BDディスクのAACSを解除できるおすすめソフト4選【2016】

BDにかけられているコピーガード「AACS」を解除して、パソコン等にリッピングする事が出来るソフトについて紹介します。

最初に(お約束)

著作権のあるコンテンツ(映画・地デジ・BS・CS等)のコピーガードを回避してコピー(リッピング)する事は違法です。

※著作権があるものに対してこれらのツールを利用する場合は、視聴目的に限られます

スポンサードリンク

まずAACSの前提として知っておくべき事

AACSを知らない人のために一応最初に書いておきます。

AACSは、その仕組み上、プロテクトを”完全に”破る事は現状不可能です。

※仕組みを知れば、「ああ、これはムリだ」って理解出来ると思います。

「いや、実際に破られてるじゃん!」って思うかもしれませんが、これは一時的に破っているだけで、すぐにAACS側で簡単に対策されてしまっているのです。

※DVDに使われてるCSSっていうプロテクトもAACSと同じような仕組みなのですが、CSSの「暗号の解読キーを生成するアルゴリズム」がチンチクリンだった為に、現在ではコピーガードとして意味を成さなくなっています。(フリーソフトでも簡単に解除できちゃう)

現状、「ハッカーがプロテクトを破る」→「AACSのバージョンが上がる」→「ハッカーがプロテクトを破る」・・・みたいなのをいたちごっこで繰り返しているという事です。

これは恐らく、今後一生変わる事は無いと思われます。

むしろ、プロテクトを破れば破るほどAACSのバージョンが上がって、時が経てば経つほど突破するのが難しくなると思われます。

というわけで、このようないたちごっこをフリーソフトで繰り広げるなんていかんせん無理な話なので、フリーソフトだとV10くらいまでのAACSしか解除できません。

最新のAACSを解除したい場合は、有償ソフトの導入が必須となります。

※どうしてもフリーソフトでリッピングしたい!という人はDVDで妥協してください。(DVDなら100%リッピングできます)

地デジをBDにリッピングしたもののAACSを解除したい!」と思っている人は、「TS抜き」で録画したほうが遥かに効率的なので、考えを改めたほうが良いです。

地デジのAACSを解除するのは違法ですが、TS抜きは違法では有りません

AACSを解除できるソフト

最新のAACSを解除できるソフトは、現状2ソフト(どちらも有料)しかありません。

どちらも有料サポート期間中なら、常に最新のAACSを解除出来ます。

AnyDVD HD(有料)

anydvd_icon

プロテクト解除ソフトの王道「AnyDVD HD」です。

DVDとかリッピングした事ある人なら一度くらいは聞いたことがある名前だと思います。(狐のアイコンがマークです)

主な機能としては以下のような感じです。

  • 全バージョンのAACSを解除できる
  • リージョンコードも除去できる
  • HDCPにより制限も取っ払ってくれる(HDCP対応機器以外でも観れるようになる)
  • アナログコピーの制限も取っ払ってくれる
  • ・・・etc

というわけで、至れり尽くせりなソフトです。

サポート期間としては、

  • 1年:63EUR(日本円で8,000円くらい)
  • 2年:79EUR(日本円で10,270円くらい)
  • 3年:93EUR(日本円で12,090円くらい)
  • 4年103EUR(日本円で13,390円くらい)
  • 永久:119EUR(日本円で15,000円くらい)

※1EUR=130円で計算

って感じです。

「これからどんどんBDをリッピングしていくぜ!」という人は、「永久」がかなり割安なのでオススメです。(「それまでBDディスクが存続しているか?」と訊かれれば微妙ですが…(-ω-))

正直、最新AACSを解除するならこのソフト一択と言って良いと思います。

※試用期限として21日間無料で使用出来ます。

→公式サイトへ

追記:2016年2月25日

AnyDVD HDを販売していたSlySoftのサイトは2016年2月24日に閉鎖しました。(販売停止です)
AnyDVDやCloneDVDで有名なSlySoftが閉鎖された模様【2016年2月24日】

なので、(AACSを解除したいなら)これからは「DVDFab 」一択となります。

DVDFab Passkey for ブルーレイ(有料)

dvd_fab
(アイコンは西遊記の孫悟空を意識したデザインのようです)

最近日本で台頭してきた中国の会社(フェンタオソフトウェア)製のソフト、「DVDFab」シリーズのソフトです。(通称:猿)

