ツイッターに投稿する動画の条件について【動画形式・コーデック】

追記:

頻繁に仕様変更してるみたい?なので、もしかしたらこの記事の内容と実際が異なってるかもしれません。

↓――――――――――――ここから元記事開始――――――――――――↓

twitter_icon

ツイッターに動画を投稿する際の条件とか、気をつけた方が良い点とかをまとめてみました。

かなりな高画質・高解像度の動画を投稿できるみたいです。

スポンサードリンク

ツイッターに投稿する動画の条件

投稿する動画の条件は以下に当てはまっていればOKらしいです。

  • 動画形式:.MOV or .MP4
  • 映像コーデック:H.264(high-L4.2まで
  • 音声コーデック:AAC(LC)
  • ファイルサイズ:512MBまで
  • 長さ:30秒まで 2分20秒まで(投稿する際に45秒まで縮める)という」仕様に変わった??(追記)
  • 最小解像度: 32 x 32
  • 最大解像度: 1920 x 1200 (および1200 x 1900)
  • 縦横比: 1:2.39~2.39:1の範囲 (両方の値を含む)
  • 最大フレームレート: 40fps
  • 最大ビットレート:25Mbps

引用:https://support.twitter.com/articles/20172147#video-formats

・今流行りの動画形式・コーデックですね。(Youtubeやニコニコでも推奨している「MP4(H.264、AAC)」です)

・MOVに対応しているのは、iPhoneユーザーを考慮しての事でしょう。(iPhoneで撮影した動画は「MOV(H.264、AAC)」なので)

・「長さ30秒まで」っていうのは結構キツいですが、ビットレート25Mbpsも割けるのはすごいですね。ブルーレイ動画とか投稿出来るって事ですからね。
※地デジとかでも16Mbpsとかですからね。(BS/CSで20Mbpsくらい)

・最大フレームレートは何故40fpsとかいう微妙な値なのか分かりませんが、最近のスマフォは60fpsで撮影できるものが多いので要注意です。(60fpsな動画の場合はfpsを落とす必要有り)

目的別

iPhone・Android等のスマフォで撮影した動画を投稿したい人

先述したように、40fps以内に収めておけば、そのまま投稿出来ます

※たまにMPEG4やMJPEGコーデックで撮影するスマフォが有るみたいなので注意ですが

今時の動画の動画フォーマット・コーデックに則したものとなっているので、何も加工なしにそのまま投稿すればOKです。

PC等で動画編集した動画を投稿したい人

ビットレートとかファイルサイズは、この解像度で超える事はまずあり得ないので、

何も考えず超高画質で出力してしまえばOKです。

、URL先では、H.264の「プロファイル」について言及されていません。
恐らく、「baseline」まで落としたほうがトラブルが起きにくいと思いますので、(念のため)出力の際はプロファイルを「baseline」に変更しましょう。

「プロファイル」っていうのは、H.264のポテンシャルの高さみたいな設定のことです。
この項目で高機能なものを選べば選ぶほど、動画は高圧縮になっていきますが、その分、再生負荷も上がりますし、再生の互換性も下がります。

ツイッター側のシステムが”baseline”しか対応してないかもしれないから、一応”baseline”にしといた方が良いかもね!」というだけの話です。(baseline→Main→Highみたいな感じで上がっていく)

※ちなみに(かなり大雑把ですが)「baseline」と「High」設定でそれぞれ出力した場合、「High」の方が20%くらいファイルサイズが小さくなります。(動きの激しい実写動画の場合)

参考:H.264 – Wikipedia(下らへんにプロファイルについての詳しい定義とか載ってます)

AviUtlでツイッター用の動画を出力する方法

このサイトの主題でもあるAviUtlで出力する方法についても一応簡単に紹介します。

AviUtlで、この条件に当てはまる動画を出力するには、「x264guiEx」を使用するしか有りません。(x264VFWを使用すればH.264出力出来ますが、この場合、コンテナはAVIになってしまうのでダメです)

出力するにはまず、動画を読み込んで、30秒分2分20秒(追記)までだけ「選択範囲」を設定します。

6d483fcc3428bdd4bc27b0a03c4f2678

フレームレートが40fpsを超えてる場合は、メニューの「設定」→「フレームレートの変更」からフレームレートを落としましょう。(それか「編集」→「再生速度情報の変更」からプロジェクトのfps自体を変更)

次に、メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264(GUI)出力」を選択して、「ビデオ圧縮」ボタンを押して、以下の画面を出します。

x264_twitter
▲追記:後述していますがビットレートを高くしてもどうせ再エンコされるので変更する意味は有りません

↑画像のように、左下の「デフォルト」ボタンを押して、「プロファイル」を「baseline」に変更して、普通に動画出力をすればOKです。

その他のエンコソフト

MP4(H.264、AAC)でエンコ出来ればどんなソフトでもOKです。

ニコニコユーザーに定評のある「つんでれんこ」とかでも問題有りません。(ただ、つんでれんこの場合は30秒分だけエンコとかは多分出来ない)

※エンコソフトについては以下記事などを参考に。

おすすめのフリーエンコードソフト11選【エンコーダー】

その他補足

色の劣化について(画質の劣化)

MMD関連で、「投稿した動画の色が劣化する!」みたいな人が多いみたい(?)ですが、

H.264の色空間はYV12(YUV420)なので、ほとんどの場合劣化してしまいます。(防ぎようが有りません)

また、MMD動画を作っている人は、UtVideo(RGB)で動画を出力してる人が多い(?)と思いますが、RGBの場合は特に色の劣化が激しくなります。

RGB動画の場合は、ダウンサンプリングフィルタなどのフィルタを使用してエンコすれば、(多少)色の劣化をマシに出来ます。
2016-01-25_00h40_04

追記:うp出来る仕様の検証

以下のページにて、ツイッターへ投稿出来る動画について検証されています。

TwitterへのMP4アップロード検証 – Togetterまとめ

対応しているプロファイル・レベルは、「high-L4.2」までという事らしいです。(これ以上だとアップできない模様)

「何のこっちゃ?」という人は、「Baselineでうpすれば良い」ってだけ覚えとけばOKです。

※詳しく知りたい人はこのページ(H.264のプロファイルとレベルについて)を読めば理解出来ると思います

追記:再エンコード仕様について(高画質・高音質で動画投稿するのはムリ)

色々な条件で動画を投稿してみたのですが、

(↑この呟きの動画をDLしてもらったらわかると思います)

どの動画も、

  • 映像コーデック: H.264 Main-L3.1
  • 音声コーデック:AAC-LC
  • 解像度:1280×720
  • 映像ビットレート:2Mbps以内くらい
  • 音声ビットレート:128kbps

まで強制的に落とされるみたいです。(私が試した限りですが)

※つまり「1920×1080」「20Mbps」みたいなブルーレイ並の神画質動画も全て、「1280×720」「2Mbps以内くらい」という状態まで落とされてしまうという事

なので、(残念ながら)ツイッターに高画質・高音質で動画投稿するのはムリです。

追記:視聴環境・時間によって画質が変わる??

これは完全に憶測なんですが、もしかしたら、

  • ツイッターの負荷状況
  • 視聴しているデバイス(パソコン、スマホ等)
  • 時間帯(20:00~22:00の間とか)

によって、動画の画質は変化するのかも?しれないです。(ニコニコのエコノミーモードみたいな感じで)

詳しい仕様が公開されていないのでなんとも言えないですが、同じ動画でも「高画質な時」と「低画質な時」がある気がします?

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク