AACSとは?BDのコピーガードの仕組みを簡単に解説

BDのAACSの仕組みはかなり難解です。

私も最近やっと理解出来た(と思う・・・)ので、自分の頭の中を整理する意味でも記事にしてみます。

BDをリッピングしようと思っている人は絶対に知っておいた方が良い知識なので、ぜひ覚える事をおすすめします。

記事読む前に

※この記事は簡単に説明しようとしすぎて、情報自体に誤りがある可能性大な上に、逆に分かりづらくなっているという本末転倒なクソ記事なのであしからず。。(詳しく知りたい人は最後の「リンク集」を見てください

スポンサードリンク

最初に)AACSとは?

aacs

AACSは、主にBDに使用されているコピープロテクト技術(暗号化技術)のことです。DRMの一種ですね。

適用されてる対象としては、

  • 市販のBD(レンタル含む)
  • BDレコーダーで録画した番組をダビングしたBD
    • 地上波・BS・CS等

など。

普通に店とかで売ってる映画とかのBDには全部AACSがかけられていますし、BDレコーダーで録画した地デジ番組をBDとかにダビングした場合とかでもAACSがかけられてしまいます。

これらのBDを再生しようとしても、AACSで強固に暗号化されているので、AACSを解除してからでないと動画を再生する事が出来ません。

自作したBD(BDMV、BDAV)以外のBDには、ほぼ全て掛けられているという認識でOKです。

また、AACS技術が使用されている機器(BDレコーダーとか)で、映像をアナログ出力してキャプチャしようとしても、映像が強制的にSD画質に落とされてしまってハイビジョン画質でキャプチャする事が出来ないという徹底振りです。

このAACSのプロテクトはかなり難解(一時的には頑張れば解除できるけど、解除されたのをすぐに対策出来るような仕組みになっている)なので、現状「AnyDVD HD2016年2月24日にてSlySoftのサイト閉鎖)」や「DVD Fab Passkey」などの有料ソフトじゃないと解除する事が出来ません。(いたちごっこを繰り返してるのが現状)

ただ、古いバージョンのAACS(v10とかまで)なら、フリーソフトで解除する事が出来ます。

※DVDに使われてるCSSっていうプロテクトもAACSと同じような仕組みなのですが、暗号の解読キーを生成するアルゴリズムがチンチクリンだった為に、現在ではコピーガードとして意味を成さなくなっています。(フリーソフトでも簡単に解除できちゃう)

AACSの仕組み

仕組みについて”超ザックリ”説明します。

※超ザックリなので、間違っている部分もあります。

(何回も言いますが)正確に詳しく知りたい人は最後に貼ってる「参考になるリンク集」を参考にしてください

AACSを解除して動画を再生するまでの流れ

①AACSは3つのキーで暗号化されてる

AACSでBDを暗号化する際には、3重の仕組みで暗号化されています。

まず最初に、BDの中身自体(動画そのもの)を「タイトルキー」という文字の羅列で暗号化します。

そしてその「タイトルキー」は、「メディアキー」と呼ばれるキーで暗号化します。

そしてまたまた「メディアキー」は、「デバイスキー」と呼ばれるキーで暗号化します。。

・・・ややこしすぎますね。。

つまり、「デバイスキー」があれば、AACSがかけられたBDを再生できるという事です。(ここではこれだけ理解してください)

②最初に「デバイスキー」で「メディアキー」を復号化する

デバイスキー」は、BDレコーダー・BD再生プレイヤーなどの「再生機器」や「再生ソフトウェア」などに各種1つだけ設定されています。

例えば、BDレコーダーの機種1つ1つに「デバイスキー」は設定されていますし(1機種に使用されるデバイスキーは同一)、WinDVDなどの再生ソフト1つ1つにも「デバイスキー」は設定されています。

これらの「デバイスキー」を用いて、「メディアキー」を復号化するわけですが、この「メディアキー」はBDディスク自体に暗号化されて記録されています。

この「メディアキー」が保管されている部分の事を「MKB(メディアキーブロック)」と呼びます。

例えるなら、「MKB」という部屋に「メディアキー」という錠前付の扉が無数(1万個とか)にあって、それらを手持ちの「デバイスキー」という鍵で開錠できるかひたすら試していくみたいな作業をします。

また、それらの扉の出口は、全て「メディアキー」という出口に繋がっているので、どの扉から入っても同じです。

ただ、この部屋には指名手配犯を追い出す仕組みがあって、それがAACSの仕組みの肝となっています。

どういう事かというと、この「デバイスキー」というのは、ハッキングする事でたびたび破られる事があるのです。

AACSでは、ハッキングされた「デバイスキー」を発見したら、それ以降製造するBDディスクには、「デバイスキー指名手配情報(DRLとかHRLとかって呼ぶらしい)」みたいな情報をBDディスクに付加するような仕組みになっています。