※ちなみに「AnyDVD HD」を作ってる会社は「SlySoft」というイギリスの会社

機能的には、「AnyDVD HD」とほぼ(というか全く?)同じです。(このページの下の方に載ってます)

なので、性能的には申し分有りません。あと値段も「AnyDVD HD」より若干安いです。

  • 1年:$50(日本円で6,000円くらい)
  • 2年:$59(日本円で7,000円くらい)
  • 3年:$69(日本円で8,200円くらい)
  • 4年:$79(日本円で9,400円くらい)
  • 永久:$94(日本円で11300円くらい)

※1$=120円で計算(ここで記載している価格は変動する可能性有りです)

たぶん、完全にAnyDVD HDを意識してるんでしょうね。

あと、このソフトは、この公式サイトからしか買えない上に、クレジット払いにしか対応していないので、購入の際は少し勇気(?)が要ります。

サイト内で安全と謳っている、クレジットを決済する会社も「RONHAN 」という中国の会社らしいので、(私個人的には)信用出来ないですね・・・

中国は素晴らしい国だし大丈夫!」と思う人は、「AnyDVD HD」よりオススメかもしれません。

試用期限として30日間無料で使用出来ます。

公式サイト

ちなみにこのソフトは、日本のサイトからも買う事が出来ますが、これらのソフトは日本の法律を遵守しているために、コピーガード(AACS,CPRM)を外す機能が外されています。

ただ、中国のサイトから購入するよりも安く買える上に、ライセンス契約じゃなくて「買い切り」なので、かなりお得です。

しかも、”ある方法”をすれば、これらのツールでもコピーガードを外す機能を付ける事が出来ます。(詳しくは「Boooya」という単語で検索してみてください)

DVDFab Passkey Lite(無料)

passkey-lite

AACSのV10までを無償で解除出来る「DVDFab」シリーズのフリーソフトです。

「DVDFab Passkey for ブルーレイ」のフリーバージョン的な位置づけっぽいです。

かなり古いBDレコーダーとかPCなら、AACSはこれくらいなので使用できると思います。

自分の使用している機器がAACS V10しかないなら、このソフトを使用し続けるのも手ですね。(最新BDのAACSは解除出来ませんが)

あとDVDのCPRMも解除出来るっぽいです(?)

公式サイトの説明は、日本語が不自由な人が書いたっぽくて、「CPRMが解除出来る」っていう記述があったり、出来ないっていう記述があったり、よく分かりません(´・ω・`)

知りたい人は実際に使ってみてください。。

個人的に、「DVDFab HD Decrypter」はなんとなく使いづらいので、「DVDFab Passkey Lite」と「ImgBurn」などのライティング・リーディングソフトを組み合わせて使用するのが良いと思います。

公式サイトへ

DVDFab HD Decrypter(無料)

dec

このソフトも「DVDFab Passkey Lite」と同じく、AACSをV10までを無償で解除出来る「DVDFab」シリーズのフリーソフトです。

あと解除だけじゃなくて、コピー機能も付いてます。

※ここで言う「コピー機能」っていうのは、動画をDisk形式のままPCに落としこむ事を言います。動画形式(.mp4とか)にエンコ出来るわけじゃないので注意。

ネットを探っていると、「V10以上のAACSも解除出来る!」みたいな事書いてるサイトさん(http://www.backupstreet.com/tools/dvdfab_decrypter.html リンク切れ)も有ったので、もしかしたらV10以上も解除出来るかもしれないです?(公式が間違ってるのかもしれないです)

公式サイト

まとめ

というわけで、(個人的に)「本格的にAACSを解除していきたい!」って場合は「AnyDVD HD」一択だと思います。

というかBDってビックリするくらい普及してないですよね。

外付けHDDの方が便利だし安いしってのもを有りますけど、AACSの仕組みが普及を妨げてる感が否めないですよね・・・(-ω-)

自分が完全に支配する事が出来ないメディアなんか需要あるわけないですからね。。

今後新しいディスク規格が出るとしても、AACSよりプロテクトが弱くなる事なんてあり得ないだろうし、というかむしろ強くなる可能性の方が強いし、もう実体のある記録メディアの時代は終わりなんでしょうかねー。

関連ページ:DRMを解除する方法まとめ【デジタル著作権管理】

関連ページ:DRMとは?コピーコントロールとアクセスコントロールの違い【コピー制御・アクセス制御】

関連ページ:色々なコピーガードを解除する方法まとめ【AACS・CSS・CPRM・Cinavia・HDCP】

スポンサーリンク