【AviUtl】応答なしになる原因と対処法【フリーズ】

AviUtlで、

  • 応答なし(フリーズ)

になる原因と対処法について色々紹介します。

スポンサードリンク

対策と原因

対策と原因についての個条書きです。

重いエフェクト・オブジェクトを使用しすぎている

重いエフェクト・オブジェクトを使用しすぎているために「応答なし」になる例です。

対策としては以下があります。

  • 重いエフェクトをOFFにする
  • 重いオブジェクトのOFFにする
  • 重いオブジェクトがあるレイヤーを非表示する

詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

参考動作が重い時の原因と対策一覧【カクカク】

入力プラグインの問題

入力プラグイン関係の問題で「応答なし」になる例です。

また、エンコード中にエラーが発生するなどの場合も、入力プラグインの問題の可能性があります。

対策としては以下があります。

  • 「Directshow Reader」プラグインで読み込んでいる場合は「L-SMASH Works」プラグインで読みこむようにする
    • 「L-SMASH Works」で読み込んでもエラーが発生する場合、設定項目の中の「Libav+L-SMASH」チェックを外してみる
    • 「L-SMASH Works」が最新verでない場合は最新版を入れる
  • 「Directshow Reader」プラグインで読み込む場合、PC内のコーデックの性能に依存するので、入れているものはできる限り最新にする

詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

参考L-SMASH Worksの導入方法と使い方【入力プラグイン】
参考DirectShow File Readerの導入方法と使い方【入力プラグイン】

AviUtl自体の設定の問題

AviUtl本体の設定の問題で「応答なし」になる例です。

対策としては以下があります。

  • メニューの「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」にて、
    • 「キャッシュフレーム数」を「32」に変更
    • 「最大フレーム数」を「320000」に変更(30fpsで3時間以上ある動画の場合はそれ以上に設定)
    • 「LargeAddressAwareを有効にする」にチェック
  • タイムライン上にて「右クリック」→「環境設定」にて、
    • 「動画ファイルのハンドル数」以上の動画を読み込んでいる場合は数を上げる
    • 「画像データキャッシュ数」以上の動画を読み込んでいる場合は数を上げる
    • 「カメラ制御(シャドー制御)」を使用している場合は「シャドウマップサイズ」を上げてみる

詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

参考最低限の初期設定方法【システムの設定】
参考拡張編集の環境設定【各項目解説】

編集時の問題

編集中に「タブーとされている事」をやってしまっているために、「応答なし」になる例です。

以下、例です。

  • 「フィルタ」を掛けている場合はエンコード時以外は出来るだけ切る
    →メニューの「フィルタ」の中にチェックが入っているものを外す 
  • 低スペックPCを使用している場合
    →AviUtl以外のソフトはできる限り常駐させない

参考動作が重い時の原因と対策一覧

単純にパソコンのスペックが低い

単純にパソコンのスペックが低くて動作が激重すぎるために「応答なし」になる例です。

対策としては以下。

  • CPU取り換え
  • メモリ増設
  • PC買い替え

参考動画編集向けパソコンの選び方【パーツ】

Windowsの問題

OS的な問題はほぼ無いと思いますが、OS絡みで「応答なし」になる例です。

対策としては以下があります。

  • Windows Updateを行っていない場合はすぐに行う
  • OSの再インストール

実はフリーズしていない

Windowsが勝手に「コイツはフリーズした」と判断して「応答なし」と表示しているだけで、本当は動作している例です。

対策としては以下があります。

  • 動くまで待つ

使用している素材の保存場所

ほぼありえないと思いますが、

使用している素材(動画・画像・音声等)の保存場所が故障しているために「応答なし」になる例です。

対策としては以下があります。

  • 素材の場所を移動する

AviUtlのインストール場所が悪い

AviUtlに限らず、フリーソフト全般に言える事ですが、

Windowsが管理している場所にはインストールしない方が良いです。(「ユーザーアカウント制御」絡みで上手く動作しない事が有る)

具体例と挙げると以下の様な場所です。

  • ダウンロード
  • デスクトップ
  • ライブラリ
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ミュージック
  • C:\ユーザー
  • C:\user (「C:\ユーザー」)
  • C:\Program Files
  • C:\Windows

なので、AviUtlを上記の場所にインストールしている場合は、上記以外の場所に移動しましょう。

原因不明

何か原因があるわけでもなく、突然フリーズする事が稀に良くあります。

これについては防ぎようが無いので、「こまめにバックアップを取りつつ編集しましょう」くらいしか対策がありません。

フリーソフトに完璧を求めるのは筋違いという奴です。

参考【AviUtl】自動バックアップ機能の使い方【復元】

最終手段

「よく分からないけど頻繁にフリーズする」という場合はAviUtl自体を再インストールすると直るかもしれません。

原因が分からないならそうするのが手っ取り早いです。

参考AviUtl本体と拡張編集プラグインの導入方法

このページの情報は以上です。

コメント一覧

  1. jua より:

    Windowsが管理していない場所とは具体的にどこでしょうか。