動画投稿するならどっち?ニコニコとYoutubeのメリット・デメリット比較

niconico-youtube

「動画投稿をはじめてみたいけど、ニコニコとYoutubeってどっちの方が良いんだ?」

って人向けに、色々と比較を書いてみます。

※動画投稿者視点での比較です

スポンサードリンク

ニコニコとYoutubeの比較

最初に比較表↓です。

Youtube ニコニコ
(プレミアム会員)※新仕様
料金 0円 540円/月
投稿可能ファイルサイズ 128GB 1.5GB
保存容量 無制限 8GB
(プレミアム継続で1ヶ月ごとに+1GB増量)
説明文 ・文字数は多め
・表示されるのは3行まで(それ以上は展開しないと表示されない)
・URLは自動的にリンクになる
・文字数は少なめ
・全文表示される
・URLはリンクにならない
画質
(解像度に比例:最大45Mbps)
×
(最大2Mbpsまで)
音質
(最大192kbpsまで)

(最大192kbpsまで)
 フレームレート 最大60fps 最大60fps
 マネタイズ
 将来性

それぞれの項目について1つずつ紹介します↓。

料金

Youtubeは「0円」です。(いくら使っても無料)

一方、ニコニコは「540円/月」かかります。

投稿可能ファイルサイズ

Youtubeは、1ファイル「128GB」までの動画ファイルを投稿できます。

ニコニコは、1ファイル「1.5GB」までの動画ファイルを投稿できます。

容量だけで言うと「約85倍」違います。

保存容量

Youtubeの保存容量は「無制限」です。

例えば、ファイルサイズが「1GB」の動画ファイルを、1000個でも1万個でも100万個でも投稿できます。(文字通り「無制限」に投稿できる)

対して、ニコニコでは「8GBまで」です。

また、プレミアム会員継続で1ヶ月ごとに+1GB増量されます。

例えば、1年間、プレミアム会員でいれば「8GB+12GB=20GB」になります。

しかし、プレミアム会員を解約すると、増量された分の保存容量はなくなります。(元の「8GB」に戻る)

ちなみに、ニコニコの場合では「1.5GB」の動画を投稿しても、使用される「保存容量」は「100MB」です。

なので、「保存容量」が「8GB」の場合、「1.5GB」の動画を「80個」投稿できます。

説明文

以下の部分↓のことです。

youtube_%e8%aa%ac%e6%98%8e%e6%96%871 %e3%83%8b%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%82%b3%e3%80%80%e8%aa%ac%e6%98%8e%e6%96%871
▲Youtube ▲ニコニコ

特徴としては、

  • Youtube:
    • 記入できる文字数は多いが、表示されるのは3行まで(それ以上は展開しないと表示されない)
      %e5%b1%95%e9%96%8b%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84
    • URLは自動的にリンクになる(自サイトなどへの誘導も可能)
  • ニコニコ:
    • 記入できる文字数は少ないが、全文表示される
    • URLはリンクにならない
    • マイリスト・他の動画へのURLへはリンクを貼れる

という感じです。

画質

Youtube、ニコニコともに、投稿した動画は必ず「再エンコード」されます。

「再エンコード」とは?

  • 再エンコードされない仕様なら:
    • Aという動画を投稿すれば、投稿したAをそのまま見ることが出来る
  • 再エンコードされる仕様なら:
    • Aという動画を投稿しても、Youtube(ニコニコ)側で再エンコードされたBという動画しか見れない(画質・音質が劣化した動画)

この「再エンコード」のキツさが、Youtubeとニコニコでは異なります。

超ザックリ書くと以下↓のような感じです。

  • Youtubeの場合:
    • 「100」の画質の動画を投稿した場合、「90」くらいまで落とされる
  • ニコニコの場合:
    • 「100」の画質の動画を投稿した場合、「50」くらいまでしか落とされる

Youtubeは、かなり高画質のまま投稿できるのに対して、ニコニコでは画質が半分以下になったりします。

ニコニコに投稿したいなら、画質の良さを求めてはいけません・・。

※具体的に言うと、ニコニコは「ツイッターの動画投稿機能」と同程度の画質しかありません。

※ニコニコは、新仕様になる前は「100MB以内なら再エンコードされない」という素晴らしい仕様でしたが、新仕様になってから改悪されました。

音質

ニコニコ、Youtube、ともに上限が「192kbps」です。

一般人には十分な「高音質」です。

音質重視な動画を上げるのなら、どちらを選んでもOKです。

Youtubeに高音質な動画をアップロード・ダウンロード=無理という話
Youtube上には、「高音質」というタイトルが付いた音楽動画がたくさん有りますが、これらは到底”高音質”と呼べる代物ではありません。 ...

フレームレート

ニコニコ、Youtube、ともに上限が「60fps」です。

ヌルヌルな動画(滑らかに動く動画)にしようと思えば、どちらでも出来ます。

マネタイズ性

マネタイズ性というのは、「お金の稼ぎやすさ」のことです。

Youtube ニコニコ動画
1再生当りの単価  0.1円~0.03円?
私のYoutubeチャンネルの場合、単価は0.03円でした)
0.388円?ソース
(「コメント数」「マイリスト数」「再生数」などによっても単価が変動するから、人気次第でもっと上がるかも?)
メリット ・動画説明文にアフィリエイトリンクを貼ることが可能
(例えば、Aという商品のレビュー動画なら、
AのAmazonのアフィリエイトリンクを動画説明欄に貼っておけば、収入が見込めたりする)・いろいろなツール群が優れている
(アクセス解析、アノテーション、カード、音声合成機能など)

・全世界で視聴される可能性がある

・人気者になれば、有料のユーザーチャンネルを開設できる

・ニコニコモンズに登録されることで、子作品の再生回数に応じて収入が増える可能性がある

デメリット ・特になし ・シェアされにくい(「会員登録していないと見れない」という意味で、Youtubeよりはシェアされにくいと思われる)

・視聴者の大半が日本人

どちらのサービスでも、

  • 「広告がどれだけクリックされたか」によって支払われる報酬=「クリック報酬
  • 「広告がどれだけ表示されたか」によって支払われる報酬=「インプレッション報酬

2種類の報酬が合算して支払われるのですが、その合算した金額を「1再生当りの単価」として算出することが出来ます。

・Youtubeの方が単価は安いが、動画説明欄で別のマネタイズが出来るので、アフィリエイト的には有利?

・ニコニコは、「コメント数」「マイリスト数」「再生数」などによっても単価が変動するから、人気次第でもっと上がるかも?ユーザーチャンネルを開設できれば勝ち組??

どちらも一長一短な感じなので、一概に「どちらの方が稼ぎやすい」とは言えない感じです。

将来性

会社の市場価値を簡単に測る指標として「時価総額」がありますが、この指標で2つの会社を見てみると、

単純計算でザックリですが、「約740倍」の差があります。

これだけで将来性を見るのはどうかと思いますが、常識的に考えて、「Youtube>>>ニコニコ」なのは明白ですね・・。

そもそも、ただの日本企業の「ドワンゴ」と、世界的な企業である「Google」とを比較すること自体、ナンセンスと言えるでしょう。。

まとめ

・動画投稿サイトとしてのスペック(画質・使いやすいさ等)は、Youtubeの方が圧倒的に上

・本気で動画投稿していくつもりなら、両方に投稿すれば良い

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク