TS抜きとは?MULTI2とCCIの関係について【B-CASカード】

パソコンで「地デジ・BS・CS放送」を観ようとしている人が知っておいたほうが良い言葉「TS抜き」の意味とか経緯とかについて簡単に紹介します。

テレビ番組をパソコン(HDD)に保存したい人は、是非知っておくべきことです。

※「TS抜き」には違法性は有りません

スポンサードリンク

パソコンは地デジチューナーでテレビが見れる

パソコンは、「地デジチューナー」という機器を使用すれば、テレビみたいにパソコンモニタでデジタル放送を視聴する事が出来ます。

ある程度スペックを要求されますが、今の時代のパソコンなら(ほぼ)どんなパソコンでもテレビ化出来ます。

地デジチューナー(一例)
パソコン内部に直接取り付けるタイプ(PCI Express x1) USBタイプ
PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4
Amazon:PX-W3PE4
PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4
Amazon:PX-W3U4

TS抜きとは?

TS抜きは、(一言で言うと)「地デジ・BS/CS放送を、コピープロテクトが掛かっていない状態でパソコンに動画として保存してしまう事」を指します。

つまり、他のHDDへコピーしたりするのも自由、パソコン内で動画編集し放題、Youtubeにアップロードし放題と、自由に煮るなり焼くなりする事が出来る動画として保存する事が出来るということです。

※「TS抜き出来ない普通の地デジチューナー」で録画した動画は、他のHDDにコピーしたりも出来ませんし、動画編集したりも出来ません。(というか何も出来ません)

「TS抜き」という言葉自体は、パソコンに保存するときの動画形式が「MPEG2-TS」(拡張子は.ts もしくは.m2ts)な事から、語尾のTSを取ってこう呼ばれるようになりました。

MULTI2とB-CASカードの関係

デジタル放送(地デジ・BS・CS放送)は、その名の通り「デジタル」なので、いくらコピーしても劣化しません。

なので無限にコピーされる恐れが有ります。(著作権的に危険)

それを危惧した放送業界が、「じゃあ放送する内容を全て暗号化しよう!」って決めました。

この暗号化に使用されている暗号化技術のことを「MULTI2」と呼びます。

なので、

  • 「アンテナ」→「チューナー(テレビ)」→(電波を復調)→(復号化)→(画面に映す)

みたいな手順で、MULTI2で暗号化された電波を「復号化」する必要が有ります。

この復号化に用いられるキーアイテム的なものが「B-CASカード」です。これが無いと放送を観ることが出来ないのはこういう仕組みだからです。

B-CASカード
b-casカード
※地デジ対応のテレビなら、テレビのどこかに絶対に挿さっています

というわけで、パソコンでデジタル放送を視聴する際にも、このカードは必須となります。

というかそもそも、無料で垂れ流してる電波なのに何で暗号化する必要があるんだ?って感じですけどね・・。※ちなみにアメリカとかだと無料の公共放送は暗号化とかされてません。

