【AviUtl】シーンチェンジ・ワイプの種類を追加する方法【transition】

AviUtlでは、PNG画像を、

  • シーンチェンジ
  • ワイプ(エフェクト)

の素材として追加できます。

例えば、

  • 有志が配布しているシーンチェンジ用のモノクロPNG画像
  • 自分でモノクロ化した画像

などを自作のシーンチェンジ・ワイプ素材として使用したり出来ます。

その方法について紹介します。

スポンサードリンク

シーンチェンジ・ワイプの種類を追加する方法

AviUtlフォルダの中に「transition」というフォルダを作って、その中にPNG画像を入れるだけです。

以下のような感じです。

  • フォルダ構成
    • AviUtl
      • transition ←新規作成する
        • ○○.png ←こんな感じで追加していく
        • ○○.png
        • ○○.png
        • ○○.png
      • exedit.auf

これで、

シーンチェンジ」「ワイプ」エフェクトの種類を追加できます。

○旧バージョンのAviUtlを使用している場合

コメントを頂いて気付いたのですが、

旧バージョンのAviUtlや拡張編集プラグインを使用している場合、

「AviUtl」直下ではなく、「Plugins」フォルダの中に「transition」を作らないと認識されないようです。

なので、旧バージョンのAviUtlを使用している場合はこのようにします↓。

フォルダ構成

  • AviUtl
    • Plugins
      • transition ←新規作成する
        • ○○.png ←こんな感じで追加していく
        • ○○.png
        • ○○.png
        • ○○.png
    • exedit.auf

○追加する上で3つの注意点

JPEG画像は、シーンチェンジ素材には使用できません

・モノクロ以外のPNG画像も使用できますが、キレイにシーンチェンジ・ワイプできないので非推奨です

・「トランジション = 切替効果 = シーンチェンジ」は全て同じ意味です

使い方

使用できるのは「シーンチェンジ」と「ワイプ」エフェクトのみです。

どちらも左下のリストボックスの中に、

「transition」フォルダに移動したPNG画像が追加されているので、普通に使用するだけです。

screenshot_3881 screenshot_3891
▲シーンチェンジ ▲ワイプ

「シーンチェンジ」「ワイプ」の使い方が分からない場合は、以下ページを参考にしてみて下さい。

参考シーンチェンジの使い方と種類
参考ワイプの使い方

使用例

以下、使用例です。

放射状(時計回り) 放射状(時計回り)
▲モノクロPNG画像 ▲←のモノクロPNG画像をシーンチェンジとして使用した例

このように、

モノクロPNG画像の白黒の濃淡に従って、「黒→白」へとシーンチェンジさせる事ができます。

また、「ワイプ」「シーンチェンジ」共に、「反転」にチェックを入れる事で「白→黒」へと反転させる事が可能です。

放射状_反転
▲「反転」ON

トランジション素材

トランジションのモノクロPNG素材については以下ページを参考にしてみて下さい。

このページの情報は以上です。

コメント一覧

  1. この機能は…… より:

    どうも追加されないようです。
    transitionフォルダにPNG画像を入れましたが、シーンチェンジに変化はありませんでした。
    AviUtl自体を何度となく再起動しましたがダメで。今はトランジションに対応しておられないのでしょうか。

  2. 解決しました。 より:

    原因が分かりました。
    transitionフォルダは、aviutlフォルダ直下に作るのではなく、さらに下のPluginsフォルダの中に作ることで、正常動作しました。