GV-USB2の使い方と設定について【ビデオキャプチャー】

超安価でコスパ最強のビデオキャプチャー(GV-USB2)を使用してゲーム・を録画する方法について紹介します。

基本的に使い方としては、「録画したい機器」と「パソコン」を繋いで、録画を開始するだけです。

※このページで言う「ビデオキャプチャー」は「キャプチャーボード」と同じ意味です。(ごっちゃに使っていますが同じ意味として捉えてください)

スポンサードリンク

GV-USB2とは?

s-gv-usb2_画像

GV-USB2は、USB接続タイプの「ソフトウェアビデオキャプチャ」です。安価で機能的にも申し分ない、使い勝手の良いビデオキャプチャです。

「コンポジット端子」(S端子含)で接続する事が出来る機器全般を録画(キャプチャ)してパソコンに動画ファイルとして保存する事が出来ます。

ソフトウェアエンコード

※「ビデオキャプチャって何?」って人は以下の記事を参考にしてください。

GV-USB2の仕様

キャプチャ出来る動画の仕様

「GV-USB2」で録画することが出来る動画の仕様は以下のようになります。

  • 最大解像度:「720x480」
  • 最大fps:30fps

解像度が480iしかないので、HDMIとかD端子出力がデフォのWiiUとかPS3では、解像度が大幅に下がる為に画質的にはかなり悪く感じるかもしれません。

逆にゲームキューブとかPS2とかWiiなどは標準の解像度がSD画質(720x480以下)なので、GV-USB2でもそのままの画質でキャプチャ出来ます。

試しにWiiの「桃太郎電鉄10」をキャプチャしてみた動画です↓(ビットレートの低下を防ぐ為に1280×720までリサイズしてアップしてます)

あとキャプチャした動画は、実際にはインターレース動画なので、インターレース動画に対応した再生プレイヤー(インタレ解除が出来るって意味)で再生すると、もっとヌルヌル動いてくれます。

GV-USB2の遅延(ラグ)具合

ビデオキャプチャを使用してpc画面でゲームをする際には微小であれ、少なからず遅延(ラグ)が発生してしまいます。

遅延の具合としては、素早いアクション操作が求められるゲームでは「ああ、反応が遅いなぁ」と感じてしまうレベルですが、RPGなどの素早い動きが求められないゲームでは気にならないレベルです。(体感としては個人差があると思いますが)

大乱闘スマッシュブラザースのような素早さが要求されるゲームでは、小さな遅延とは言えかなりやりづらいです。(レベル9のCPUに負けちゃうレベル・・・)

GV-USB2の接続方法

GV-USB2の接続端子は、「パソコン側」は「USB」です。

「キャプチャーする機器側」は「コンポジット端子」、映像端子に限っては「黄色コンポジット端子」の代わりに「S端子」を使用出来ます。(S端子を使用する場合は、黄色の穴にS端子、白色の穴に白コンポジット端子、赤色の穴に赤コンポジット端子という感じになる)

※S端子と黄コンポジット端子は、どちらも「映像」の端子です。「解像度」に違いは有りませんが、「画質」に関しては目に見えて違いが有ります。なのでS端子が使用できる機器を録画する場合は、出来る限りS端子を使用します。

ちなみに「コンポジット端子」と「コンポーネント端子」は全くの別物なので注意です。(端子の色が「赤・白・黄」なら絶対に「コンポジット」です)

s-gv-usb2_画像

WiiU/Xbox360/Xbox One/PS4/PS3を接続する場合

WiiU・Xbox360・Xbox One・PS4・PS3の映像の出力端子は「HDMI」なので、別途「HDMI」を「コンポジット端子」に変換する為のケーブル等を購入する必要が有ります

変換出来るケーブルとしてはこんな感じ↓のです。

ただ、これらは元々HD画質のゲーム機なので、コンポーネントに変換する事で画質はかなり落ちてしまいます。(画質を落としたくない場合は「HDMIやD端子に対応したキャプチャーボード」を購入しましょう)

※WiiUを中古で買った場合などは、ケーブルが「D端子」「コンポーネント」だったりする事があるかもしれないので良く確認しましょう。

Wii/ゲームキューブ/PS2/VHS(ビデオ)を接続する場合

Wii・ゲームキューブ・PS2・VHSなどは元々「AVマルチ出力端子」という名のコンポジット出力なので、そのまま「GV-USB2」と接続出来ます

当たり前ですが画質の劣化も有りません。

※Wiiを中古で買った場合などは、ケーブルが「D端子」「コンポーネント」だったりする事があるかもしれないので良く確認しましょう。

Wii本体とテレビを接続するケーブルは「AVケーブル(コンポジットケーブル)」「S端子AVケーブル」「D端子AVケーブル」「コンポーネントAVケーブル」「RGB SCARTケーブル」の5種類がある。ただし「RGB SCARTケーブル」は欧州のみの発売。Wii本体には「AVケーブル(コンポジットケーブル)」が同梱されており、その他は全て別売販売となっている。

引用:Wii – Wikipedia

使用するキャプチャーソフト

こちらのページ(ビデオキャプチャとは?ソフトウェアとハードウェアの違い)で説明している通り「ソフトウェアビデオキャプチャ」では、パソコン側で映像をエンコードして保存してやる必要が有ります。

「GV-USB2」では「LightCapture」というキャプチャソフトが付属していますが、このソフトは機能的に結構貧弱です。

「録画さえ出来れば何でも良い!」って人向けのソフトとなっています。(インストールして直感で操作できると思います)

なので出来れば、アマレコTVのようなサードパーティ製のキャプチャソフトを使用する事をオススメします。

GV-USB2/HQとGV-USB2の違い

「GV-USB2」の上位機種として「GV-USB2/HQ」なるものが販売されていますが、これは付属のソフトが違うというだけで本体のビデオキャプチャ自体の性能は一緒です。

正直、メーカー製のキャプチャソフトは機能が貧弱すぎて使うに耐えないので、フリーで公開されているキャプチャーソフトを使用した方が断然良いです。

なので(個人的に)「GV-USB2/HQ」は買う価値が無いと思います。

スポンサーリンク