【AviUtl】中間点とは?簡単な使い方と各画面の見方について

AviUtlの拡張編集プラグイン機能の1つである「中間点」について紹介します。

まともな動画編集をする為に、必須とも言える機能なので是非覚えましょう。

スポンサードリンク

中間点とは?

AviUtlの拡張編集プラグインの機能を使えば、動画を再生しつつオブジェクト(画像、音声、動画)のパラメータを変化させる事が可能です。

例えば以下のように画像オブジェクトを移動(変化)させたりする事が出来ます。

移動前 移動後
▲移動前 ▲移動後

「位置の移動」だけではなく、「拡大率」「透明度」「縦横比」など、設定ダイアログのパラメータ表示されているものは全て「変化」させる事が出来ます。

パラーメータ変化可能

しかし、これでは「直線的な変化」しかさせる事が出来ません。(右へ移動させた後に左へ移動させたりとか、拡大させた後に縮小させたりとかは出来ない)

そこで「中間点」を使用する事で、以下のように「変化点」を追加する事が出来ます。

中間点追加例 中間点追加した例
▲中間点を追加した例 ▲gif

移動方法(変化方法)の種類については以下の記事を参考にしてください。
設定ダイアログの解説【移動方法】

中間点を追加する方法

オブジェクトに中間点を追加するには、「拡張編集タイムライン上」もしくは「設定ダイアログのタイムライン上」にて、中間点を追加したいオブジェクトの位置で「右クリック」→「中間点を追加」中間点を追加)から追加出来ます。

デフォルト状態では、「右クリックした位置(フレーム)」に中間点を挿入しますが、拡張編集の「環境設定」から「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れると、どの位置からクリックしても、現在フレーム(赤の縦棒)位置に中間点を挿入出来るようになります。

赤の縦棒

もしくは、オブジェクトを選択した状態で「P」キーを押す事でも追加出来ます。

中間点追加後
タイムライン_中間点追加 中間点追加_設定ダイアログ
▲タイムライン ▲設定ダイアログ

中間点を移動する方法

挿入した「中間点」は、

中間点部分(縦破線部分)をドラッグで移動させる事が出来ます。

各画面との関連性

タイムライン、設定ダイアログ、本体ウィンドウとの関係は以下のようになります。

この画面が中間点機能のすべてを表しています

中間点_1

現在位置(赤の縦棒)の区間の「始点」と「終点」が、それぞれ「枠」と「枠」です。

  • 「始点」:「枠」
  • 「終点」:「枠」

違う区間のパラメータを変更したい場合は、現在位置(赤の縦棒)を移動させます。(↓画像)

中間点_2

(現在位置を変更させるには、タイムラインから移動させる以外に、設定ダイアログの上にあるタイムラインの現在位置(赤の縦棒)をドラッグする事でも移動出来ます)

「カメラ制御」を追加した場合の表示

「カメラ制御」オブジェクト(カメラ制御オブジェクト画像)を追加した場合のみ、AviUtl本体ウィンドウに中間点に対応した破線枠が表示され、それらをクリックする事で対応したフレームに瞬時に移動出来ます

カメラ制御_中間点

※カメラ制御の基本的な使い方については以下の記事を参考にしてください
カメラ制御の使い方について【拡張編集】

区間変更方法

中間点位置を均等配置する

「拡張編集タイムラインのオブジェクト上」、もしくは「設定ダイアログのタイムライン上」で「右クリック」→「中間点を時間で均等配置」を選択すると、バラバラに配置された中間点を均等に再配置する事が出来ます。

中間点_均等配置

一定の間隔でオブジェクトを変化させたい時などに使います。

 区間の長さを変更する

設定ダイアログ上のタイムライン上で「右クリック」→「選択区間の長さ変更」から選択中の区間の長さを変更する事が出来ます。

「区間の長さ変更」の流れ
選択区間の長さ変更 長さ変更(区間) 長さ変更後_設定ダイアログ
▲「選択区間の長さを変更」 ▲ダイアログ ▲変更後

こんな感じ↓で「選択中の区間の長さだけ」変更出来ます。

長さ変更例

「ここの区間の変化はゆっくりにさせたい!」とか「早くさせたい!」という場合に使います。

また一時停止させる際にも、一時停止させる長さを秒数を指定出来るのでかなり重宝します。
参考:動画の一部を一時停止させる方法【動画編集】