【AviUtl】ショートカットキーで停止・一時停止の両方を行う方法【プラグイン】

AviUtlの拡張編集で、プラグインを使用する事で[停止]と[一時停止]を両方行えるようにする方法について紹介します。

※地味ですが、かなり便利になる気がします

スポンサードリンク

停止と一時停止の違いって?

例えば以下の様な状態で[Spaceキー]を押して再生した際に、
2016-02-06_08h44_49

再度[Spaceキー]を押して「一時停止」した場合は左、「停止」した場合は右のようになります。(「停止」は、再生開始地点までシークバーが移動する

一時停止 停止
2016-02-06_09h00_06 2016-02-06_08h44_49

この、再度[Spaceキー]を押した時の挙動([停止] か[ 一時停止])は、拡張編集の設定によって切り替える事ができます

※タイムライン上で「右クリック」→「環境設定」から「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」のチェックの有無によって切り替え可能
2016-02-06_09h02_16
参考:【AviUtl】拡張編集の環境設定

停止・一時停止を両方行えるようにする

上述したように拡張編集の設定からでも[停止]と[一時停止]を切り替える事が出来ますが、切り替えるにはわざわざ「環境設定」を開いてチェックを付けてまた閉じて・・・みたいな作業をする必要があります。

編集を良く行う人なら(たぶん)分かると思いますが、編集中は状況によって[一時停止]と[停止]を切り替えれるとかなり便利です。

というわけでその方法について紹介します。

プラグインの導入

※使用するのは白水氏のプラグインです

  1. このZIPファイルをダウンロードする
  2. ファイルを解凍する
  3. 中に入っている「playback.auf」ファイルをAviUtlの「plugins」フォルダに移動する

以上で導入終了です。

方法

AviUtlを立ち上げると、「編集」→「ショートカット再生」と追加されているのが確認できると思います。
2016-02-06_11h58_56

あとは、「ファイル」→「環境設定」→「ショートカットキーの設定」から、好きなショートカットを指定すれば、設定したキーで一時停止・停止が出来るようになります。
2016-02-06_12h04_27

デフォルト設定だと、「再生/一時停止」が[Spaceキー」、「停止」が[Spaceキー]+[SHIFTキー]になっています。

これを例にすると、

  1. [Spaceキー」を押して[再生]
  2. [Spaceキー」を押して[一時停止]

とする事も出来るし、

  1. [Spaceキー」を押して[再生]
  2. [Spaceキー]+[SHIFTキー]を押して[停止]

という風に、[一時停止]する事も[停止]する事も両方可能になるという事です。

※「再生ウィンドウ」を有効にしている場合は、この方法は使用できません。[Spaceキー]を押した場合に、必ず[一時停止]になってしまいます。なので「システム設定」から「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを付けて、メインウィンドウでプレビューする必要があります。
再生ウィンドウ1

※拡張編集の「環境設定」から「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」のチェックを外す必要があります
2016-02-06_09h02_16

かなり便利だと思うので、AviUtl使用者なら是非入れるべき機能な気がします。

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    リンク先のブログが削除されていましたよ。