CCIとの関係

放送に暗号化を掛けたのは良いですが、(BDレコーダーなど)デジタル機器に放送を録画保存してしまうと、そこから無限にコピーされてしまう恐れが有ります。

それを防ぐ為に、HDD等に動画として保存する際には「CCI」というコピー制御情報なるものが付加される仕組みとなっています

「CCI」は保存する際に掛かるプロテクト、「MULTI2」は単に電波に掛けられてる暗号化技術です。

この「CCI」が付加された映像を、制限付きでコピー出来るようにしたりする仕組みの事を「ダビング10」「コピーワンス」などと呼んだりするわけです。

レコーダーに保存した地デジが、CCIに対応したメディア(BDならAACS、DVDならCPRM)じゃないとコピーできないのはこういう理由なわけですね。

まぁ「CCI」を簡単に一言で説明すると、「録画した機器以外では再生出来ないようにする仕組み」ということですね。。

つまり、録画した機器が壊れちゃったら、二度と再生する事が出来ないというクソ仕様なのですね\(^o^)/

TS抜きというのは、とどのつまり、「CCI」を付加させずにHDDに動画として保存させる所為の事を言うのです。

CCIを付加しないので、コピーに制限なんてそもそも付きませんし、読み込みの制限も付くことも無いので、自由に動画編集したりする事も出来ます。

TS抜きが流行るようになった経緯

TS抜きという言葉が始まったのは、「「CCI」を付加させずにHDDに動画として保存する事が出来る地デジチューナー」が発売されたことが発端です。

その発端となったチューナーの名前を「Friio(フーリオ)」と言います。

↓コレ。

Friio 白 USB 2.0 ISDB-T Digital TV Receiver デジタルハイビジョンテレビ アダプター 地上デジタル放送専用
Amazon:Friio 白

この「Friio」は、「MULTI2の復号化は通常通り行うものの、HDDに保存する際に「CCI」をかけずに保存する」という仕組みになっているのです。

なので、普通の地デジチューナーのように「B-CASカード」を繋げばテレビを映す事も出来ますし、動画として保存する際にも「CCI」をかけずに保存する事も可能というわけです。(最強なのです)

ただ、当初このFriioには、地デジのスクランブル(MULTI2)を解除するソフトは付いていませんでした。機能はあるけど、ソフトがないので解除はムリだったのです。

しかし、発売から暫くして、このFriioのスクランブルを解除する事が出来るソフトが有志によって開発されました。そのソフト(ドライバー)の名前を「BonDriver」と言います。(Friioの機器の形が「」っていう漢字に似ていることから、BonDriverという名前になったそうです。)

BonDriverを併用する事で、TS抜きが初めて可能となったのです。

この「Friio」が発売されたのを皮切りにして、続々と「TS抜きが出来る地デジチューナー」が発売されるようになっていきます。

Friioが違法にならないんなら、俺らも販売するで!」みたいな感じで。

Friioの「BonDriver」を元に、他のTS抜き地デジチューナーのBonDriverも作られていって、今現在に至る。という感じです。

TS抜き出来るチューナーについて

今現在、TS抜き出来る有名なチューナーとしては以下の様なものが有ります。

※全部Amazonリンクです

というわけで、これらのチューナーを購入すれば、TS抜きができちゃうというわけです。(使うまでの準備がかなり面倒くさいですが、一度設定してしまえば後は使うだけです。)

録画保存(TS抜き)可能なおすすめ地デジチューナー12選

TS抜きの問題点

TS抜きするに当って1つ問題が有ります。

TS抜き出来るチューナーは、放送業界が定めたルールに従っていない、言わばトンデモチューナーです。(CCIを回避できちゃうわけですからね)

そんなトンデモチューナーを放送業界が許可するはずが有りません。

なので、B-CASカードが付属していないのです。(当たり前っちゃ当たり前ですが。。)

つまり、どうにかしてB-CASカードを手に入れる必要があるということです。

「TS抜きは違法!」と言われる所以は、この辺にあります。

ちなみに、違う機器(テレビ等)に使用されているB-CASカードを抜いて使用する事は出来ますが、それは契約違反となります。(”契約違反”であって”違法”では一応無い)

B-CAS公式サイトからB-CASカードを買う事も出来ますが、「TS抜きできる機器に使用したいから売ってくれ」なんて言うと当然の如く売ってくれません。

紛失したから」とか「中古のTVを購入したけど付いてなかったから」などと言えば普通に買えますがコレも契約違反です。

絶対にやっちゃダメですよ!絶対ですよ!絶対!

・・・。

というわけで、TS抜きに興味がある人は是非挑戦してみましょう。

この記事は以上で終了です。

関連ページ:TS抜き可能なおすすめ地デジチューナー12選

関連ページ:TS抜きで使用するソフト・用語まとめ【初心者向】