【AviUtl】動画のフレーム補間・フレーム水増しする方法

AviUtlで、

  • 「フレーム水増し」
  • 「フレーム補間」

をする方法について紹介。

スポンサードリンク

フレーム水増しとは?

フレーム水増しとは、(その名の通り)「フレームを水増しする事」を指します。(⇒フレームレートとは?

30fpsイメージ

例えば、「元々30fpsの動画を60fpsや120fpsにしたりする事」なんかが該当します。

単純に既存のフレームをコピーする事によって水増しするだけなので、ファイル容量はそんなに増加しません。

こんな風に「既存のフレームをかさ増しする事」を「NULLフレームを追加する」と呼んだりする

どういう用途に使う?

主に、「24fpsと30fpsが混合している30fpsな動画を、120fpsまで水増し(NULLフレームを追加する)事で、滑らかに再生しよう」みたいな用途で使用します。

「NULLフレームで水増しする事で、24fps部分→5倍に、30fps部分→4倍になるので、どちらも120fpsに変換されて、結果的になめらかに再生出来る」という仕組みです。

正直、「え?24fpsと30fps混合動画って見てて違和感とかあるの・・?」などという人からしたら、フレーム水増しは無駄な行為でしか有りません。

もはや自己満足の世界です。

どうやって水増しする?

「拡張 AVI 出力プラグイン plus」という出力プラグインを使用すれば水増し出力出来ます。

  1. このページより「拡張 AVI 出力プラグイン plus」をダウンロードする
    • このページは文字コードを「EUC-JP」を変更にしないと文字化けするかもしれません(?)
  2. ファイルを解凍する
  3. 中に入っている「exaviplus.auo」と「vphelp.auf」ファイルをAviUtlの「script」フォルダに移動する
  4. ↓―――――――――――――――ここからAviUtlの操作―――――――――――――――↓
  5. 「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 AVI 出力プラグイン plus」→「ビデオ圧縮」を開く
  6. 「出力フレームレート」の部分に水増ししたいフレームレートを指定する
    screenshot_6071
  7. (あとは普通にエンコするだけ)
    【AviUtl】動画をエンコード(圧縮)するやり方

  • フォルダ構成
      • AviUtl
        • script
          • exaviplus.auo
          • vphelp.auf

フレーム補間とは?

フレーム補間とは、フレーム前後の動きを予測して、その間のフレームを予測して生成する事を言います。

例えば、以下のように「○」が右に動く30fps動画を、フレーム補間を施して60fps化したとすると、

(1フレーム目)○----

(2フレーム目)--○--

(3フレーム目)----○

以下のように、本来存在しなかったフレームを予測して生成する事が出来ます。(つまり「恐らくこのフレームの前後はこういう動きになるであろう」という感じで予測して生成する)

(1フレーム目)○----

(2フレーム目)-○---

(3フレーム目)--○--

(4フレーム目)---○-

(5フレーム目)----○

つまり、結果的に動画が滑らかに動くようになります。

どういう用途に使う?

例えば、fpsなゲームの動画などで「もっと滑らかに動画を動かしたい!!」って時に使用します。

ただ、「フレーム水増し」と違ってフレームをコピーするだけじゃなくて「生成」しているので、ファイル容量は極端に大きくなります。

正直、「フレーム補間」についても「自己満足の世界」と言えるかもしれませんが、

実際に30fps→60fpsでフレーム補間してみると、明らかに(誰から見ても)違いが分かるレベルなので、一応やる意義は有ります。

どうやってフレーム補間する?

AviUtlに「フレーム補間」する機能は有りません

なので、フレーム補間したいなら、AviSynth(MVTools)と組み合わせて使用する必要があります。

超ザックリ流れを書くと、

  1. AviSynthでMVToolsを使用したフレーム補間する処理書いたファイル作る
  2. そのファイルをAviUtlにて読み込む
  3. AviUtlエンコードする

これだけです。

詳しいやり方については以下のページなどを参考にしてみてください。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク