【AviUtl】スクリプト制御とは?【Lua】

AviUtlのスクリプト制御についてイントロ的な紹介ページです。

※このページは「AviUtlでスクリプト制御をまったく使ったことがないよ~」という人を対象としています

スポンサードリンク

スクリプト制御とは?

lua

AviUtlの拡張編集プラグインでは、Luaというスクリプト言語を使って、図形や文字などの全ての「オブジェクト」をプログラミング的に操作する機能が備わっています。

この機能の事を「スクリプト制御」と呼びます。

プログラミングというと「難しそうだなぁ」と言う人が多いかもしれませんが、中学時代にC言語などをかじったことある人ならば、わりと簡単に理解できますし、

プログラムをかじった事ない人でも、難しい処理はほとんどしないので理解できると思います。

どんな事ができる?

以下の3つのような事ができます

  • 自作のエフェクトを作成し、新規にフィルターとして追加して使う事ができる

スクリプト制御を使うにはどうしたらいい?

スクリプト制御を使用する方法は3つあります。

1.テキストオブジェクトに記入

「テキスト」オブジェクトのテキストボックスに直接記入することで、

スクリプト制御が使用できます。

テキスト_スクリプト制御
▲テキストオブジェクトで、スクリプトを記入する際は、「<? ?>」で囲う必要があります。

※ちなみに「mes」は文字を出力する関数です

2.「スクリプト制御」エフェクトを追加する

「スクリプト制御」エフェクトを各オブジェクトに追加することで、

スクリプトが使用できるようになります。

図形_スクリプト制御
▲スクリプトを直接記入します。(1.の方法と違って、<? ?>で囲う必要はありません)

※obj.effectはそのオブジェクトのフィルタ(エフェクト)を変更する関数です。

3.「スクリプト(カメラ制御)」を追加する

カメラ制御オブジェクトに限っては、

「スクリプト(カメラ制御)」というカメラ制御だけの「スクリプト制御」エフェクトを追加することで、スクリプトが使用できるようになります。

スクリプト制御_設定ダイアログ
▲スクリプトを直接記入します。(1.の方法と違って、<? ?>で囲う必要はありません)

このエフェクトでは、

普通のスクリプト制御のパラメータに加えて以下のパラメータが追加されます。

.x : カメラの座標X
.y : カメラの座標Y
.z : カメラの座標Z
.tx : カメラの目標座標X
.ty : カメラの目標座標Y
.tz : カメラの目標座標Z
.rz : カメラの傾き
.ux : カメラの上方向単位ベクトルX
.uy : カメラの上方向単位ベクトルY
.uz : カメラの上方向単位ベクトルZ
.d : カメラからスクリーンまでの距離(焦点距離)

スクリプトで参考になるサイト

スクリプトの詳しい使い方とか変数の定義などについては、

以下のサイトが参考になります。

参考AviUtlスクリプト Wiki(外部サイト)

このページの情報は以上です。