【AviUtl】x264guiExとは?特徴や出力形式について(1/3)

AviUtlは、名前の通りAviUtlなので、「.avi」形式でしかエンコード出来ません。

しかし、「プラグイン」を導入する事で、様々な動画形式でエンコードできるようになります。

この記事では、AviUtlで「.mp4」形式でのエンコードを可能にする「x264guiex」出力プラグインの特徴などについて簡単に紹介します。

スポンサードリンク

x264guiExとは?

x264guiex_メイン画面

x264guiexは、フリーの動画エンコードソフトである「x264」を、AviUtlから扱えるようにした出力プラグインです。

一言で言うと、「AviUtlで高画質・低容量で動画を出力できるようになるプラグイン」ということです。

特徴

この出力プラグインには、主に以下の様な特徴があります。

  • 無料
  • 導入方法がすごく簡単
    • インストーラーを起動させるだけ。
  • 専門用語を全く知らない動画初心者でも簡単に高画質でエンコード可能
    • Youtube用」や「ニコニコ動画用」などの”プリセット”をあらかじめ用意してくれているので、「ビットレート」や「キーフレーム」などの専門用語を全く理解していなくても、初心者でも簡単に直感で操作できる。

という事で、このプラグインを使用すれば、初心者でも簡単に「高画質・低容量」で動画をエンコード(出力)出来るということです。

昨今では、「AviUtlでエンコードと言えばx264guiEx!」というくらい主流になってきています。

出力可能な動画仕様

x264guiExで、出力可能な動画仕様は以下のとおりです。

  • 動画形式:
    • MP4 or MK4
  • 映像コーデック:
    • H.264
  • 音声コーデック:
    • AAC/LPCM/MP3/Vorbis/ALAC/FLAC・・etc

このページの情報は以上です。

次ページ【AviUtl】x264guiExの導入方法と使い方(2/3)【MP4出力】

関連【AviUtl】Youtube用の高画質・高音質な動画を作る方法【x264guiEx】

関連【AviUtl】ニコニコ用の高画質・高音質な動画を作る方法【x264guiEx】

関連x264guiExの色々なエラーの原因と対策【エンコ失敗】

スポンサーリンク

フォローする