なので、部屋に入った時点で、そいつが指名手配犯なら追い出すようになっています。

このように、ハッキングされた「デバイスキー」を使用出来ないようにBDに情報を付加する事を「AACSのバージョンが上がる」と呼ぶのです。

③「メディアキー」で「タイトルキー」を復号化する

デバイスキー」で開いた部屋に入ると、次は「メディアキー」を手渡されるので、それを使用して「タイトルキー」という扉を探しだして入ります。

④「タイトルキー」で動画を復号化する

メディアキー」で開いた部屋に入ると、次は「タイトルキー」を手渡されるので、あとはそれを使用して動画を復号化して再生します。

AACSを解除して、再生するまでの流れは”超ザックリ”説明すると以上です。。

AACSのバージョンアップによる再生互換性

AACSのバージョンアップさえしなければ、ハックされたデバイスキーを使用して、永遠とリッピングとか可能なんじゃね?」って思うかもしれませんが、AACSのバージョンが上がったBDディスクを、それよりバージョンが低いBDレコーダーなどに挿入すると、BDレコーダーのAACSのバージョンがBDディスクのAACSバージョンまでバージョンアップさせられるというクソみたいな仕様になっているので無理です

例えば、V12のBDディスクを、V10なBDレコーダーに挿入すると、BDレコーダーがV12になっちゃうということです。

※ちなみにこのようにバージョンアップさせられる事を「AACSに感染した」みたいに呼ぶ事があります

そして、V12になったBDレコーダーでは、V12以上のディスクしか再生できなくなります。

つまり、全ての機器・ソフトのAACSのバージョンが一致・もしくは上回っていないと再生できないという事です。

例を出すと、以下のようなパターンなら再生できます。

  • BDドライブ:V12
  • BD再生ソフト:V12
  • BDディスク:V12以上

以下のような例だと再生できません。(V11以下のBDドライブ・BD再生ソフトを使う必要がある)

  • BDドライブ:V12
  • BD再生ソフト:V12
  • BDディスク:V11

もし以下の様な感じで、バージョンの高いBDディスクを挿入すると、

  • BDドライブ:V12
  • BD再生ソフト:V12
  • BDディスク:V13

以下のようにBDドライブはBDディスクによって勝手にアップデートされます。

  • BDドライブ:V13
  • BD再生ソフト:V12
  • BDディスク:V13

BD再生ソフトの方も、「バージョンが低いから再生出来ない!」というエラーが出て、ソフトを製作している会社側から強制的にバージョンアップ(AACSの更新)させられます。(この再生ソフトのAACSの更新は、再生ソフトのサポートが終わっていると更新できないので注意)

最終的に以下の様にバージョンが全て統一化されることで、やっと再生できるようになります。

  • BDドライブ:V13
  • BD再生ソフト:V13
  • BDディスク:V13

まとめ

というわけで、仕組みを簡単にでも理解してもらえれば分かるかと思いますが、最新映画とかのBDをリッピングしたい場合は、有料のリッピングソフトを購入するしか、今のところ解決策はありません。(最新のAACSに対応してるのは有料ソフトだけだから)

フリーソフトだけでBDをリッピングしたいと考えてるなら、以下の点に気を付けた方が良いです。

  • BDのリッピングに使用するBDドライブ・BDレコーダーには新しいAACSが適用されてると思われるBDディスクは出来る限り挿入しない
    • つまり新作映画とかのBDのリッピングはしない

地デジとかの録画をパソコンに保存したいと考えてるなら、レコーダーのAACSとパソコンのBDドライブのAACSを低くキープしておけば、ずっとAACSを解除してリッピングする事が可能ですからね。

地デジ・映画などの著作権がアリアリなBDをリッピングする事は違法なので、そもそも止めましょう。

参考になるリンク集

私のこのクソ記事より、遥かに詳しく、分かりやすく、丁寧に解説しているサイト様達です。

このページの情報は以上です。

関連ページ:DRMとは?コピーコントロールとアクセスコントロールの違い【コピー制御・アクセス制御】

関連ページ:色々なコピーガードを解除する方法まとめ【AACS・CSS・CPRM・Cinavia・HDCP】

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 管理人 管理人 より:

    ご指摘の通り間違いでした。ありがとうございます。

  2. KEN より:

    以下 以上 未満 どのように認識しておいででしょうか?
    12以下(12未満)という条件は成立しないにではないでしょうか?

    • 管理人 管理人 より:

      すみません。全く真逆の事を書いていました。修正しました。
      勘違いさせてしまって申し訳ございません・・。

  3. 貧乏人 より:

    復号化 と言う日本語は有りません。
    暗号 とは状態であり、暗号状態に至らせる行為を 暗号化 と言います。
    対して 復号 とは状態では無く、暗号 と言う状態を解く為の行為です。
    なので、復号化 ではなく、復号 が正しい日本語です。
    一般的には、暗号 を解いた状態を 平文 と言う場合が多いので、○○化 と言う表現に拘るなら、平文化 が妥当です。
    もし、復号 と言う状態が存在し、それに至らせる行為が存在すれば、復号化 かもしれませんが。