【AviUtl】高画質(低容量)で動画をエンコードする方法

AviUtlで、

動画を高画質・低容量エンコードする方法について紹介します。

スポンサードリンク

最初に

AviUtlで動画をエンコードするには、2種類の方法があります↓。

  • 「ファイル」→「AVI出力」
  • 「ファイル」→「プラグイン出力」
    2a1286466ae2abe2cebb29edaa461c62

基本的に、

・高画質・低容量で出力したいなら → 「プラグイン出力

超高画質(無劣化)・大容量で出力したいなら → 「AVI出力」

という風に選びます。

「AVI出力」は、出力動画形式として「.avi」しか選択できませんし、コーデックも自分のパソコンにインストールされているコーデックからしか選べません。

なので、動画共有サイトなどに投稿する用の動画には適しませんし、自分で保存する用にも向いていません。

AviUtl初心者に多いのですが「動画をエンコードすると、ファイルサイズが10GBとか超巨大になってしまう!なんで?!」みたいな質問してる人は、「AVI出力」でエンコードしているからです。

「プラグイン出力」でエンコードすれば大きくはなりません。

高画質・低容量で出力する方法

先述のように「プラグイン出力」すれば、(基本的には)高画質・低容量で動画をエンコードできます。

しかし、「プラグイン出力」は、名前の通り「プラグイン」でエンコードするので、別途プラグインを導入する必要があります。

ここでは、高画質・低容量で出力可能なオススメの出力プラグインを紹介します。

①x264guiEx

x264guiExは、

  • 動画形式:MP4 or MK4
  • 映像コーデック:H.264
  • 音声コーデック:AAC/LPCM/MP3/Vorbis/ALAC/FLAC等

という仕様でエンコードできる、最強の出力プラグインです。

AviUtlで動画を高画質・低容量でエンコードしたいなら、この出力プラグイン使っておけばOKです。(というかこれ以外入れる必要がないくらい万能なので、初心者はこれだけ入れておけば事足ります)

詳しい使い方については以下記事を参考にしてみて下さい。
参考x264guiExの導入方法と使い方【MP4出力】

②WMV出力Plus

H.264に匹敵する、Microsoft製のWMV9シリーズのコーデックでエンコードできる出力プラグインです。

エンコード可能な動画仕様は以下です。

  • 動画形式:WMV
  • 映像コーデック:WMVシリーズ
  • 音声コーデック:WMA/WMA Lossless

見てもらったら分かるように、完全にWindows仕様です。

詳しい使い方については以下記事を参考にしてみて下さい。
参考WMV形式で動画をエンコードする方法【出力プラグイン】

他には?

初心者なら、上記の2つのどちらかを使っておけばOKです。

ただ、WMV出力Plusでエンコードするくらいなら、x264guiExでエンコードした方が絶対に良いので、実質x264guiExの一択と言えます。

「高画質・超低容量でエンコしたい!」という人は以下記事を参考にしてみて下さい。

参考x265guiExの導入方法と使い方(H.264の上を行くH.265でエンコできます)
参考FFmpegOUTでWebM・ASF・TS形式の動画をエンコードする方法【出力プラグイン】(H.265と同等のVPコーデックでエンコできます)

このページの情報は以上です。