果を追加できたりするオブジェクトです。

■使用方法

  1. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)の下のレイヤーに「カメラ効果」オブジェクト(カメラ効果_画像)を追加する方法です。拡張編集タイムラインで「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「カメラ効果」から追加出来ます。
    カメラ効果_タイムライン
    こんな感じで使います
  2. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)にフィルター(エフェクト)として追加する方法です。設定ダイアログ右上のプラスマーク(+マーク)から「カメラ効果」を選択する事で追加出来ます。
    カメラ効果_設定ダイアログ

スクリプト(カメラ制御)

カメラ制御オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)を「スクリプト制御」で操作する為のオブジェクトです。

「スクリプト制御」って何という人は以下の記事を参考にしてください
スクリプト制御とは?【Lua】

■使用方法

  1. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)の下のレイヤーに「スクリプト(カメラ制御)」オブジェクト(スクリプト(カメラ制御)_画像)を追加する方法です。拡張編集タイムラインで「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「シャドー(カメラ制御)」から追加出来ます。
  2. 「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)にフィルター(エフェクト)として追加する方法です。設定ダイアログ右上のプラスマーク(+マーク)から「スクリプト(カメラ制御)」を選択する事で追加出来ます。
    スクリプト制御_設定ダイアログ

カメラ制御オプション

カメラ制御下にあるオブジェクト全てに適用できるフィルターです。

■使用方法

  1.  各オブジェクトの設定ダイアログ右上のプラスマーク(+マーク)から「カメラ制御オプション」を選択する事で追加出来ます。
    カメラ制御オプション_セッテイダイアログ

カメラ制御で役立つスクリプト