Tvtest+Tvplay+TVCaptionでTSファイルを字幕付で再生する方法

以下の3つのソフト(プラグイン)を使用して、録画した.tsファイルを字幕付で再生する方法についてメモ。

  1. TV Caption
    • TVtestで字幕付で視聴・再生するためのソフト
  2.  TvtPlay
    • TVtestで.tsファイルを再生するためのプラグイン(2倍速再生・0.5倍速再生も可能)
    • 録画中の.tsファイルの追っかけ再生も可能
  3. TVtest
    • 地デジ・BS/CSをリアルタイムに視聴するソフト
スポンサードリンク

準備

録画した.tsファイルを字幕付で再生するための準備です。

1.TV Captionの準備

以下ページにて解説しています。

TvTestで字幕を表示する方法【TVCaption(プラグイン)】
TVTestで字幕を表示させるようにするには、”字幕を表示させる為のプラグイン”を導入する必要があります。 そのプラグインの導入方法と...

2.TvtPlayの準備

以下、手順です。

  1. このページ(GitHub – xtne6f/TvtPlay: TVTest plugin)の上部にあるリンクから、TvtPlay本体をダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
    1. 中に入っている「BonDriver_Pipe.dll」を「TVTest」フォルダに移動する
    2. 中に入っている「TvtPlay.tvtp」を「TVTest」フォルダの中の「Plugins」フォルダに移動させる
      • 64bit版のTVTestを使用している場合は、「TvtPlay.tvtp_x64」を「TvtPlay.tvtp」にリネームして移動する
  3. TvtAudioStretchFilter.ax」の登録作業
    1. 中に入っている「TvtAudioStretchFilter.ax」を「C:\」に移動する
      • 64bit版のTVTestを使用している場合は、「TvtAudioStretchFilter.ax_x64」を「TvtAudioStretchFilter.ax」にリネームして移動する
    2. コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げる(右クリック→管理者として実行)
    3. コマンドプロンプトで「regsvr32 C:\TvtAudioStretchFilter.ax」と打ち込みEnterを押す
    4. 「c:TvtAudioStretchFilter.ax の DllRegisterServer は成功しました」と表示されれば成功

      • 以下のようなエラーが表示される場合は、コマンドプロンプトを管理者権限で実行しているか確認する

        モジュール “C:TvtAudioStretchFilter.ax” は読み込まれましたが、DllRegisterServerへの呼び出しはエラーコード 0x80070005により失敗しました。

3.(再生用の)TVtestの準備

※TVtestについては、既に準備できているものとして進めます
  1. TVtestのフォルダを複製する(場所は好きな所で良い)
  2. 複製したフォルダにある「TVtest.exe」を立ち上げる
  3. TVtest上で「右クリック」→「プラグイン」→「Tvtplay」にチェックを付ける
    ▲チェックを付けると、TVtestの下部にTvtplayのツールバーが表示される
  4. TVtest上で「右クリック」→「設定」を開く
    1. 「一般」→「デフォルトのBondriver」を「指定したBondriver」に変更し、「BonDriver_Pipe.dll」を指定する
    2. 「再生」→「音声フィルタ」を「TvtAudioStretchFilter」に変更する
  5. TVtestを閉じる
  6. 「TVtest.exe」のショートカットを作成し、作成したショートカットのプロパティを開き、「リンク先」に「/tvtplay」を追加する

    • これで、TVtest.exe起動時にTvtpaly(プラグイン)が有効になる

録画した.tsファイルを字幕付で再生する手順

再生

以下のいずれかの方法(3種類)で再生できます。

1..tsファイルを、TVtestのウィンドウにドラッグ&ドロップする

2.Tvtplayの一番左のアイコン()をクリック → 表示されたダイアログより再生したい.tsファイルを指定する

3..tsファイルの関連付けをTVtest.exeに変更する

5秒、15秒、60秒飛ばし

TVtplayツールの「+5」「+15」「+60」というボタンを押すと、5秒、15秒、60秒飛ばしすることができます。

同じく、「-5」「-15」「-60」というボタンを押すと、5秒、15秒、60秒戻しすることができます。

TVtplayのツールボタン編集

「TVTest」フォルダの中の「Plugins」フォルダ内にある「TvtPlay.ini」を編集することで、TVtplayのツールボタンを編集することができます。

例えば、62行目には以下のような記述があります。

Button05=;'-'3'0,SeekB

この記述↑にある「;」を以下↓のように削除すると、「-30」というボタンが追加できます。

Button05=;'-'3'0,SeekB

同じように、数値を変更することで、自分の好きな秒数の巻き戻し・早く送りボタンを作成することができます。

トラブルシューティング

字幕が再生されない

.tsファイル再生時に、字幕を表示させたい場合は、録画の段階で「字幕も一緒に録画する」設定にチェックを入れておく必要があります。

例えば、

  • TVtestの場合:
    • 「設定」→「録画」→「字幕データを保存する」にチェック
  • EpgDataCap_Bonの場合:
    • 「設定」→「動作設定」→「録画時、字幕データを含める」にチェック

という風にする必要があります。

倍速再生できない

倍速再生する場合は、TVtestの「設定」を開き、「再生」→「音声フィルタ」を「TvtAudioStretchFilter」に変更する必要があります。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク