【AviUtl】部分フィルタの使い方

AviUtlの「部分フィルタ」の使い方について簡単に紹介します。

スポンサードリンク

部分フィルタとは?

部分フィルタは、部分的にエフェクト・フィルタを掛ける事ができるオブジェクトです。

例えば、動画の一部分のみにモザイクを掛けたり、ぼかしを掛けたり、色調補正を掛けたりできます↓。

screenshot_5031

部分フィルタの使い方

以下、部分フィルタの使い方です。

タイムライン上にて「右クリック」→「フィルタオブジェクトの追加」→「部分フィルタ」を追加する。(図1)

部分フィルタは上レイヤーに適用されます。

なので、例えばLayer1のオブジェクトに部分フィルタを適用したい場合、Layer2に部分フィルタを設置します。

screenshot_5121
図1

好きなエフェクト・フィルタを追加する。(図2)

screenshot_5111
図2

マスクの反転

「マスクの反転」にチェックを入れれば、

フィルタの範囲が逆転します。

screenshot_5051 screenshot_5041
▲「マスクの反転」OFF ▲「マスクの反転」OFF

使用例

モザイク

一部分にだけモザイクを掛けれます。

関連【AviUtl】モザイクで顔を隠す方法【部分フィルタ】

screenshot_5031

ぼかし

一部分にだけ「ぼかし」を掛けれます。

参考【AviUtl】ぼかし系エフェクト(ぼかし・境界ぼかし・モザイク)の使い方

screenshot_50711

反転

  • 上下反転
  • 左右反転
  • 輝度反転
  • 色相反転

などができます。

「輝度反転」と「色相反転」の両方にチェックを付ければ「ネガポジ反転(階調反転)」も出来ます。

参考【AviUtl】基本効果エフェクト(座標・拡大・透明・回転・領域拡張・リサイズ・ローテーション・反転)の使い方

screenshot_50611

単色化

補足)部分的に全てのエフェクトを掛ける方法

「部分フィルタ」では、掛ける事ができるエフェクトが限られています。

例えば、

  • 極座標変換
  • ディスプレイスメントマップ
  • ノイズ
  • グラデーション

などは適用できません。

このような”「部分フィルタ」で掛ける事が出来ないエフェクト”を部分的に適用したい場合は、

  1. 「フレームバッファ」(もしくは直前オブジェクト)を追加する(⇒フレームバッファ・直前オブジェクトの使い方
  2. クリッピングする
  3. 好きなエフェクトを適用する

このようにすれば全てのエフェクトを適用できます。

screenshot_51011
▲「部分フィルタ」で適用できないグラデーションを適用できたりする

このページの情報は以上です。

関連【AviUtl】シーンチェンジの使い方と種類【切替効果】

コメント一覧

  1. 小松 より:

     どうしても、やりたかったのが、「 放射ブラー 」と言う、

    映像が流れる効果をマスターしたくて、ググっておりました。^^

    Aviutlは殆どが、貴殿のサイトに辿りつきますね。

    大変に助かっており、バカ高いアフターエフェクトを買うよりも

    全然、お得ですね。

    色々と、ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    ここに書いてあるやり方でやっても全くぼけないんですが。

  3. 匿名 より:

    ほかにも書きましたが、動画の下のレイヤーに入れないと使えないとほかのサイトで見ました。
    これが本当なら、最も重要な説明が抜けています。