ffdshowとは?インストールとダウンロード方法について

コーデックパックとして有名な「ffdshow」の導入方法と簡単な使い方について紹介します。

導入することで、今現在、一般的な動画によく使用されている殆どのコーデックを再生する事が出来るようになります。

スポンサードリンク

ffdshowとは?

ffdshow_キャッチ

ffdshowは、「Directshowフィルター・コーデックパック」です。

どんな事が出来る?

一言で言うと「色んなコーデックの動画ファイルが再生出来るようになって、動画再生中にリアルタイムでフィルタ処理とかを掛けれるソフト」です。

ffdshowに対応した動画再生ソフト(Directshowに対応したソフト)から、ffdshow経由で動画が再生出来ます。

具体的には、「Windows Media Player」「MPC-HCMPC-BE」「GOM Player」などの動画再生プレイヤーから利用出来ます。

ffdshowを入れると高画質になる!」と勘違いしている人がたまに居ますがそれは間違っています。デコーダーの中にはffdshowの方が劣っているものもあります(優れているものも勿論有りますが)

また、フィルター設定で限りなく高画質に”見せかける”事は出来ますが、高画質には出来ません。(ここ重要)

というわけでここまで理解してもらった上で機能の紹介に移ります。

ffdshowの主な機能は、「ビデオデコーダー」「オーディオデコーダー」「VFWコーデック」「DXVA」の4つに分類する事が出来ます。

機能①:ビデオデコーダー ffdshow_ビデオデコーダー_アイコン

ビデオデコーダー機能では主に以下の様な事が出来ます。

  • パソコンにインストールされていない映像コーデック、動画再生プレイヤーに内蔵されていない映像コーデックが再生出来る
    • ffdshowに内蔵しているコーデック全てで再生出来るようになる(内蔵しているコーデックが少ない動画再生プレイヤーで効果的)
    • libavcodevという超軽快なオープンソースのコーデックを使用しているので動作が軽い
  • ffdshowに内蔵している様々なフィルタ効果を掛ける事が出来る
    • 動画のリサイズ(解像度の低い動画を綺麗に拡大・縮小出来る機能)
    • インターレース解除・ノイズ除去などの画面処理
    • 輝度・明るさ・ガンマ・色相・色の濃さなどのパラメーターの変更
    • …etc(その他、めちゃくちゃ色んな事が出来ます)

文字通り「映像」に対しての設定を色々変更出来ます。

例えば「MPC-HC」プレイヤーなどは「インターレース解除」機能を搭載していなかったりしますが、ffdshowを経由して再生する事で、ffdshowの「インターレース解除」を使ってインターレース解除する事も可能になります。

動画再生プレイヤー単体で再生出来ない動画ファイル(コーデックが対応していない)に遭遇しても、ffdshowを使用する事で再生出来るようになったりします。

機能②:オーディオデコーダー ffdshow_オーディオデコーダー_アイコン

オーディオデコーダー機能では主に以下の様な事が出来ます。

  • パソコンにインストールされていない音声コーデック、動画再生プレイヤーに内蔵されていない音声コーデックが再生出来る
  • ffdshowに内蔵している様々なフィルタ効果を掛ける事が出来る
    • イコライザ
    • チャンネル変更(モノラル・ステレオなど)
    • ディレイ
    • 音声の遅延(音声を遅らせたり早めたり)
    • …etc(その他、めちゃくちゃ色んな事が出来ます)

文字通り、「音声」に対して色々なフィルタを掛けたり出来ます。

機能③:DXVA ffdshow_dxva_アイコン

DXVA機能を使用して動画を再生する機能です。

DXVAというのは、パソコンのグラフィックボード機能を利用して動画を再生する機能です。

通常、動画再生の処理はCPUが全て行う為、高解像度・高ビットレートの動画などを再生すると動作が非常になったりしてしまいますが、DXVA機能を使用する事でCPU負荷を大幅に下げる事が出来ます。

ただ、この機能に対応しているコーデックは「H.264」と「VC-1」のみとなります。

しかも、同じ「H.264」を使用されているファイルでも、ファイルによって上手く再生出来なかったりもする事もあるので、あまり完成度の高い機能では有りません。(ただ、DXVAを有効にして再生する事が出来たら大幅にCPU負荷が下がります)

機能④:VFW ffdshow_vfw_アイコン

ffdshowのVFWコーデックを使用してAviUtlなどのエンコソフトで動画をエンコード出来る機能です。

なので、基本的に動画をエンコードとかしない人には無縁の機能です。

また、エンコードする人も、特段このVFWコーデックからエンコードするメリットが無いので、この機能を使用するメリットは殆どありません。

※言ってしまえばほぼ不要な機能

ダウンロードとインストール方法

ffdshowのダウンロードとインストール方法について紹介します。

※既にffdshowをインストールしていて、再度最新バージョンをインストールする場合、旧バージョンのffdshowを削除してからインストールするようにして下さい。

  1. こちらのページから「ffdshow」本体ファイルをダウンロードする
    • 32bitOSの人は32bit版、64bitOSの人はどちらでもOKです(64bit版の方には「64」という数字が記載されています)
      ※ただし、それぞれbit数に応じたソフトからしか使用する事が出来ないので注意です(例えば64bit版OSのWindows Media Playerは64bitですが、これは64bitのソフトなので64bitのffdshowしか使用出来ません)
  2. ダウンロードしてきた「ffdshow_rev~~.exe」というファイルを起動する
  3. 「次へ」をクリック
    ffdshow_インストール1
  4. 「次へ」をクリック
    ffdshow_インストール2

    • 先述した「DXVA」機能を使用したい場合は「DXVA video decorder」にチェック(推奨)
    • AviSynth」「VirtualDub」などの動画編集ソフトからffdshowの機能を使いたい場合はチェック
  5. 「次へ」をクリック
    ffdshow_インストール3

    • 他にミキサー等を使用していなくてffdshowでミキサー設定したい場合は、自分の環境に合わせてチェック
  6. 「インストール」をクリック
    ffdshow_インストール4
  7. 「完了」をクリック
    ffdshow_インストール5

これでインストールは終了です。

各再生ソフトでffdshowを使用出来るようにする為の設定

インストールした後は、各再生プレイヤーからffdshowを使えるようにする為の設定を行わなければなりません。(ffdshowをインストールしただけでは、使用されない)

それぞれの再生プレイヤーの設定については以下を参考にして下さい。

ffdshow自体の設定方法

ffdshowは非常に多機能な機能なので、この記事内で説明するとかなり長ったらしくなってしまいますので、別記事にてまとめます。

ffdshowで高画質で動画を再生する設定方法【ビデオデコーダー】

このページの情報は以上です。

関連ページ:【ffdshow】ファイル毎にフィルタ設定を変更する方法【プリセット・プロファイル】

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 小松 より:

     画像も、ふんだんに使われていて、

    丁寧な説明で、とてもわかり易かったです。

  2. 伊藤 より:

    こちらのページから「ffdshow」本体ファイルをダウンロードする

    と書いてありますが、どこにDLするリンクがあるか分かりません。