GV-USB2の使い方と設定について【ビデオキャプチャー】

コスパ最強のキャプチャーボード(GV-USB2)を使用してゲームを録画する方法について紹介します。

基本的に使い方としては、録画したい機器 ↔ GV-USB2 ↔ パソコンと繋いで、録画を開始するだけです。

スポンサードリンク

GV-USB2とは?

s-gv-usb2_画像

GV-USB2は、USB接続タイプの「キャプチャーボード」です。

「コンポジット端子」で接続する事ができる機器を録画して、パソコンに動画ファイルとして保存できます。

ソフトウェアエンコード

参考キャプチャーボードとは?ソフトウェアとハードウェアの違い

GV-USB2の仕様

キャプチャ出来る動画の仕様

「GV-USB2」で録画できる動画の仕様は以下のとおりです。

  • 最大解像度:「720x480」
  • 最大fps:30fps

解像度が480iしかないので、HDMIやD端子出力がデフォのWiiUとかPS3では、解像度が大幅に下がります。

逆にゲームキューブやPS2やWiiなどは、標準の解像度がSD画質(720x480以下)なので、GV-USB2でもそのままの画質でキャプチャ出来ます。

試しにWiiの「桃太郎電鉄10」をキャプチャしてみた動画です↓(ビットレートの低下を防ぐために1280×720までリサイズしてアップしてます)

▲キャプチャした動画は、実際にはインターレース動画なので、インターレース動画に対応した再生プレイヤーで再生すると、もっとヌルヌル動いてくれます。

GV-USB2の遅延(ラグ)具合

どんなキャプチャーボードでも少なからず遅延(ラグ)が発生してしまいますが、

GV-USB2の遅延の具合は、

  • 素早いアクション操作が求められるゲームでは「ああ、反応が遅いな」と感じてしまうレベル
  • RPGなどの素早い動きが求められないゲームでは気にならないレベル

という感じです。

なので、大乱闘スマッシュブラザースのような素早さが要求されるゲームでは、小さな遅延とは言え、かなりプレイし辛いです。

GV-USB2の接続方法

基本的に使い方としては、

  1. 録画したい機器 ↔ GV-USB2 ↔ パソコンと繋ぐ
  2. パソコン側でキャプチャーソフトを起動する
  3. キャプチャーソフトで録画を開始する

という流れです。

s-gv-usb2_画像

ちなみに、S端子と黄コンポジット端子は、どちらも「映像」の端子です。「解像度」に違いはありませんが、「画質」に関しては目に見えて違いがあります。なのでS端子が使用できる機器を録画する場合は、できる限りS端子を使用します。

S端子を使用する場合は、黄色のコンポジットの代わりにS端子を接続します↓。

Wii側      GV-USB2側       パソコン側
黄色メス ↔  S端子      
白色メス ↔  コンポジット端子  ↔ USB
赤色メス ↔  コンポジット端子 

ちなみに「コンポジット端子」と「コンポーネント端子」は全くの別物なので注意です。

WiiU/Xbox360/Xbox One/PS4/PS3を接続する場合

WiiU・Xbox360・Xbox One・PS4・PS3の映像の出力端子は「HDMI」です。

なので、別途「HDMI」を「コンポジット端子」に変換するためのケーブルを購入する必要があります

変換できるケーブルとしてはこんな感じ↓のです。

ただ、これらは元々HD画質のゲーム機なので、コンポーネントに変換する事で画質はかなり落ちてしまいます。(画質を落としたくない場合は「HDMIやD端子に対応したキャプチャーボード」を購入しましょう)

※WiiUを中古で買った場合などは、ケーブルが「D端子」「コンポーネント」だったりする事があるかもしれないのでよく確認しましょう。

Wii/ゲームキューブ/PS2/VHS(ビデオ)を接続する場合

Wii・ゲームキューブ・PS2・VHSなどは元々「AVマルチ出力端子」という名のコンポジット出力なので、そのまま「GV-USB2」と接続出来ます

なので、画質の劣化もありません。

※Wiiを中古で買った場合などは、ケーブルが「D端子」「コンポーネント」だったりする事があるかもしれないので良く確認しましょう。

Wii本体とテレビを接続するケーブルは「AVケーブル(コンポジットケーブル)」「S端子AVケーブル」「D端子AVケーブル」「コンポーネントAVケーブル」「RGB SCARTケーブル」の5種類がある。ただし「RGB SCARTケーブル」は欧州のみの発売。Wii本体には「AVケーブル(コンポジットケーブル)」が同梱されており、その他は全て別売販売となっている。

引用:Wii – Wikipedia

使用するキャプチャーソフト

こちらのページ(キャプチャーボードとは?ソフトウェアとハードウェアの違い)で説明しているように、

ソフトウェアタイプのキャプチャーボードでは、パソコン側で映像を処理してやる必要があります。

で、パソコン側で処理するためのソフトとして、「GV-USB2」では「LightCapture」というキャプチャソフトが付属していますが、このソフトは機能的に貧弱です。

「録画さえ出来れば何でも良い!」という人向けのソフトとなっています。(インストールして直感で操作できると思います)

なので出来れば、アマレコTVのようなサードパーティ製のキャプチャソフトを使用する事をオススメします。

参考アマレコTVの使い方と設定方法について

GV-USB2/HQとGV-USB2の違い

「GV-USB2」の上位機種として「GV-USB2/HQ」というキャプチャーボードも販売されています。

「GV-USB2」と「GV-USB2/HQ」の違いは、付属のソフトの違いです。

  • GV-USB2:付属ソフトが貧弱
  • GV-USB2/HQ:付属ソフトが多機能

ただ、「付属ソフトが多機能」と言っても、フリーで公開されているキャプチャーソフトに負けるレベルなので、

「GV-USB2/HQ」を買うくらいなら「GV-USB2」を買った方が良いと思います。

このページの情報は以上です。

関連おすすめのキャプチャーボード20選

関連キャプチャーボードの選び方