【AviUtl】登場・退場系エフェクト(フェード・ワイプ)の使い方

AviUtl拡張編集機能の「登場・退場」関係の「エフェクト」の使い方ついて紹介します。

※「登場・退場」に関しては「アニメーション効果」エフェクトにも多くの種類が有ります。

スポンサードリンク

フェード

「徐々に現れて段々消える」という効果を設定出来るエフェクトです。

※字幕表示などで手軽に使う事が出来て動作も軽い為、使用している人が多いです(デフォルト設定で十分使えます)

拡張編集_フェード

イン

フェードインしてくる時間を設定します(単位:秒)

フェード_イン

アウト

フェードアウトする時間を設定します(単位:秒)

フェード_アウト

使用例

フェードはどんなオブジェクトとも相性バツグンなので、何に使用しても合うと思います。

フェード
▲テキストにフェードを適用

※画面全体を変えたい場合は「シーンチェンジ」の「クロスフェード」「フェードアウトイン」などを使用しても同様の効果が得られます。

参考:シーンチェンジの使い方と種類について【拡張編集】

ワイプ

オブジェクトを様々な形状のワイプで、登場・退場させる事が出来るエフェクトです。

拡張編集_ワイプ

イン

ワイプインする時間を設定します。(単位:秒)

ワイプ_イン

アウト

ワイプアウトする時間を設定します(単位:秒)

ワイプ_アウト

ぼかし

ワイプ枠の境界をぼかします。

ワイプ_イン ワイプ_ぼかし60
▲ぼかし0 ▲ぼかし60

反転(イン)・反転(アウト)

ワイプする向きを変更出来ます。

ワイプ_反転ON ワイプ_反転OFF
▲どちらも反転ON ▲どちらも反転OFF(デフォ)

ワイプ形状

ワイプ形状_種類

ワイプする形状を変更する事が出来ます。

ワイプ形状
ワイプ_イン ワイプ_四角 ワイプ_時計 ワイプ_横 ワイプ_縦
▲ワイプ(円) ▲ワイプ(四角) ▲ワイプ(時計) ▲ワイプ(横) ▲ワイプ(縦)

使用例

「オブジェクト分割」エフェクトなどと組み合わせたりしても面白いかもしれません。

ワイプ_オブジェクト分割例(縦横分割数、それぞれ「3」)

SFCの「スーパーマリオワールド」のゴール後の演出とかにも「ワイプ(円)」みたいなのが使われていたりしますが、こんな感じで動いてるオブジェクトに合わせてワイプさせるというのは「ワイプ」エフェクトでは出来ません。

マリオ_ワイプ

「マスク」エフェクトで「マスクの種類」を「円」にして、ワイプしたいオブジェクトに中心を合わせて「サイズ」を小さくしていけば実現できます。(中間点を使うのは必須)

それか「上のオブジェクトでクリッピング」機能を使って「円」図形を挿入して、同じようにワイプしたいオブジェクトに中心を合わせて「サイズ」を小さくしていく方法でも可能です。

外部スクリプトによる登場・退場効果

TVオンオフ 砂状 斜めブラインド_退場 キラキラ 伸縮登場 モザイクマスク 分割登場-スライス_交互_横方向
▲TVオンオフ@ANM2 ▲砂状2 ▲斜めブラインド@ANM1 ▲キラキラ@ANM1 ▲伸縮登場@ANM1 ▲モザイクマスク@ANM1 ▲分割登場-スライス@ANM1