VBR・ABR音源をCBRに変換する方法【iTunes】

VBR(可変ビットレート)・ABR(平均ビットレート)音源を、CBR(固定ビットレート)音源に変換する方法について紹介します。

使用するソフトは「iTunes」です。

スポンサードリンク

音源の確認方法

変換したい音源が「VFRなのかABRなのかCBRなのか」を確認するにはMediaInfoなどのファイル解析ソフトを使うと判別出来ます。

vbr確認

※MediaInfoの使い方などは以下の記事を参考にしてください。
MediaInfoのインストール方法と使い方(内部リンク)

変換の手順

iTuneを立ち上げ、メニューの「編集」→「設定」を開きます(図1)

※メニューが無い場合は「Alt」キーを押す事で表示出来ます

itune_設定_開き方
図1

「インポート設定」をクリックします(図2)

itune_インポート設定
図2

エンコードの設定を行います。(図3)

インポート方法:「.mp3」「.wav」(.aac含)「.aif」などから選べます。(ここでは.mp3でエンコードする事にします)

設定:ビットレート・サンプリングレートなどを指定出来ます。また、ビットレートモードをCBRかVBRかを選択する事も出来ます。

itune_インポート設定1
図3

変換したい音源を適当なプレイリストに追加し、「右クリック」→「MP3バージョンを作成」をクリックします(図4)

※インポート設定画面にて設定した「インポート方法」によって、表記が変わります。例えば「WAV」を選択した場合は以下のように「WAVバージョンを作成」という表記になります。(図5)

mp3バージョン作成
図4

wavバージョンを作成
図5

変換が始まります(図6)

itune_変換中
図6

変換されたファイルは「マイミュージック」→「iTunes」→「iTunes Media」→「Music」の中に保存されています。(図7)
(このフォルダの場所を変えたい場合は、メニューの「編集」→「設定」を開き、詳細タブの中の「変更」からフォルダ場所を変更出来ます)

itune_詳細_フォルダ場所
図7

変換完了後はMediaInfoなどでCBRになっている事が確認できます。

変換後_cbr

スポンサーリンク