Windows Media Playerからffdshowを使用する為の設定方法について

Windowsのデフォルト動画再生プレイヤーである「Windows Media Player」から、コーデックパック兼DirectShowフィルターである「ffdshow」を利用出来るようにする設定方法について紹介します。

※ffdshowの導入方法や簡単な機能の解説を以下記事にて紹介しています

スポンサードリンク

設定の手順

Windows Media Playerでは、使用するデコーダー(コーデック・Directshowフィルター)の順序を設定する為の設定項目が有りません。

その為、「Windows自体のデコーダーの優先順序」を変更してやる必要が有ります。

デコーダーの優先順序を変更するには「Win7DSFilterTweaker」というツールを使用します。(このツールは「Windows7,8,10」専用です)

それ以前のOSの場合は「DirectShow Filter Tool」というツールを使用します。

※他にも変更出来るツールは有りますがこの記事内ではこれらを使用します

Win7DSFilterTweakerにて設定する方法

Win7DSFilterTweakerを使用してデコーダ順序を変更する方法です。

  1. こちらのページ(もしくはこちらのページ)から「Win7DSFilterTweaker」本体ファイルをダウンロードします
  2. ダウンロードしたファイルを実行します
    Win7DSFilterTweaker_アイコン
  3. 「Preferred decorders」をクリックします
    Win7DSFilterTweaker_画面
  4. 32bit再生プレイヤー・64bit再生プレイヤー、それぞれで再生した場合に使用するコーデックを選択します
    Win7DSFilterTweaker_コーデック
    「全てのコーデックのデコード処理をffdshowに任せたい」って場合は全て「ffdshow」にチェックを付けます。
    ※「H.264」と「VC-1」についてはDXVAを有効にしたffdshowも選択出来ます
  5. 「Apply & Close」をクリック
  6. 次に「Media Foundation」をクリック
  7. Windowsがデコードしようとする動画形式(コンテナ)のON・OFFを指定します
    Win7DSFilterTweaker_コンテナ
    ffdshowに全て任せる場合は、「Disable for these formats」にチェックを付けます。
  8. 「Apply & Close」をクリック

これであとはWindows Media Playerで普通に動画を再生すると、ffdshowを使用して再生されるようになります。

DirectShow Filter Toolにて設定する方法

DirectShow Filter Toolを使用してデコーダ順序を変更する方法です。

  1. こちらのページから本体ファイルをダウンロードします
  2. ファイルを解凍する
  3. 「dftool.exe」をダブルクリック
  4. 左下の「フィルタの選択」にて「すべて」を選択
  5. 「ffdshow Video Decorder」と「ffdshow Audio Decorder」の「メリット値」を「ffffffff」などに変更する(大きければOK)
  6. 「閉じる」をクリック

以上で完了です。

ffdshowが有効にならない場合

また、ビデオデコーダーのアイコンは表示されるけど、オーディオデコーダーのアイコンが表示されない!」ってな場合(又は逆のケースなど)は以下の様にする事で直るかもしれません。

  • メリット値変更
    1. オーディオデコーダー・ビデオデコーダーそれぞれの設定を開き、「DirectShowのコントロール」を選択
    2. 「メリット値」を「とても高くに変更」する
    3. 「ffdshowを使用しない」と「ffdshowを使用する」のチェックを外す
      ffdshow_メリット値

これを試しても有効にならない場合は、そもそも再生しようとしている動画のコーデックがffdshowに対応していない事が考えられます。