TS抜きで録画した.tsファイルをGoogleフォトに保存する方法

TS抜きで録画した.tsファイル(を「Googleフォト」に保存する方法について紹介。

スポンサードリンク

.tsファイルを「Googleフォト」に保存する方法

Googleフォトでは、「.ts」という拡張子の動画ファイルはアップロードできません。

しかし、「.ts」ファイルの拡張子を「.m2ts」に書き換えると、アップロードできるようになります。

▲「1 件をアップロードをスキップしました

※拡張子が「.ts」だとアップロードできない

▲「1 個をアップロードしました

※拡張子を「.m2ts」に書き換えるとアップロードできるようになる

同じファイルなのに、

  • 拡張子「.ts」:
    • アップロードできない
  • 拡張子「.m2ts」:
    • アップロードできる

という風に、拡張子を変えるだけで、アップロードできるようになるということです。

ちなみに、「.ts」と「.m2ts」という拡張子は、どちらも「MPEG-2 TS」という同じ「コンテナ」なので、どちらに変えても問題ありません。

参考:動画形式の種類と違い(AVI・MP4・MOV・MPEG・MKV・WMV・FLV・ASF等)【コンテナ】

また、同じように、「.○○」という拡張子ではアップロードできないけど、「.XX」という拡張子に書き換えるとアップロードできる という場合があります。

なので、アップロード出来ない場合は、公式で「これは対応してるよ」と言ってる拡張子に書き換えてアップロードしてみましょう。

▲(2017年4月現在)対応している拡張子は、mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx、.mov、.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、.mkv

引用:パソコンからの写真のバックアップ – Google フォト ヘルプ

削除される可能性

大量にアップロード=アカウント削除対象になる?

あまりにも大量に動画をアップロードしていると、(将来的に)Googleから目を付けられてアカウント削除される可能性も無きにしもあらずかもしれません。

普通に考えて、いちユーザーが、○○○○TBもの「収益を生まない動画」をアップしているなんて、Googleからしたら迷惑極まりないでしょうからね・・。

著作権侵害?

共有設定でファイルを共有しない設定に出来るとしても、テレビ番組をオンラインストレージにアップロードすること自体、著作権に反しているかもしれないので、もしかしたら将来的にアカウント削除されることもあるかもしれません。

なので、アップロードをしたい人は、「将来的にアカウントBANされるかもしれない」というリスクを承知の上でアップロードしましょう。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク