【AviUtl】さつき氏のスクリプトまとめ(2/6)【@ANM1効果一覧】

AviUtlスクリプト製作者「さつき」氏が公開しているスクリプト集の「ANM1」効果についてのまとめです。

「TA」系と違って、「テキスト」「画像」「動画」「カスタムオブジェクト」などの色々なオブジェクトに適用出来ます

各項目の詳しい意味については、付属の「使い方.txt」を見ると分かり易いです。

導入方法については以下記事を参考。

スポンサードリンク

各効果一覧

明滅登場

点滅しながら登場・退場します。

明滅登場

斜めブラインド

角度を指定してブラインド登場・退場出来ます。

斜めブラインド_退場

マスクPlus

「マスク」エフェクトと似たような効果です。

マスクPlus

本家「マスク」エフェクトと比較して、

  • マスク部分の透明度を設定出来る
  • ライン幅を設定出来る
  • 「マスクの反転」が出来ない

などの違いが有ります。

片側ぼかし

「境界ぼかし」エフェクトの「片側だけぼかす事が出来るバージョン」です。

片側ぼかし

使用の際は、オブジェクト本体の「拡大率」を変更してしまうと効果が上手く適用されないので、オブジェクトをリサイズしたい場合は、「片側ぼかし」より後に、「基本効果」の「拡大率」「リサイズ」などのエフェクトを使用してリサイズする必要があります。

内側シャドー

オブジェクトの内側だけに「シャドー」エフェクトを掛ける事が出来る効果です。

内側シャドー

使用するには、以下ページにあるDLページにて「extbuffer.lua」と「extbuffer_core.dll」ファイルをAviUtlフォルダに移動させる必要があります。

また、パラメータの「拡散」を使用するには「extbuffer.lua 」をメモ帳で開いて、文字コードを 「ANSI」 で保存し直す必要があります。

縁取りPlus

本家の「縁取り」エフェクトで「拡散」パラメータを追加した効果です。

縁取りPlus

「内側シャドー」と同じく、「extbuffer.lua」と「extbuffer_core.dll」ファイルをAviUtlフォルダに移動させる必要があります。

ランダムラスター

ランダムな「ラスター」エフェクト的な効果です。

ランダムラスター

ランダム色ずれ

ランダムに「色ずれ」エフェクトが掛かる効果です。

ランダム色ずれ

自動方向ブラー

移動・速さに応じて自動的に方向ブラー・色ずれをかける事が出来る効果です。

振動Plus

本家「振動」エフェクトに機能をプラスしたような効果です。

振動Plus

  • 類似効果

twitchっぽいもの

「色ずれ」と「振動」と「シャドー」と「ブラー」と「グロー」(?)と「拡大率」を組み合わせたような効果です。(よくわかりません。。)

塗りつぶし

「単色化」エフェクトと同じような効果です。

違いとしては「合成モード」を指定出来るという点だけです。

塗りつぶし

段階グラデーション

段階的にグラデーションを掛ける事が出来るエフェクトです。段階数を指定する事が出来ます。

段階グラデーション 本家「グラデーション」
段階グラデーション 普通のグラデーション

段階数を最大まで上げれば本家の「グラデーション」エフェクトと同等の効果になります。

円形並べ

「円形配置」エフェクトと似たような効果です。

円形並べ

「円形配置」で十分物足りる気がするので、使用する必要性がよく分かりません。。

※「距離」パラメータを大きくした場合は、「基本効果」の「領域拡張」エフェクトを使用する必要があります。

円形並べ-カメラ制御

これについても「円形配置」エフェクトで代替出来ます。使用する必要性がよく分かりません。。

円形並べ-カメラ制御

円形に並べる(順)

円形に並べたオブジャクトを1つずつ順番にフェードさせる事が出来る効果です。

円形に並べる(順)

円移動

オブジェクトを円運動させる事が出来る効果です。

円移動

ランダム配置

「ランダム配置」エフェクトの上位互換的な効果です。

かなり細かい事まで設定出来ます。

ランダム配置

画像ループ2

「画像ループ」エフェクトと似た効果です。

画像ループ2

「画像ループ」エフェクトと比較して、

  • Z軸への画像ループが出来る
  • コピーしたオブジェクト間の距離を指定出来る
    • 「画像ループ」エフェクトだと「領域拡張」を使用しないと距離を指定出来ない
  • 各オブジェクトをX,Yに移動させる事が出来ない

