【AviUtl】弾むの使い方【アニメーション効果】

AviUtl拡張編集プラグインのエフェクトの1つである「アニメーション効果」の「弾む」の使い方ついて紹介します。

※gif動画を貼り付けまくっている為、ページが少々重いです

スポンサードリンク

弾む

ボールを地面に自由落下させた時の跳ね返る様を表現したようなアニメーション効果です。

アニメーション効果_弾む

速さ

跳ね返る速さ(周期)を設定出来ます。「100」で0.1秒毎に往復します。(1秒で10往復)

デフォルト 速さ大
弾む_sample 弾む_速さ

高さ

跳ね返りの高さを設定出来ます。(単位:px)

デフォルト 高さ小
弾む_sample 弾む_高さ

角度

跳ね返りの角度を設定出来ます(単位:度)

デフォルト 角度「45」
弾む_sample 弾む_角度

ずらし

「振り子」と同じく、テキストオブジェクトで「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れてる場合に有効になる項目です。50で半周期分ずれて、100で元に戻ります。

デフォルト ずらし「25」 ずらし「50」
弾む_ずらし1 弾む_ずらし25 弾む_ずらし50

ボールを弾ませるような動画を作ってみる

「弾む」と「カメラ制御」と「カメラ制御(シャドー)」を使えば以下の様な動画を作る事も可能です。

地面を作る

↑動画では「さつき」氏の「市松模様N@FIGURE」というカスタムオブジェクトを使用して地面的なモノを再現してます(図1)

  • 「X軸回転」を「90」に変更して平面にする
  • 「横回数」「縦回数」を適当な数にして引き伸ばす
  • 「Y」を「0」にして地面とする

すると図2のようになります。「横回数」と「縦回数」は増やしすぎると動作が重くなるので注意です。

市松模様
図1

s-市松模様_地面
図2

「球」を作る

「球体」は「アニメーション効果」→「球体(カメラ制御)」にする事で作れます。また「図形の種類」を「四角形」にする必要があります。(図3)

また、作成した「球」を地面に付いているような状態にしたい為、「Y」を調整します。

例では「アニメーション効果」の中の「サイズ」を「25」としている為、「Y」を「-25」しています。(「拡大率」や「サイズ」を変えると変わってくるので注意)

※サイズを大きくしすぎるとAviUtlの動作が非常に重くなるので注意です。

球_アニメーション - コピー
図3

s-球体作成_弾む
図4

「球」を弾ませる

「球体」に「アニメーション効果」→「弾む」を追加します。↑の動画では1秒間に1回バウンドさせていますので「速さ」を「10」としています。(図5)

※高さとかは適当です

球_アニメーション
図5

影(シャドー)を付ける

拡張編集タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「シャドー(カメラ制御)」で影を追加します。(図6)

詳しくは以下の記事を参照してください
シャドー(カメラ制御)を使って影を付ける方法

s-影付けた後_弾む
図6

バウンド音を付ける

1秒間に1回バウンドさせますので、1秒間間隔で音をループ再生させます。(バウンド音は適当な動画から抽出しました)

抽出したバウンド音:バウンド音

地面に着地した瞬間にボールを微妙に横変形させるようにすれば、面白いかもしれませんね。

関連スクリプト