【AviUtl】透明化エフェクト(クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー)の使い方【キーイング】

AviUtl拡張編集機能の「透明化」関係の「エフェクト」の使い方について紹介します。(他動画編集ソフトでキーイングと呼ばれる類のものです)

「画像・動画の一部を透過したい!」って場合に使うエフェクトです。

スポンサードリンク

それぞれの違い

違いを簡単に箇条書きすると以下のようになります。

  • クロマキー:指定した色を透過
  • カラーキー:指定した色の輝度を透過
  • ルミナンスキー:指定した輝度を基準に透過

クロマキー

指定した色と似た「色」部分を透過させるエフェクトです。

例えば「画面上にある○色に近い色を全部透過させたい!」って場合とかに使います。

キャラクター画像を素材として使う場合などに背景部分を透過させるのによく使います。アニメとかCGとか向けかもしれません。

s-クロマキー_背景透過前 s-クロマキー_背景透過後
▲元画像 ▲背景(青部分)を透過した例

次に「実写写真」を透過した例。茶色部分を指定していますが、全体的に「赤みがかった部分」がなくなっている事が分かるかと思います。
このように色々な色が入り交じっているような画像とかの場合は、指定した色だけを完璧に透過する事は難しいです。

s-元画像 s-クロマキー_茶色
▲元画像 ▲後ろの看板の「茶色」っぽい色を透過した例

カラーキー

指定した色と似た「輝度」部分を透過させるエフェクトです。

例えば「画面上にある○色と似てる輝度の色を全部透過させたい!」って場合とかに使います。

ちなみに「輝度」っていうのは「明るさ」とは異なります。

輝度が高いというのは、モノクロ画像で言う所の「色が薄い部分」の事を指します。

s-モノクロ_例
▲画像で言うところの左真ん中部分とかの真っ白な部分などは「輝度が高い」と言えます。(厳密に言えば計算式とかがあるので色によって微妙に違うんですけど)

なので、全く違うような色でも輝度さえ同じであれば透過されてしまいます。色々な色が入り交じっている実写写真・動画向けかもしれません。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください
輝度の色差の違い

※モノクロ表示にしたい場合は、エフェクトの「単色化」で「輝度を維持する」にチェックを付けて「白色」を指定すればモノクロ化出来ます。
単色化_設定ダイアログ

以下サンプルです。

このように色相に関係無く、同じ「輝度」を透過させる事が出来ます。先ほどのモノクロ画像と見比べてみれば何となく同じ濃さの部分が透過されているのが分かると思います。(※設定次第で広範囲の輝度を指定したりも出来るので正確では有りませんが)

s-元画像 s-カラーキー_例
▲元画像 ▲竹の真ん中の「薄緑」っぽい色を指定した例

ルミナンスキー

設定した「輝度」を基準として透過出来るエフェクトです。

画面全体を徐々に暗くして行ったり、明るくして行ったり出来ます。

光や闇が「侵食」(蝕む)していくと言った感じの表現とかも出来ます。使い方次第で色々な表現をする事が出来ます。

※2つとも「輝度基準」を変化させた例です。


使い方

クロマキー

「キー色の取得」で選択したオブジェクトの色を指定する事で透過させれます。

拡張編集_クロマキー

色相範囲

「キー色の取得」で取得した色に近い「色相」が透明になります。

値を大きくすればするほど遠い色相も透明になっていきます。
色相彩度明度
※Windowsユーザーにお馴染みのカラーパレット

彩度範囲

「キー色の取得」で取得した色に近い「彩度」が透明になります。

値を大きくすればするほど遠い「彩度」も透明になっていきます。

境界補正

透明にする部分との境界線を広げます。

20150809-031805-108 クロマキー_赤
▲元画像 ▲「赤」色部分を「キー色の取得」で指定して透過した例

カラーキー

「クロマキー」と同じく、「キー色の取得」で選択したオブジェクトの色を指定して使用します。

クロマキーでは「色相」を基準にして透明化するのに対し、カラーキーでは「輝度」を基準にして透明化します。

拡張編集_カラーキー

輝度範囲

「キー色の取得」で取得した色に近い「輝度」が透明になります。

値を大きくすればするほど遠い輝度も透明になっていきます。

色差範囲

「キー色の取得」で取得した色に近い「色差」が透明になります。

値を大きくすればするほど遠い色差も透明になっていきます。

※ちなみに「色差」は「彩度」と「色相」を組み合わせたような言葉です(多分)
色相彩度明度

境界補正

透明にする部分との境界線を広げます。

20150809-031805-108 カラーキー_黒
▲元画像 ▲黒色部分を透過した例(分かりやすいように背景を白色にしてます)

ルミナンスキー

指定した「輝度」を基準にして、透明化する部分を決めるエフェクトです。

拡張編集_ルミナンスキー

基準輝度

透過する為の基準となる「輝度」を設定します。

ぼかし

「透明」と「半透明」の境界を設定します。0で完全に透明と不透明が分かれ、最大値(4096)で半透明のみになります。

ルミナンスキー_ぼかし

透過基準

ルミナンスキー_透過基準

  • 暗い部分を透過:
    • 「基準輝度」より小さい値(暗い)の部分が透過されます
  • 明るい部分を透過:
    • 「基準輝度」より大きい値(明るい)の部分が透過されます
  • 明暗部分を透過:
    • 「基準輝度」で指定された類似輝度の部分が透過されます。
  • 明暗部分を透過(ぼかし無し):
    • 「基準輝度」で指定された類似輝度の部分が透過されます。「明暗部分を透過」の「ぼかし」を「0」に指定した場合と同じ効果になります。(完全に「透明」と「不透明」が分かれる)

「明暗部分を透過」のサンプルです。「基準輝度」を大きくすればするほど輝度が小さい部分(暗い色)が更に暗くなり、小さくすれば輝度が小さい部分が逆に明るくなります。竹の部分を見てもらうと分かりやすいかも。

「暗い部分を透過」と「明るい部分を透過」のサンプルについては前項のルミナンスキーについての項目に載せてます。

こうページの情報は以上です。

スポンサーリンク