インターレース解除とは?仕組みなどについて簡単に解説【デインターレース】

動画における「インターレース解除」の意味や仕組みについて簡単に紹介します。

スポンサードリンク

インターレース解除とは?

インターレース解除_比較

インターレース解除とは、インターレース方式の動画をプログレッシブ方式の動画に変換する事を指します。(「デインターレース」とも呼びます)

具体的には、「2つのフィールドを補間して、1つのフレームを補間生成する事」を指します。

2つのフィールドから補間してフレームを生成するだけなので、厳密に言えば、100%完全なフレームを再現するのはムリです。

だからこそ、インターレース解除には様々な方法が存在するのです。(どれも100%完全ではない)

余談

液晶テレビでゲームをプレイした際などに、映像が微妙に遅延するのは、テレビ内部でインターレース解除を行っているからです。(今現在は技術が発達して殆ど遅延が無いレベルまで来ているようですが、それでもブラウン管テレビに比べるとやはり遅延が有ります)

また、そのような遅延を限りなく抑える代わりに、画質を犠牲にするようにする「ゲームモード」のような設定があるテレビも有ったりもします。

インターレース解除した具体例

「百聞は一見にしかず」なので具体例を示します。

以下はWiiの「桃太郎電鉄16」というゲームでの電車を移動させた際の動画をgifとしたものです。

 インターレース未解除の例  インターレースを解除した例
インターレース解除前 インターレース解除後

短時間で小さい解像度なのでちょっと分かりづらいかもしれないですが、「インターレース未解除」の方は画面が大きく動いた際に横縞線全体に入る為に、非常にチラつき目がチカチカして見づらい動画になっています。

インターレース解除_比較
▲1フレームだけ抜き出して、「インターレース未解除」「インターレース解除済」のフレームを交互に表示させたgif

インターレースを解除してない方は、線路や魚、その他全てのモノが2重になって表示されている事が分かると思います。

このような動画は目がチカチカして見ていて非常に疲れる動画になってしまう為、インターレース非対応の機器で再生するであろう場合にはインターレース解除をしましょう。

インターレース解除するには?

インターレース解除解除する方法としては、

  • 再生しながらリアルタイムで解除する
  • エンコードして永久的に解除する

の2種類の方法があります。

①動画再生ソフトの機能を使う方法

フリーのVLCなどの再生ソフトなどを使用すれば、ソフトとして標準でインターレース解除機能が備わっていますし、MPC-HCffdshowを組み合わせれば、ffdshowのインターレース解除機能を使用する事も可能です。

screenshot_6481 screenshot_6491
VLC ffdshow

②エンコードソフトの機能を使う方法

ほとんどのエンコードソフトには、インターレース解除機能が備わっているので、その機能をONにした状態でエンコードすれば、永久的にプログレッシブな動画に変換する事が出来ます。

screenshot_65011
AviUtl

インターレース解除できない動画

インターレース解除出来るのは「インターレース」形式の動画のみであって、「インターレース形式の動画をインターレース解除しないでプログレッシブ形式に変換してしまった動画」はインターレース解除する事は出来ないので注意です。

※ですが「インターレース形式の動画をインターレース解除しないでプログレッシブ形式に変換してしまった動画」を無理やりインターレース解除する設定があるソフトもあったりします(ffdshowとか)

「インターレース=悪」では無い

「インターレース=悪」みたいに思ってる人が多いかもしれませんが、インターレース動画はプログレッシブ動画と同等のファイルサイズでプログレッシブより2倍滑らかな動画にする事が出来るというメリットも有ります。

なので、もしインターレース動画対応機器で再生する予定の動画であるならば、インターレースは解除しない方が良いでしょう。(というかしてはダメ)

インターレース保持の設定について

大抵の場合、どのエンコードソフトも「プログレッシブ」としてエンコードするのがデフォルトとなっていますので、インターレースを保持したままエンコードしたい場合は、「インターレースを保持してエンコードする」みたいな項目にチェックを入れる必要が有ります。

 x264guiExでのインターレース保持設定画面 WMV出力プラグインでのインターレース保持設定画面
x264guiei_インターレース保持 pre-proccesing_wmv

インターレース解除の手法

インターレース解除の手法としては主に3種類の方法が有ります。

簡単に箇条書きすると以下の様な感じです。

  1. 「トップフィールド」と「ボトムフィールド」のどちらかのフィールドのみを出力して足らない部分を補完する方法
  2. 「トップフィールド」と「ボトムフィールド」を合成して上手い感じにチラつきを抑える方法
  3. 1.と2.を組み合わせたような特殊な方法

処理の重さ的には、

  • 1>2>3

という順番で、1が一番軽いです。(エンコに時間がかかるという意味)

インターレース解除の”正確性”(どれだけキレイにインターレース解除できるか)は、

  • 3>2>1

という順番で、3が一番キレイに解除できる傾向にあります。

ちなみに(勘違いしがちですが)インターレース解除の手法に「これが絶対!」みたいな方法は有りません

なので、動画によって色々試してみて最善の解除手法を探してみるのが一番ベストな方法です。

実際にAviUtlを使用してインターレース解除するには以下の記事などを参考にして下さい。

まとめ

・インターレース解除:「インターレース」→「プログレッシブ」に変換すること

・自分で保管する用(鑑賞する用)の動画なら、インターレース解除してもしなくてもどっちでも良い(好みの問題)

・動画共有サイト(Youtubeとか)に投稿するなら絶対にインターレース解除しなければならない(しないと残念な事になる)

・インターレース解除の手法は色々あるので、動画によって使い分けるのが一番良い

このページの情報は以上です。

関連ページ動画の「テレシネ」「逆テレシネ」の意味と違い

関連ページドロップフレームとノンドロップフレームの違いについて

関連ページキーフレームとは?Iフレーム・Pフレーム・Bフレームの違い【GOP】

関連ページフレームレートとは?VFR(可変)とCFR(固定)の違い