【AviUtl】動画音声のホワイトノイズを除去する方法

AviUtlで動画音声のホワイトノイズを削除する方法について紹介します。

スポンサーリンク

ホワイトノイズとは?

マイクで録音したときに入るサーーーーーッという音のことです。

動画音声のホワイトノイズを削除する方法

方法は2つあります。

①Audacityなどの音声編集ソフトを使う方法

ザックリいうと以下のような流れで削除できます。

  1. AviUtlにて「ファイル」→「WAV出力」から、動画の音声のみを音声ファイルとして出力する
    参考【AviUtl】動画から音声を抽出(分離)する方法
  2. 出力した音声ファイルをAudacityなどの音声編集ソフトで読み込み、ノイズを除去し、再び音声ファイルとして出力する
  3. AviUtlにて、もともとの動画ファイルの音声を削除し、Audacityで出力した音声ファイルを読み込む

この方法については他に解説しているサイトがたくさんありますし、「そもそもAviUtlを使った方法じゃないじゃん!」という話なので詳細については割愛します。

②AviUtlのVSTプラグインを使う方法

従来は①の方法でしかホワイトノイズは消せませんでした。

ですが近年、AviUtlでVSTプラグインを読み込むことができるプラグインが開発されたので

参考【AviUtl】VSTプラグインを使用できるようにする方法

そのプラグインを使って「ホワイトノイズを消すためのVSTプラグイン」を読み込めば、AviUtlでもホワイトノイズの削除ができます。

例えば「ReaPlugs」というVSTプラグインの中に含まれている「ReaFir」を使えば、ホワイトノイズを削除できます。

まず、「ReaPlugs」をインストールしましょう。(AviUtlは32bitソフトなのでダウンロードするReaPlugsも32bitのものを選択しましょう)

▲ReaFir以外はチェックを外して大丈夫です。

インストールできたらAviUtlを立ち上げて、次の手順でReaFirを読み込ませましょう。

中の「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの優先度の設定」の中

  1. タイムライン上で右クリック → フィルタオブジェクトの追加 → VST Hosting#1をクリック
  2. 設定 → VST Hosting#1をクリック
  3. 出てきたウィンドウで「VSTプラグインの選択」をクリックし、インストールしたReaFir(reafir_standalone.dll)を選択する
    (デフォルトだと「C:\Program Files (x86)\VST\ReaPlugs」にインストールされているとおもいます)

次にReaFirを使って、ホワイトノイズの削除を行いましょう。

次の手順でホワイトノイズの削除ができます。

  1. 「設定ウィンドウ」をクリックし、ReaFirの設定ウィンドウを出す
  2. Modeを「Subtract」に変更し、Automatically build noise profile(enable during noise)にチェックをつける
  3. ノイズだけが鳴っている部分を一瞬だけ再生する
    • ここで注意ですが、ノイズ以外の音が混じっている部分は再生してはいけません。”ノイズだけ”が鳴っている部分を再生するようにします。(ここでノイズ音を取り出してそれを利用してノイズを削除するため)
  4. Automatically build noise profile(enable during noise)のチェックを外す

これで後は普通に再生すると、VSTプラグインオブジェクトが挿入されている区間だけノイズが消えているはずです。

(もちろん他のオブジェクトと同じで、VSTプラグインオブジェクトより上のレイヤーに設置されている音声にしかホワイトノイズ削除効果はありません。なのでBGMなどのノイズがない音声オブジェクトはVSTプラグインオブジェクトより下のレイヤーに設置しましょう)

「なんだか微妙にうまく消えてないかも・・?」という場合は、ノイズをサンプリングする箇所を変えてみたり、ノイズをサンプリングする際に再生する箇所の音量を下げたり上げたりして3. ~ 5.の部分を繰り返してみましょう。

それでもどうしても消えない場合は、自分で赤色の波形を微調整して頑張りましょう・・↓。

▲ドラッグすると波形を手動で編集できます。(Edit modeを変更すると編集方法を変更できます)

うまく消せると、以下のようになります。

▲ホワイトノイズ削除前

→「サーーーーッ」という音が鳴っています。

▲ホワイトノイズ削除後

→「サーーーーッ」という音が消えています。

↑この例は

という組みあわせで撮影した音声です。

使用マイクがそこそこ値段のするものなので、そこまでホワイトノイズが出ていないですし、出ているホワイトノイズもキレイな一定(?)のホワイトノイズなので割と違和感なく消せています。さらにノイズ以外の音が人の声だけなので違和感もほとんどありません。

さらにBGMをかぶせて再生してやれば、違和感は0になると思います。

ですがこのような組み合わせと違って、スマホやデジカメの内蔵マイクだったりを使用するとホワイトノイズがかなり大きくなるので、うまく消しづらくなります。またそのようなマイクで人の声以外の雑音(なにかを擦る音だったり)が入ってしまうとすごく違和感のある音になってしまったりします。

なのでこの記事の方法が通用するのは

  • そこそこ良いマイク使っていてキレイなホワイトノイズが出ていない
  • 人の声以外の音があまり入っていない

という場合に限定されるかもしれません。

補足①

ここで設定したVSTプラグインの設定は、AviUtlを終了すると消えてしまいます。(その場合は再度、ReaFirを使ってホワイトノイズを削除するための操作を行う必要があります)

なので、ホワイトノイズの設定は「動画編集がすべて終わってあとはエンコードするだけだ!」みたい状態になってから行うのをオススメします。

補足②

右上のチェックをONにすると、動画全体でVSTプラグインの効果がONになります。
(タイムラインにVSTプラグインのオブジェクトを挿入していなくてもONになってしまうので注意です)

補足③

タイムラインに挿入されているVSTプラグインオブジェクトをダブルクリックすると、以下のような設定ダイアログが表示されますが、このウィンドウで「VSTプラグインの選択」や「設定ウィンドウ」をクリックしてもウィンドウは表示されないので注意です。

根本的解決 → ホワイトノイズをなくす

そもそもホワイトノイズがなければ、ホワイトノイズのことを考える必要もなくなります。

なので以下のような対策でホワイトノイズをなくすようにしましょう。

  • 大きい声で喋る
    →大きい声で喋れば全体の音量を下げることができる。そうすればほとんどホワイトノイズが気にならないくらい小さくできる
  • ホワイトノイズが乗らないマイクを買う
    →内蔵マイクは論外。AT9945CMのようなプラグインパワーのマイクもホワイトノイズは避けられないのでできれば避けたほうが良い。
    →1番の理想は単独で電源を供給するタイプ(内蔵電池やバッテリー)のマイクで、有名メーカーが出しているミドルレンジ以上のマイク。例えばRODEのVideoMic Pro+TASCAMのDR-05VER2-JJを使えば使えばノイズをほぼ0にできます。(特に後者のマイクはリアルで聞くのと大差ないレベルの音質です。その分、接続などの準備が面倒ですが。)
  • 相性の良いカメラを買う
    →プラグインパワーのマイクの場合、カメラとの相性によってホワイトノイズが小さくなったり大きくなったりするので、他にほしいカメラがある場合は新しく買ってみるのも手だったり・・。

このページの情報は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました