【AviUtl】拡張編集タイムラインの使い方【レイヤー】

AviUtlでの拡張編集における「タイムライン」について解説します。

タイムラインは「設定ダイアログ」と並んで重要な機能です。これを理解しないとAviUtlで動画編集する事が出来ないと言っても過言では有りません。

スポンサードリンク

タイムラインの出し方

メニューの「設定」→「拡張編集の設定」から表示・非表示を切り替える事が出来ます。

拡張編集タイムライン_画像
※チェックが付いているのに表示されない場合は、ディスプレイ外に行ってしまっている可能性があるので、AviUtl本体メニュー「ファイル」→「環境設定」→「ウィンドウの位置を初期化」を実行すれば表示出来る

AviUtlでの動画編集作業は、この拡張編集タイムライン(以下、タイムライン)をメインにして行っていきます。

※「拡張編集の設定」という項目がない!という人は以下記事にて拡張編集プラグインの導入を終わらせて下さい
AviUtlと拡張編集プラグインの導入方法【ダウンロード・インストール】

画面の見方

以下の画像を元に解説します。

レイヤー_画面の見方

①時間軸

右に行くほど時間が経過して行きます。

タイムライン_時間軸

②オブジェクト

このタイムライン上に「オブジェクト」と呼ばれる矩形の図形を配置していき、動画を作っていきます

ここで言うオブジェクトには以下の様なモノが有ります。

  • 動画(動画オブジェクト_画像
  • 画像(画像オブジェクト
  • 音声(音声オブジェクト
  • 図形(図形オブジェクト
  • …etc

「オブジェクトの長さ」は「オブジェクトが表示される時間」を表します。

オブジェクトの長さを変更するには、

  • オブジェクトの端をドラッグしてやる
  • オブジェクトを「右クリック」→「長さの変更」から数値を入力

の2種類の方法が有ります。

③レイヤー

下にあるレイヤーのオブジェクトほど、動画内では手前に表示されます。

※ただし「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)を挿入している区間では、レイヤー順ではなく設定ダイアログの「Z」パラメータの大きさに従って手前に表示されます。

レイヤー非表示

「レイヤー名」を左クリックする事でレイヤー自体を表示・非表示にする事が出来ます。

また、「レイヤー名」を右クリックする事でレイヤーに関するメニューが開けます。

レイヤー名_右クリック

  • レイヤーのロック
    • チェックを入れるとそのレイヤーのオブジェクトを編集出来なくできます。
  • レイヤーの表示
    • レイヤーの表示・非表示を切り替えます。
  • レイヤー名を変更
    • レイヤー名を変更する事が出来ます。
  • 他のレイヤーを全表示/非表示
    • 選択したレイヤー以外を全て非表示・表示にする事が出来ます。
  • レイヤーの挿入
    • 選択したレイヤー部分に新しくレイヤーを挿入出来ます。
  • レイヤーの削除
    • 選択したレイヤーを削除します。
  • 座標のリンク

④現在フレーム

現在選択中の動画フレームを指しています。

動画を停止中は、この現在フレーム(赤縦棒)で選択されているフレームがAviUtlの本体ウィンドウに表示されます。

⑤再生フレーム

動画を再生中の現在フレームを指します。

再生中はこの緑縦棒が右に移動して行きます。(再生中は緑縦棒のフレームがAviUtl本体ウィンドウに表示されます)

一時停止・再生の方法には2種類の方法が有りますが、微妙に効果が違います。

  • Spaceキーで停止:赤縦棒の位置に赤縦棒が戻ります。
  • 本体ウィンドウの再生・停止ボタン(再生ボタン)で停止:緑縦棒の位置に赤縦棒が移動します。

この違いを知っておくと便利です。

また、タイムライン上で「右クリック」→「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」にチェックを付けると、この緑縦棒が消え、代わりに現在フレームの赤縦棒が移動するようになります。

※プラグインを使用することで、「一時停止」と「停止」の両方をショートカットキーで行う事も可能になります
【AviUtl】ショートカットキーで停止・一時停止の両方を行えるようにする方法【プラグイン】

⑥最終フレーム

動画の終わり(最終フレーム)を指しています。

最後のオブジェクト位置を最終フレーム

「最終フレーム」は、タイムライン上で「右クリック」→「範囲設定」から変更出来ます。

ただ、「選択範囲」を指定した場合は、「最終フレーム」位置に関係なく、「選択範囲」として指定した区間が動画が出力されます

「選択範囲」はメインウィンドウにて選択範囲始まりボタンと選択範囲終わりボタンで選択するか、「SHIFT」キーを押しながら時間軸の目盛部分をドラッグする事で選択出来ます。

▼このように「選択範囲」を指定している場合は、「最終フレーム」の位置に関係なく、「選択範囲」部分が動画として出力されます
選択範囲
▲また、「本体ウィンドウの選択範囲」と「タイムライン上の時間軸の目盛り部分の選択範囲」は、それぞれ連動しています。(どちらから指定しても良い)

