【AviUtl】高画質・無劣化で動画をエンコード(出力)する方法

AviUtlで動画を高画質、もしくは無劣化エンコードする方法について紹介。

※基本中の基本なので、初心者以外は見る必要は有りません

スポンサードリンク

最初に

AviUtlで動画をエンコードするには以下のように、

  • 「ファイル」→「AVI出力」
  • 「ファイル」→「プラグイン出力」
    2a1286466ae2abe2cebb29edaa461c62

2種類の方法が有ります。

高画質・低容量で出力したいなら、「プラグイン出力」から出力します。(基本的には)「AVI出力」を使用する必要は有りません

「AVI出力」は、出力動画形式として「.avi」とか選択出来ませんし、コーデックも自分のパソコンにインストールされているコーデックからしか選べません。

なので、動画共有サイトなどに投稿する用の動画には適していませんし、自分で保存する用にも向いてません。

AviUtl初心者に割と多いですが「動画をエンコードすると、ファイルサイズが10GBとか超巨大になってしまう!なんで?!」みたいな質問してる人は、「AVI出力」で出力してるからです。

「プラグイン出力」で出力すれば大きくはなりません。

高画質・低容量で出力する方法

先述のように「プラグイン出力」すれば、(基本的には)高画質・低容量で動画をエンコード出来ます。

そしてこの「プラグイン出力」は、名前の通り「プラグイン」で出力するので、別途プラグインを導入する必要があります。

ここでは、高画質・低容量で出力可能なオススメの出力プラグインを紹介します。

①x264guiEx

動画形式MP4、映像コーデックH.264、音声コーデックAACでエンコード出来る最強の出力プラグインです。

出力可能な動画仕様は以下です。

  • 動画形式:MP4 or MK4
  • 映像コーデック:H.264
  • 音声コーデック:AAC/LPCM/MP3/Vorbis/ALAC/FLAC等

AviUtlで動画を高画質・低容量で出力したいなら、この出力プラグイン使っとけばOKです。というかこれ以外入れる必要がないくらい万能です。初心者でも簡単に使えます。

※詳しい使い方については以下記事参照。
x264guiExの導入方法と使い方【MP4出力】

②WMV出力Plus

H.264に匹敵する、Microsoft製のWMV9シリーズのコーデックでエンコード出来る出力プラグインです。

出力可能な動画仕様は以下です。

  • 動画形式:WMV
  • 映像コーデック:WMVシリーズ
  • 音声コーデック:WMA/WMA Lossless

見てもらったら分かるように、完全にWindows仕様です。

※詳しい使い方については以下記事参照。
WMV形式で動画をエンコードする方法【出力プラグイン】

他には?

初心者なら、上記の2つのどちらかを使っとけばOKです。

というかWMVで出力するメリットはまぁ殆どないので、実質x264guiExの一択です。

※「更に高画質・低容量でエンコしたい!」って人は以下記事参照です。
x265guiExの導入方法と使い方(H.264の上を行くH.265でエンコ出来る)
FFmpegOUTでWebM・ASF・TS形式の動画をエンコードする方法【出力プラグイン】(H.265と同等のVPコーデックでエンコできる)

”超”高画質・大容量で出力する方法(無劣化出力)

先述した「高画質で出力する方法」で紹介した出力プラグインで使用しているコーデックは、全て”非可逆コーデック”なので、エンコード後に必ず画質は劣化します。

名前通り”非可逆”なので、”元に戻せない”という事です。(つまり、エンコードすればするほど劣化していくということ)

しかし、これでは困る場合があります。それは以下の様なケースです。

  • 「動画のある区間にエフェクトかけ過ぎて処理がすごく重いから、この重い区間だけを”中間ファイル”として一旦出力して、再度動画素材として再利用しよう!」みたいなとき
  • 「本体機能のみで編集をその編集結果を”中間ファイル”として出力して、後から拡張編集機能で編集しよう!」みたいなとき

このような場合、画質が劣化してしまう”非可逆コーデック”でエンコすると、

  1. 一旦”中間ファイル”として”非可逆コーデック”でエンコする
  2. 劣化する)
  3. ”中間ファイル”を読み込んで、最終的に再度動画としてエンコする
  4. (またまた劣化する)
  5. 動画完成!(.mp4)

みたいに2段階で劣化してしまいます。

これを防ぐ為に、”中間ファイル”として出力際には、”非可逆コーデック”ではなく、”非圧縮”もしくは”可逆圧縮コーデック”でエンコードします。

※”非圧縮”は、名前の通り”非圧縮”なので圧縮をしません。なので画質は劣化しません

ファイルサイズは10GBとか超巨大になりますが、画質は最高級だし、動画として読み込むのも早いし、”中間ファイル”としては最強です。

可逆圧縮コーデック”は、圧縮はしますが、”可逆”なので、元に戻す事が出来る圧縮です。なので、画質は”非圧縮”と同じです。

通常、”中間ファイル”として出力する際は”可逆圧縮コーデック”を使用する人が多いです。(”非圧縮”派な人もいるけど)

つまり、以下のように出来るという事です。

  1. 一旦”中間ファイル”として”可逆圧縮コーデック”もしくは”非圧縮”でエンコする
  2. 劣化しない!
  3. ”中間ファイル”を読み込んで、最終的に再度動画としてエンコする
  4. 劣化する)
  5. 動画完成!(.mp4)

画質の劣化を抑える事が出来るという事ですね。

ということで、”中間ファイル”として出力する際には”可逆圧縮コーデック”もしくは”非圧縮”でエンコードすればOKです。

参考ページ:非圧縮と可逆圧縮と非可逆圧縮の違い【コーデック】

非圧縮でエンコードする方法

非圧縮”で出力するには「AVI出力」からエンコードする事になるのですが、方法としては2通り有ります。

  1. 「ファイル」→「AVI出力」→「YUY2」(YUV色空間)
  2. 「ファイル」→「AVI出力」→「無圧縮」(RGB色空間)
    yuy2-未圧縮

どちらも非圧縮なので劣化しません。違うのは色空間だけです。通常は「YUY2」と選択しとけばOKです。

厳密には色空間の違いから、劣化する場合があるのですが、初心者の人は知らなくても大して問題有りません。

※知りたい人は以下記事参照。
未圧縮とYUY2との違いについて【YUV422、RGB】

「AVI出力」の使い方については以下記事参照です。
動画をエンコードするやり方【ビデオ圧縮】

可逆圧縮コーデックでエンコードする方法

可逆圧縮コーデック”でエンコードするには、”可逆圧縮コーデック”を別途パソコンにインストールする必要があります。

また、”可逆圧縮コーデック”にはたくさん種類が有ります。とは言ってもどれも”可逆圧縮”なので画質は劣化しません。

なので正直どれを入れてもそんなに変わらないのですが、おすすめとしては「Ut Video Codec」などです。

今現在日本で一番使用されている可逆圧縮コーデックで、機能的にもデコード速度・圧縮率にもかなり優れています。

※Ut Video Codecのインストール方法については以下記事参照。
Ut Videoコーデックのインストール方法と使い方【設定】

※可逆圧縮コーデックの一覧は以下参照。
可逆圧縮コーデック一覧

可逆圧縮でエンコードするにも、「AVI出力」でエンコードします。

  • 「ファイル」→「AVI出力」→「”可逆圧縮コーデック”」
    2016-02-16_14h55_01
    ※画像に映っている「AMV2」「AMV3」「Huffyuv」とかも”可逆圧縮コーデック”です。

「AVI出力」の使い方については以下記事参照です。
動画をエンコードするやり方【ビデオ圧縮】

スポンサーリンク