フレームレートとは?VFR(可変)とCFR(固定)の違い

動画には、

  • CFR(固定フレームレート)
  • VFR(可変フレームレート)

の2種類が有ります。

動画編集する場合は、非常に重要な事柄なので、頭の片隅にでも記憶しておくの推奨です。

スポンサードリンク

フレームレートとは?

動画というのはそもそも、画像をパラパラ漫画みたいにペラペラめくっていって動いてる風に見せかけているだけです。

パラパラ漫画
出典:パラパラマンガ – Wikipedia

そのような「1秒当たりのパラパラ漫画の枚数」の事を「フレームレート」と言います。(単位はfpsで表します)

パラパラ漫画の枚数(フレームレート)を多くすれば動画が滑らかになりますし、少なくすればカクカクな動画になります。

私達が普段見ている動画の殆どは30fps(1秒当り30フレーム)です。

それぞれの特徴

vbr_cbr違い

CFR

動画の全ての区間で、フレームレートが「一定」(固定)な動画のことをCFR(固定フレームレート)動画と言います。

一定なので、例えば30fps動画(1秒当り30枚)の場合、どの区間でも30fpsです。変わりません。

VFR

動画によっては、ほとんど動きがない(変化が無い)シーンというのも当然存在します。(カメラを固定して夜景を撮影している場合とか)

そういう場合、全フレーム同じ描写をしてしまうと容量的に勿体無いので、フレーム数を下げたりして(可変させて)描写することでファイルサイズを削減することが出来ます。

例えば、

  • ここの区間は動きが激しいから”フレーム”の数を多くして動きを滑らかにしよう
  • ここの区間は全然動きが無いから”フレーム”の数を少なくしよう

と言うような感じで、動画の内容に合わせて適切なフレームレートが割り振られます。

このように、フレームレートが可変する動画のことをVFR(可変フレームレート)動画と言います。

(プチ)まとめ

■CFR

  • VFRと比べてファイルサイズが大きくなる
  • VFRと比べて動画がカクカクになり気味になる
  • 再生中のシーク処理(早送り、巻き戻し)が速い
  • ファイルサイズが予測出来る
  • 動画編集などの素材として扱いやすい

■VFR

  • 再生中のシーク処理(早送り、巻き戻し)が遅い
  • 適切にフレームレートを割り当ててくれるので、動画が滑らかになる
  • CFRに比べてサイズ容量が小さい
  • 動画編集などの素材として非常に扱いにくい(音ズレとか起きやすい)

最近のスマホやデジカメで撮った動画であれば大体VFR形式です。

YoutubeはVFRに対応していますが、ニコニコの場合プレミアム会員しか対応していないようです。(ニコニコはプレミアムであっても.wmv形式でVFRの場合は音ズレする場合が有ったりするかも?しれないです。)

2つの違いを図にすると?

CFR(24fps)
|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|
VFR(24fps)
|-|–|–|—|—|-|-|–|—-|–|–|-|-|-|—|–|—|–|–|–|–|–|–|–|

こんな感じで、CFRは一定の間隔で描写するのに対し、VFRはタイミングによって描写する回数が異なります

判別する方法

動画をパッと見ただけで判別する事は不可能です。

そこで、「MediaInfo」などのファイル解析ソフトを使用する事で簡単に判別する事が出来ます。

MediaInfoの導入手順や使い方については以下の記事を参照にしてください。
MediaInfoのインストール方法と使い方

実際に、MediaInfoを使ってデジカメで撮った動画とiPhoneで撮った動画を比べて見たのが、↓の比較画像です。

このようにCFRは29.97fps固定なのに対し、VFRでは、29.97(28.571~31.579fps)と可変している事が分かります。

CFR【デジカメ(CASIOのEX-H15)動画】

VFR【iPhone5動画】

cfr_mediaarea vfr_mediaarea

AviUtlではどちらが良いの?

AviUtlでは、どのような動画でも無理矢理にCFR(固定フレームレート)として編集します。(というかVFRとして編集できる動画ソフトとか無いと思います)

なので、元々VFR(可変フレームレート)の動画を編集しようとすると、無理やりにCFRの動画として扱うので、「映像」と「音声」がずれてしまう可能性が有ります。

図で表すと、以下のようになっているのに、

映像
|-|–|–|—|—|-|-|–|—-|–|–|-|-|-|—|–|—|–|–|–|–|–|–|–|
音声
|-|–|–|—|—|-|-|–|—-|–|–|-|-|-|—|–|—|–|–|–|–|–|–|–|

AviUtlで編集する事で以下の様になってしまうということです。(音声の方がずれる)

映像
|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|–|
音声
|-|–|–|—|—|-|-|–|—-|–|–|-|-|-|—|–|—|–|–|–|–|–|–|–|

図で表す大げさになってしまうので、かなりずれているように見えてしまいますが、実際は僅かなズレです。

ただし、ズレが顕著に現れる動画も有ります。(動きが大きい動画とか)

AviUtlで音ズレを防ぐには?

VFRの動画を編集する際に起こる、音ズレを防ぐには以下の方法が有ります。

  • 事前にVFRの動画をCFRに変換しておく
  • AviUtlで読み込む際に、CFRとして読み込む

事前にVFR動画をCFRに変換する方法としては、「AviSynth」や「HandBrake」というフリーソフトを使用する事で変換出来ます。

AviUtlで読み込む際に、CFRとして読み込む方法としては、「L-Smash work」や「DirestShow」プラグインの設定より、「VFR動画をCFRとして読むこむ」的な設定にチェックを入れる事で、CFR動画として読み込めるようになります。

l-smash cfr

フレームレートと入力する数値については以下を参考にしてください。

  • 59.94fps:60000/1001
  • 60fps:60000/1000
  • 23.976fps:24000/1001
  • 24fps:24000/1000
  • 29.97fps:30000/1001
  • 30fps:30000/1000

音ズレの原因と対策については以下の記事にてまとめているので参考にしてみて下さい。

ちなみに、VFRをCFRに変換するメカニズムとしては、「フレームレートが低くなっている区間」には前後同じフレームをコピーしてフレーム数を水増ししたり、逆に「フレームレートが高くなっている区間」には同じようなフレームを間引いてフレーム数を減らしたりして、無理やりに変換するようなイメージです。

まとめ

・フレームレートは、「動画の滑らかさ」を示す値

・CFRは、フレームレートが一定のこと

・VFRは、フレームレートが可変すること

・動画編集する予定ならCFRにしておいた方が良い(VFRは音ズレするし、そもそも編集には向いてない)

・それぞれの長所・短所があるので使い分けると良い

このページの情報は以上です。

関連ページ動画の「テレシネ」「逆テレシネ」の意味と違い

関連ページドロップフレームとノンドロップフレームの違いについて

関連ページキーフレームとは?Iフレーム・Pフレーム・Bフレームの違い【GOP】

コメント一覧

  1. じみ変 より:

    「2つの違いを図にすると?」の項目で、VFRとCFRの説明が逆ですよね?

  2. ジミー より:

    CFR(可変フレームレート)になってしまっている