【AviUtl】x264guiExでMKV出力する方法

AviUtlの出力プラグインx264guiExでは、「MP4」以外にも「MKV」形式でも動画を出力する事が出来ます。

その方法について紹介。

スポンサードリンク

MKVで出力するメリット

MKVという動画形式(コンテナ)を使用するメリットは、「コンテナとして多機能である」という一点です。

例えば、

  • 字幕(.srt)を追加出来る
  • 多重音声に出来る
  • 対応コーデックが多い
  • グローバルである(?)
    • 海外ではMKVが主流らしい(?)
  • ・・etc

などが有ります。

「動画さえ見れれば何でも良いよ」って人はMP4で出力しておけばOKです。

MKV(.mkv)で出力する方法

簡単に一言で言うと、「mkv」というタブの「外部muxer」というチェックを外して、「ファイルの種類」を「mkv」に変更して「保存」をクリックしてエンコードを開始するだけです。

以下、詳しい手順です。

AviUtlのメニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択して、ビデオ圧縮画面を開く。(図1)

screenshot_79

設定画面を開いて、画面右下にある「mkv」タブをクリックして、「外部muxer」というチェックを外す

mkv_muxer_x264guiex

「OK」を押して画面を閉じて、「ファイルの種類」を「mkv」に変更して「保存」をクリックしてエンコードを開始する

screenshot_315

以上でMKV形式で動画を出力出来ます。

古いx264guiExを使ってる人

※最新のx264guiExを使ってる人には関係の無い項目です

今の最新の「x264」には「mkv」のmuxerが標準で装備されているので「mkv用の外部muxerをわざわざダウンロードしてきてパスを通す」みたいな面倒な事をする必要が有りませんが、

内包していないx264を使用している場合はこのサイトから「MKVtoolnix」というツールをダウンロードしてきて、中に入っている「mkvmerge.exe」をAviUtlの「exe_files」フォルダにでも移動させて「mkvmerge.exeの指定」の部分にパスを入れる必要があります。

muxer_x264_一覧
▲内包しているmuxer一覧は、x264.exeの–fullhelpから見れます

古いx264guiExを使ってる人(例えばVista以前のOSを使ってたりする人)なんかは注意した方が良いかもしれません。

このページは以上で終了です。

関連ページ:【AviUtl】x264guiExの各設定項目の解説(3/3)【初心者向】

関連ページ:x264guiExの色々なエラーの原因と対策【エンコ失敗】

スポンサーリンク