Audacityの簡単な使い方と導入方法を解説

フリーのオーディオ編集ソフト「Audacity」の導入方法や、簡単な使い方を超簡単に説明します。

スポンサードリンク

Audacityとは?

Audacity-logo-r-450wide-whitebg

フリーでオープンソースな多機能なマルチトラック対応のオーディオ編集ソフトです。

・音声をカット・結合したり、
・複数音声を合成したり、
・様々なエフェクト効果を掛けたり、

いろいろなことが出来ます。

導入方法

Audacityのダウンロード・インストール方法を紹介します。

  1. こちらのページ(Audacity プロジェクト日本語トップページ – OSDN)より、本体ファイルをAudacity本体(audacity-win-X.X.X.exe )をダウンロードする
    Audacityダウンロード場所
    ※.zip版の場合は解凍するだけでOKです
  2. ファイルを実行する
    ファイルアイコン_Audacity

    • あとは指示通りに「次へ」「次へ」と押していく
      Audacity_インストール1
  3. 完了したら「完了」をクリックして終了します。
    インストール完了_Audacity

画面の見方

主に使用するのは、↓画面の①~④の部分だけです。

それぞれの役割について超簡単に説明します。

各メニュー・ウィンドウの説明

※詳しい画面の見方を知りたい方はコチラのサイト(【Audacity】基本的な操作方法とメニュー等の説明②【初心者講座】)を見て下さい。

①再生メニュー

再生・一時停止・録音とかするメニューです。

②ツールバー

普通に使用する分には、選択ツール(選択ツール)とタイムシフトツール(タイムシフトツール)くらいです。

選択ツール(選択ツール)は「選択範囲」の指定が出来ます。

選択ツール

タイムシフトツール(タイムシフトツール)は、クリップ単位で(トラックを分割した1つ当たりの単位)時間をずらせます。

タイムシフトツール

③デバイス選択メニュー

録音とか再生に使用するデバイスを選択するメニューです。

④トラック画面

トラック画面です。この画面を中心に編集していきます。

2015-10-25_08h59_551

※画面の詳しい見方等については以下のサイトを参考にしてください。

Audacityの簡単な使い方

多くの人が行いたいであろう編集作業を、段落毎に紹介していきます。

①音声の一部をカットする

音声の一部をカットする方法についてです。

  1. まず、カットしたい音声をAudacityのメイン画面にドラッグ&ドロップします。
    ファイル読み込み前_エコー
  2. カットしたい部分をマウスでドラッグして「選択範囲」で指定します。※選択ツール(切り取りボタン)を選択した状態でないと選択出来ません
    選択範囲_どらっぐ

この状態で以下の事をする事でカット出来ます。

  1. Ctrl+Alt+X or Ctrl+Alt+K(分割して切り取り・削除)
    分割して切り取り
  2. Ctrl+X or Delete (切り取り・削除)
    選択範囲を切り取る(1

これだけです。

あとは「書き出し」をするだけです。

②エコーをかける

「エコー」をかける方法についてです。

○エコーサンプル

▼エコー掛ける前 ▼エコー掛けた後
  1. 先ほどのように「選択範囲」を指定します。
    選択範囲_どらっぐ
  2. その状態で、メニューの「エフェクト」→「エコー」を選択します。
    メニュー_エコー
  3. エコーについての設定画面が表示されるので、自分好みに設定して「OK」を押します。
    エコー_設定画面

これでエコーがかかります。

※エコーの詳しい使い方については以下のページを参照してください

③音声を合成(マルチトラック)する

合成は、合成したい音声ファイルを全てタイムラインにドラッグ&ドロップするだけです。

例えば、2つの音声ファイルをドラッグ&ドロップすると以下のように、「トラック」が2つ追加されます。

音声合成_Audacity

これを自分の好きなように「エコー」をかけたり、タイムシフトツール(タイムシフトツール)でずらしたり、カットしたりしたりして、普通に「書き出す」だけです。

④ファイルを書き出す(出力する)

編集した音楽ファイルを書き出す方法です。

書き出せるファイル形式は、

  • wav
  • mp3(Lameエンコーダーを別途ダウンロードしてきてパスを通す必要有り)
  • flac
  • aiff
  • wma(FFmpegを別途ダウンロードしてきてパスを通す必要有り)
  • m4a(aac)(FFmpegを別途ダウンロードしてきてパスを通す必要有り)
  • ogg(vorbis)(FFmpegを別途ダウンロードしてきてパスを通す必要有り)

とかです。

良く使用するであろうmp3もデフォルトでは使用出来ないので、lameのエンコーダーをダウンロードしてきてパスを通す必要があります。

○書き出す手順

書き出しだいあろぐ

書き出す手順としては、以下の3種類の方法が有ります。

  1. メニューの「ファイル」→「オーディオの書き出し」から書き出す
  2. メニューの「ファイル」→「選択したオーディオから書き出し」から書き出す
  3. メニューの「ファイル」→「複数ファイルの書き出し」から書き出す

とりあえず全トラックの音声を全てミックス(合成)して書き出したいなら1.で書き出します。

それぞれの違いについては以下のページを参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

コメント一覧

  1. 寿士 より:

    カラオケみたいにボイスをカットする方法はありませんか?