などの違いが有ります。

画像ループ3

「画像ループ」エフェクトの「速度X」「速度Y」だけを設定出来る感じの効果です。

画像ループ3

一方向に並べる

オブジェクトを1列に指定した数だけコピーさせる事が出来る効果です。

一方向に並べる2

こんな感じ↓で回転させたりも出来ます。

回転軸
0 1 2
一方向に並べる0 一方向に並べる1 一方向に並べる2

パーティクル再現

本家「パーティクル出力」オブジェクトを3D(Z軸)に対応させたバージョンです。

パーティクル再現

コインが3D的に落下してるような感じのを作れたりします。

ただ、「パーティクル出力」オブジェクトより機能は少し劣ります。

キラキラ

オブジェクトが一点から周りに散りつつ、フェードアウトする効果です。

キラキラ

各辺を伸縮させる

オブジェクトの各辺を伸縮させる事が出来る効果です。

各辺を伸縮させる

アニメーション効果の「弾む」と組み合わせて「ぷるるん」とさせたりに使えるかもしれません。↓例

以下のサイトが参考になります。

あと「ループANM」効果を上手に使用しても、同じような事が出来るかもしれません。

ループANM

しきい値フィルタ

「しきい値」に応じて指定したエフェクト効果が定期的に発動します。

「設定」ボタンからエフェクト名や項目名を指定します

ランダム点滅

ランダムな間隔で点滅させる事が出来る効果です。

ランダム点滅

伸縮登場

伸縮して登場させる事が出来る効果です。

伸縮登場

ぽよよーんと登場

「ぽよよーんと登場」と登場させる事が出来る効果です。

種類
 0 1 2 3 4
ぽよよーんと登場0 ぽよよーんと登場1 ぽよよーんと登場2 ぽよよーんと登場3 ぽよよーんと登場4

モザイクマスク

モザイク状にマスクする事が出来る効果です。

モザイクマスク

格子状マスク

格子状にマスクする事が出来る効果です。

「オブジェクト分割」エフェクトで「拡大率」を変更しても同じような効果になります。

反転OFF 反転ON
格子状マスク0
格子状マスク0
格子状マスク1
格子状マスク1

ギザ円クリッピング

ギザギザにクリッピングする事が出来る効果です。ギザギザの大きさは変更出来ます。

反転OFF 反転ON
ギザ円クリッピング0
ギザ円クリッピング1
ギザ円クリッピング1
ギザ円クリッピング2

分割登場-スライス

横・縦にスライスした状態で画面外から登場・退場させる事が出来る効果です。

「モード」の設定を組み合わせると8種類(縦横でx2)の登場パターンがあります。

縦の交互
分割登場-スライス_交互_横方向 分割登場-スライス_交互_縦方向 分割登場-スライス_交互_交互

シーンチェンジの「スライス」と似たような感じです。

分割登場-回転

横・縦にスライスした状態で回転しながら登場・退場させる事が出来る効果です。

分割登場-回転

分割登場-四角

四角形に分割されて登場・退場させる事が出来る効果です。

分割登場-四角

ロール-カメラ

オブジェクトを3D的に歪曲させる事が出来るエフェクトです。

「屈折率」を最大まで上げるとロール状になります。

屈折率
500 40 20
ロール-カメラ0 ロール-カメラ1 ロール-カメラ2

球体分解-カメラ

オブジェクトを3D的に歪曲させる事が出来るエフェクトです。

「屈折率」を最大まで上げると球体状になります。

屈折率
500 20 0
球体分解-カメラ500 球体分解-カメラ20 球体分解-カメラ0

歪曲-カメラ

中心を基準にオブジェクトを3D的に歪曲させる事が出来る効果です。

屈折率
50 100 150
歪曲-カメラ_歪曲50 歪曲-カメラ_歪曲100 歪曲-カメラ_歪曲150

XYスケール

単純にX,Y軸に引き延ばす事が出来る効果です。

XYスケール

通常、オブジェクトを引き伸ばしたり縮めたりするには、「縦横比」を変更して、「サイズ」や「拡大率」で調整するという過程を踏む必要がありますが、この効果を使用する事で1発でXY軸にそれぞれ延伸させる事が出来ます。

砕け散る2

本家の「砕け散る」効果は「何秒後に砕け始めるか」を指定するのかに対し、「砕け散る2」は「砕け散る程度」を直接指定出来ます。

多分、本家の「砕け散る」よりこちらの方が扱いやすいです。

砕け散る2

砕け散る3

「砕け散る2」の仮想バッファを指定出来るバージョンです。

仮想バッファを指定できるので、他エフェクトにも対応しています。

RGB色調補正(加減算)

「拡張色調補正」とほぼ同じような効果です。

「拡張色調補正」で事足りるし、「拡張色調補正」の方が高機能なので特段使う必要はないかもしれません。(こっちのが手軽ですが)

R:100 G:100 B:100
RGB色調補正(加減算) RGB色調補正(加減算)1 RGB色調補正(加減算)2

RGB色調補正(オーバーレイ)

赤・緑・青をオーバーレイ合成させる事が出来る効果です。

R:100 G:100 B:100
RGB色調補正(オーバーレイ)1 RGB色調補正(オーバーレイ)2 RGB色調補正(オーバーレイ)3
スポンサーリンク