【AviUtl】動画ファイルを読み込む方法【フロー】

AviUtlで動画ファイルを読み込むには、

  1. 「AviUtl本体ウィンドウ」から読み込む
  2. 「拡張編集」から読み込む

という2通りの方法が有ります。

これらの方法・違いについて簡単に紹介します。

※以下で説明している”AviUtl内部のフロー”については適当な認識でOKです。(理解する必要なし

スポンサードリンク

「AviUtl本体ウィンドウ」から読み込む方法

AviUtl本体ウィンドウから動画を読み込むには、以下の2通りの方法が有ります。

  1. 「ファイル」→「開く」から動画ファイルを指定して開く
    screenshot_68
  2. 本体ウィンドウに動画ファイルをドラッグ&ドロップする
    s-2016-02-29_07h13_48

「AviUtl本体ウィンドウ」から読み込んだ場合のフロー

例えば、「1920x1080px 30fps」な動画を読み込んで、出力するまでの流れは以下の様な感じになります。
honntai-yomikomi

単純です。(そのまんまです)

※このフロー図の意味がよく分からない人は、フィルタ順序の記事を見て下さい。

「拡張編集」から読み込む場合

拡張編集から動画を読み込むには、以下の2通りの方法が有ります。

  1. 拡張編集タイムラインに動画ファイルをドラッグ&ドロップする
    2016-02-23_10h20_05

    • ドラッグ&ドロップすると以下の「新規プロジェクトの作成」というウィンドウが表示される
      新規プロジェクトの作成
      ・例えば、「1920×1080な動画を読み込んだけど1280×720までリサイズしたい!」って場合には、「画像サイズ」を「1280」「720」と指定してやれば良い
      ・「読み込むファイルに合わせる」にチェックを入れると、読み込んだ動画ファイルの「解像度」「フレームレート」に合わせて設定される
      (通常はチェックを入れとけば良い)
  2. 「メディアオブジェクトの追加」→「動画ファイル」を追加した後、設定ダイアログに動画ファイルをドラッグ&ドロップする

「拡張編集」から読み込んだ場合のフロー

例えば、拡張編集から「1920x1080px 30fps」な動画を「読み込むファイルに合わせる」にチェックを付けて読み込んだ場合のフローは以下の様な感じになります。
kakutyou-yomikomi

「拡張編集」というのは、あくまで”フィルター”(プラグイン)なので、拡張編集から読み込んだ場合にも、AviUtlの本体にダミーの動画ファイルが読み込まれる事になります。

※この場合、拡張編集から読み込んだ動画の解像度・フレームレートに合わせられるので、「1920x1080px 30fps」というダミー動画が設定される

もし、「画像サイズ」を「640x480px 30fps」などと指定して読み込んだ場合には、「ダミーの動画ファイル」の方も「640x480px 30fps」と設定されます。

本体と拡張編集の両方から読み込んだ場合は?

先ほども書きましたが、「拡張編集」というのは、あくまで”フィルター”(プラグイン)なので、本体ストリームの上に被せて表示しているような状態になります。

なので、本体と拡張編集の両方から動画ファイルを読み込んだ場合には、拡張編集の方で読み込んだ動画ファイルで上書きされます

つまり具体的に言うと、拡張編集のタイムラインで「何も無い部分」に現在フレームを移動させると、本体ウィンドウで読み込んだ動画が表示されるみたいな感じになるという事です。

このページは以上で終わりです。

関連ページ:AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

コメント一覧

  1. マンダム より:

    本体側では動画を読み込まないでくださいみたいな注意文が書いてあったページが見当たらない。
    なんか頭の隅でその注意文具体的にどんな内容だったっけと思って探してるんだが