TS抜きは違法?メリット・デメリットについて

「TS抜き」の違法性とか、メリット・デメリットについてまとめてみました。

※「TS抜きってなに?」という人は以下記事参照。
TS抜きとは?MULTI2とCCIの関係について【B-CASカード】

スポンサードリンク

TS抜きは著作権違反じゃないの?

違法_イラスト

著作権が有る動画のコピープロテクトを外すのは違法だろ!」って思う人が居るかもしれません。

確かにそれは違法です。

ですが、TS抜きは、「コピープロテクト(CCI)をかける過程を”無視”」してるだけで、「コピープロテクトを”外してる”」わけではないのです。

なので(一応)違法では有りません(まぁなんか屁理屈みたいですけど)

ただ、TS抜きで視聴するに当たって、TS抜き出来るチューナーにB-CASカードを挿さなければならないのですが、これはB-CASの利用規約に反します。。(「利用規約に反する」ってだけで、違法ではない)

でもコレを違法というなら、本来は自由に受信出来るべきであるはずの無料放送が、一企業のB-CASと契約を結ばなければ見れないという状況も違法(というか脱法)だと思うのですが。。「放送法」にも「WOWとかスカパーは契約が必要」って明記されてますけど、無料放送については何も言及されてませんからね。(これもなんか屁理屈みたいですけど。。)

というわけで、TS抜きは完全に白とは言い切れないのです。(グレーゾーン)

ですが、もし人前で「俺TS抜きやってるよ!」などと言ったとしても、捕まる心配は無いので安心して良いでしょう。

というかもし違法ならTS抜き出来るチューナーが販売され続けてる事自体問題ですからね。

※面白い知恵袋を見つけたので参考程度に。(ベストアンサーが秀逸です)
PT2でts抜きとか日本だけの状況なんですか?- その他(デジタルライフ) | 教えて!goo

TS抜きのメリット

①コピーし放題、編集し放題

地デジ・BS/CSの録画データを煮るなり焼くなり好きにできる。

コピーとかもし放題。(TS抜きしないで録画した動画は、録画したパソコンでしか観れないので、そのパソコンが壊れちゃったら2度と観る事ができなくなっちゃう)

※コピーガードを外すのは私的利用目的だとしてもダメですけど、そもそもコピーガードを無視して保存したものなので、コピーガードを外してるわけじゃありません。なので、私的利用目的でコピーしても大丈夫です。(おそらく)

②動画に詳しくなれる

TS抜き環境の準備・TSファイルのエンコとかしてるうちに、必然的に動画に詳しくなれる。

というか詳しくならざる得ない。(詳しくならないと完璧に扱えないから)

③Nasneみたいに使える

Spinelとかを使えば、Nasneみたいに、LAN内にあるスマホ・PCから、録画した動画を好きに視聴出来たりもする。

④安価に同時録画数を簡単に増やせる

チューナーを買い足しただけ、録画できる番組数を増やせる。

しかも、BDレコーダーのチューナーとかに比べたらかなり安価。

⑤番組のスクショを撮れる

視聴しながら、キーボードのボタン1つで番組のスクリーンショットを撮れたりする。

撮った画像をリアルタイムにSNSなどに投稿して楽しめる。

※ツイッターなどでリアルタイムでテレビのスクショを投稿してる人がたまにいますが、ああいうのが出来ます。

▲こういう風に、テレビ画面をそのままキャプチャしたようなスクショが取れる(しかもリアルタイムに)

⑥パソコンの負荷が軽い

TS抜きせずに、普通にテレビを視聴するのと比べて、パソコンへの負荷が軽い。

TS抜きしない市販の地デジ視聴ソフトは、コピープロテクト関連の処理が働いて動作が非常にモッサリしている。

⑦録画ソフトが優秀

録画ソフト(EDCB、TVRockなど)の機能がかなり優秀。

番組予約の条件の設定とか、市販のBDレコーダーより優秀なので、超厳密に録画予約を設定出来たりする。

⑧ニコニコ実況を画面に表示出来る

s-tvtest_nicojk

ニコニコ実況のコメントを、ニコニコ動画の動画みたいにコメントを流したりも出来る。

TS抜きのデメリット

①準備がかなり手間

TS抜き関連のソフトの準備がめちゃくちゃ面倒臭い。

初見だと、「BonDriver」とか「TVtest」とか、覚えなければならない単語・ソフト・使い方が多すぎて壁を殴りたくなるレベル。

パソコンに慣れてる人でもかなり苦労するはず。(最初は2chのテンプレとかで勉強すると良いかも)

②PC知識がある程度必要

パソコン完全初心者な人には敷居が高くてムリ。

※ただ、当人の学習意欲次第で扱えるようになるはず。

③製品がTS抜きには無保証

購入した地デジチューナー等が、何らかの不具合でTS抜きで視聴できなくなったとしても、そもそもTS抜きをサポートしているメーカーはいないので、メーカーを頼れない。

完全に自己責任となる。

まとめ

TS抜きはすごく便利だけど、それ相応の知識・やる気・手間が必要ということです。

ただ、一度TS抜きの環境を構築してしまえば、あとはチューナーを追加するのも簡単だし、操作自体も簡単なので、すごく快適です。

個人的にはかなりオススメなので、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

関連ページ:録画保存(TS抜き)可能なおすすめ地デジチューナー12選