【AviUtl】ブラー系エフェクト(放射・方向・レンズ・モーション)の使い方

AviUtl拡張編集機能の「ブラー」関係の「エフェクト」の使い方について紹介します。

「ブラー」系のエフェクトは基本的に全て動作が重いので、プレビューしてみて良い感じならフィルター効果をOFFにしておくかオブジェクト自体を非アクティブにしておいた方が無難です。
参考:動作が重い時の対策【カクカクになる】

スポンサードリンク

放射ブラー

放射状に広がる「ブラー」をかける事が出来るエフェクトです。(参考画像

放射ブラー_設定ダイアログ

閃光」エフェクトの「光合成のみ」の機能を使うと似た様な事が出来ます。

閃光_光合成のみ

範囲

ブラーの範囲(強さ)を変更出来ます。

  • 値を大きくすると:手前にぶわぁぁって広がる
  • 値を0にすると:無効化される

最初からブラーをかけておいて、徐々にブラーをなくしていくと言った表現も面白いです。

放射ブラー_範囲

X

ブラーをX方向に動かす事が出来ます。

放射ブラー_X

Y

ブラーをY方向に動かす事が出来ます。

放射ブラー_Y

サイズ固定

ブラーをオブジェクトのサイズ内に収める事ができます。

放射ブラー_サイズ固定

方向ブラー

決めた方向(角度)に広がっていくブラーを掛ける事が出来るエフェクトです。

方向ブラー_設定ダイアログ

範囲

ブラーの範囲(強さ)を変更出来ます。

  • 値を大きくすると:左右にぶわぁぁって広がる
  • 値を0にすると:無効化される

数値を最大まで変化させればシーンチェンジ効果としても使えます。

方向ブラー_範囲

また、最大まで変化させた状態で「0」まで変化させれば「画面外からシュッと現れる」みたいな表現も可能です。

角度

ブラーの角度を変更できます。

方向ブラー_角度

サイズ固定

ブラーをオブジェクトのサイズ内に収める事ができます。

方向ブラー_サイズ固定

レンズブラー

レンズ越しに見ている風景がぼやけていくようなブラーを掛ける事が出来るエフェクトです。(ピントをずらしたり、合わせたりするイメージ)

字幕動画を作った際などに、字幕以外の動画部分にレンズブラーをかけたりして字幕を強調させたりするのに使えるかもしれません。

※「ぼかし」エフェクトと少し似ています

レンズブラー_設定ダイアログ

範囲

ブラーの範囲(強さ)を変更出来ます。

  • 値を大きくすると:レンズの度が強くなる
  • 値を0にすると:無効化される

最初からブラーをかけておいて徐々にブラーをなくせば、「カメラのピントを徐々に合わせていく」みたいな表現をする事が出来ます。

レンズブラー_範囲

光の強さ

レンズ越しに夜景を見ているような感じに出来ます。

  • 値を大きくすると:光る
  • 値を0にすると:光らない

レンズブラー_光の強さ

サイズ固定

ブラー効果をオブジェクト内に収める事が出来ます。

レンズブラー_サイズ固定

モーションブラー

オブジェクトを移動させた際の軌跡にブラーをかけることが出来ます。

簡単に言うと「残像効果」です。なので逆に、オブジェクトを移動させないと効果を発揮しません

モーションブラー_設定ダイアログ

間隔

残像の残る時間を変更します。

  • 値を大きくすると:残像が長くなる
  • 値を0にすると:残像がなくなる

モーションブラー_間隔

分解能

残像の数を変更します。

  • 値を大きくすると:残像の数が増える
  • 値を0にすると:残像がなくなる

増やせば増やすほど、動作が非常に重くなります。(最低値の「1」でもそこそこ重い)

また、「出力時に分解能を上げる」にチェックを入れると出力時にプレビュー画面以上に分解能を上げてくれます。(動作軽減対策)

モーションブラー_分解能

残像

「残像」にチェックを入れると、移動中のオブジェクト自体も残像として表示されます。

「超高速で動く物体」などを表現する事が出来るかもしれません。

モーションブラー_残像有り

※さつき氏が配布しているスクリプト集にある「移動トレース」効果を使用すれば、モーション追跡みたいな事が出来ます。

移動トレース_なし 移動トレース
▲OFF ▲ON

外部スクリプトのブラー効果

ティム氏製のブラー効果一覧です。

ランダムブラー 放射ランダムブラー 回転ランダムブラー
▲ランダムブラー ▲放射ランダムブラー ▲回転ランダムブラー
回転ブラー1 回転ハードブラー
▲回転ブラー ▲回転ハードブラー

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    この拡張機能の入手方法がわかりません