【AviUtl】動画・音声を繰り返し再生(ループ)させる方法

AviUtlにて、読み込んだ「動画」「音声」を繰り返し再生(ループ)させる方法について紹介。

スポンサードリンク

永遠にループさせる方法

設定ダイアログの「ループ再生」にチェックを付けて、オブジェクトを無限に引き延ばしてやれば、永遠にループ再生させる事が出来ます。

同じように、動画でも「ループ再生」にチェックを付けて、オブジェクトを引き延ばしてやればループ再生出来ます。

繰り返し再生(ループ)させる方法

○回だけループ再生させる方法

例えば、「2回ジャストだけループ再生させたい!!」といった場合です。

①オブジェクトをコピーする

単純ですが、オブジェクトをコピーして横に並べれば、コピーした数分だけループ再生出来ます。

CtrlCCtrl +V でコピペ出来ます。(若しくはCtrlD

参考【AviUtl】タイムラインでの便利な小技・ショートカットまとめ②【オブジェクトの操作】

screenshot_632

②「長さの変更」を使う

例えば、「2回ジャストだけループ再生させたい!!」といった場合には、

  1. 設定ダイアログの「ループ再生」にチェックを付ける
  2. オブジェクトを「右クリック」→「長さの変更」をクリック
  3. 「フレーム数指定」で2倍の数値を入力して「OK」をクリック
    • 例えば、3回ジャストループさせたい場合は3倍の数値を入力する
    • 例えば、1.5回ループさせたい場合は1.5倍の数値を入力する

という風にする事で、「2回ジャストだけループ再生」させる事が出来ます。

screenshot_6291

補足)シーンもループ再生出来る

「動画」「音声」以外にも、

  • シーン
  • シーン(音声)

もループ再生させる事が可能です。

作った動画の一部を何回も繰り返したい場合、

  1. 「シーン」に色々なオブジェクトを配置
  2. それを永遠に繰り返す

という風にして使用すると便利です。

screenshot_633

このページの情報は以上です。

関連ページ【AviUtl】画像ループエフェクトの使い方