⑦シーンの選択

「シーン」を選択する事が出来ます。

メインの編集画面「Root」にオブジェクトが多くなりすぎて管理しづらくなった時や、同じようなシーンを使いまわしたりする時に使用します。

作成したシーンを「シーン」オブジェクト(scene1_画像)として挿入して使用します。

※シーンの詳しい使い方や機能については以下の記事を参考にして下さい。

⑧縮尺

時間軸方向に対しての縮尺を変更出来ます。「Ctrl」キーを押しながらマウスをスクロールさせる事でも変更出来ます。

タイムライン_縮小 タイムライン_拡大
▲縮小した例 ▲拡大した例

⑨現在時間

「現在フレーム」時点の経過時間です。

⑩現在フレーム/総フレーム

「現在フレーム」時点の「経過フレーム数」、「最終フレーム」までの「総フレーム数」を指します。

タイムラインでの基本的な操作

動かす

左クリックしながらドラッグすることで、オブジェクトの位置を変更できます。

%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%99

引き伸ばす

オブジェクトの端をドラッグすることで、長さを引き伸ばせます。

%e5%bc%95%e3%81%8d%e4%bc%b8%e3%81%b0%e3%81%99

シークバーを移動する

タイムラインの適当な場所をクリック(もしくはドラッグ)することで、シークバー(現在フレーム)を移動出来ます。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%92%e7%a7%bb%e5%8b%95%e3%81%99%e3%82%8b

  • ←キー:1フレーム戻る
  • →キー:1フレーム進む
  • その他色々・・etc

タイムライン上での便利なショートカット・機能

タイムライン上での色々なショートカットについてです。

Animation 3Animation 7
▲ショートカット例

種類が多いので、別記事にまとめています。

【AviUtl】タイムラインでの便利な小技・ショートカットまとめ(2/4)【オブジェクトの操作】
AviUtlのタイムラインでの便利な小技・ショートカットのTipsについて紹介。 オブジェクトの便利な選択方法一覧 ①ド...

右クリックメニュー

タイムラインを右クリックする事で開けるメニューについて大事な項目だけを説明します。
右クリックメニュー_タイムライン

メディアオブジェクトの追加

主要なオブジェクトを挿入する事が出来ます。

フィルタオブジェクトの追加

複数レイヤーに適用する事が出来るエフェクトを掛ける事が出来るオブジェクトを追加出来ます。

グリッド(BPM)の表示

設定したBPMに合わせて縦破線が表示されるようになります。
BPM表示

詳しくは以下の記事などを参考にして下さい。

グリッド(XY軸)の表示

AviUtl本体ウィンドウにグリッドを表示させます。

グリッド_XY グリッド_XY_非表示
▲ON ▲OFF

グリッド(カメラ制御)の表示

「カメラ制御」オブジェクトを追加した際の3D上でのグリッド線の表示します。

グリッド_カメラ制御 グリッド_カメラ制御_非表示
▲ON ▲OFF

グリッドの設定

BPM、XY、カメラ制御の各グリッド線の設定を行えます。
グリッドの設定

フレーム領域外の表示

フレーム領域外の表示を変更出来ます。(フレーム領域外

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

カメラ始点GUIの表示

カメラ制御時の「カメラの視点」をそれぞれ変更出来るGUIを表示出来ます。(カメラ制御ボタン

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

対象レイヤー範囲の表示

「対象レイヤーを設定できるオブジェクト」の対象とするレイヤーの範囲を表示出来ます。

「カメラ制御」オブジェクトの例
対象レイヤー範囲表示 対象レイヤー範囲非表示
▲ON ▲OFF

選択オブジェクトの追従

現在フレームバー(赤縦棒)を移動させる事で、現在選択しているオブジェクトのレイヤーにあるオブジェクトのフォーカスを自動的に移動させる事が出来る設定です。
選択オブジェクトの追従

便利な機能ですが、1つのオブジェクトの設定に専念したい場合は邪魔になる事が有ります。

オブジェクトをスナップ

オブジェクトを動かす際、他のオブジェクトの位置に合わせてスナップしてくれるようになります。レイヤー間での位置調整に役立ちます。

また、右クリックメニューの追加や貼り付け等の位置もスナップされます。

画像処理を間引いて表示

処理の重いエフェクトなどの処理を簡略化してプレビュー画面に表示する事で負荷の軽減を図る設定です。

※エンコード時は完全な形で出力されます

範囲設定

「最終フレーム」の位置を変更します。

範囲設定

  • 最後のオブジェクト位置を最終フレーム
    • 一番後ろにあるオブジェクトの位置に最終フレームも移動させます。かなりの頻度で使うと思われる項目です。
      最後のオブジェクト位置を最終フレーム
      選択範囲_無音部分 最後のオブジェクト位置を最終フレーム
      ▲使用前 ▲使用後
  • 現在位置を最終フレーム
    • 「現在フレーム」のある位置を最終フレームに設定出来ます。これも結構な頻度で使用します。
      現在位置を最終フレーム
      選択範囲_無音部分 現在位置を最終フレーム
      ▲使用前 ▲使用後

ファイル

ファイルを出力したり入力したりする項目です。

タイムライン_ファイル

  • メディアオブジェクトのAVI/BMP出力(RGBA)
  • オブジェクトファイルのインポート
    • .exoファイルをインポート出来ます。この項目からインポートしなくてもタイムラインにドラッグする事でも読み込める
  • オブジェクトファイルのエクスポート

環境設定

「環境設定」については以下の記事を参考にして下さい。

このページの情報は以上です。

関連ページ【AviUtl】タイムラインでの便利な小技・ショートカットまとめ②【オブジェクトの操作】

おすすめページ【AviUtl初心者向け】よくある質問と回答(FAQ)

スポンサーリンク