【TS抜き】Spinelの導入と設定方法【LAN内でチューナーを共有】

s-s-2016-01-23 21.43.44

LAN内で地デジ・BS/CSチューナーを共有する事が出来るTS抜きソフト、「Spinel」の導入方法とか設定方法について紹介。

※この記事は、BonDriverを用いてTVtestで視聴出来る環境を構築出来てる人対象です。(参考:PX-W3U3 V2.0で視聴・録画するまでの設定方法①【TS抜き】))

※この記事の方法は、サーバーPCでスクランブル解除してSpinel配信する方法です。(なのでクライアントPC側ではカードーリーダー・B-CASカードは不要です)

この記事を書いてる人は、TS抜きに全然詳しくないので質問とかされても多分答えられません。

※この記事は「私はこうやれば出来た」というののメモ書きです。(もしかしたら間違ってる事を書いてる可能性も有り得るのであしからず・・)

スポンサードリンク

Spinelとは?

Spinelは、LAN内で1つの地デジ・BS/CSチューナーを共有することが出来るソフトです。

機能的には、以下の様な感じで、全てのソフトの仲介役的な立ち位置となります。

「BonDriver_Spinel」が、「Spinel」と各ソフトをつなぎます。

Spinelを使わない形 Spinelを使う形
ts抜き_関係図2

ts抜き_関係図
※「サーバーPC」の方の「TVtest」や「EDCB」が、「BonDriver_Spinel」から経由する形になっていますが、
「BonDriver」から直接経由する事も可能です。
ですが、こういう風にしないと、
「サーバーPC」側で既に録画を行っていた場合に、クライアントPC側で「BonDriver_Spinel」経由で録画を開始すると、チューナーを競合してしまう場合があります。
※「クライアントPC」はいくらでも増やせます。

当たり前ですが、クライアントPCで放送を視聴・録画するには、Spinelが入っているサーバーPCを常に起動させておく必要があります。

また、Spinel自体も常に常駐させておく必要があります。

※ちなみに設定次第では、同一LAN以外、例えば「外出先のパソコンから、自宅のSpinelを経由してTVtestで視聴する」なんて事も一応可能ですが、色々な事に反します。ので、やるなら自己責任でやりましょう

用意するソフト

  • Spinel
    • 「サーバーPC」用のSpinel。録画予約の調整(重ならないように)とかもしてくれる。
      2016-01-24_01h26_04
  • BonDriver_Spinel
    • TS抜きの各ソフトから、Spinel経由でBonDriverを使用出来るようにするソフト。
      2016-01-24_01h25_56
  • spinel_定義体
    • 「Spinel」に、地デジチューナーを認識させる為のリスト。(新しく発売されたチューナーはSpinelのリストに入っていないから)

用意しなければならないのはこれだけです。

ダウンロードして下さい。

作業流れ

この記事でやる作業の流れは、

  1. 「Spinel」と「BonDriver_Spinel」の初期設定をする
  2. 「Spinel」をサーバーPCに移動させて、起動させる
  3. 「BonDriver_Spinel」を使用したいソフトの数だけコピーする(クライアントPC、サーバーPC分も)
  4. 「BonDriver_Spinel」経由でTS抜きソフト(TVtest等)を立ち上げて、「BonDriver_Spinel」経由で、BonDriver→チューナーにアクセスしてテレビ視聴する

という感じです。

初期設定

①Spinel

まず、下図で言う所の「Spinel」の設定です。(赤塗部分)

aka_spinel

  1. ダウンロードした「Spinel」を解凍する
  2. 解凍したフォルダを好きな場所に移動させる
  3. Spinelの中にある「BonDriver」フォルダの中に、TVtestで使用していたBonDriverを全て移動させる
    bondriver_spinel

    • この画像は「PX-W3U3 V2」の場合のファイルです(それぞれの地デジチューナー毎に違います)
  4. 「spinel_定義体」を解凍する
  5. 中に入っている「DeviceDefinitions」フォルダと「BonDriverMapping.json」ファイルを、「Spinel」フォルダに移動させる
    DeviceDefinitions_移動

これでSpinelの導入作業は終了です。

あとは、「Spinel.exe」を起動させて、地デジチューナーの一覧が表示されれば完了です。
2016-01-24_01h53_46

※最初にファイアウォールのダイアログが出るので、「アクセスを許可する」をクリックする
2016-01-23_17h05_58

②BonDriver_Spinel

次に、下図で言う所の「BonDriver_Spinel」の設定です。(赤塗部分)

基本的に、1つの「BonDriver_Spinel」の設定をして、ソフトの数、クライアントPCの数分だけコピーして使用していく形です。

aka_spinel_bon

  1. ダウンロードした「BonDriver_Spinel」を解凍する
  2. 中に入ってる「BonDriver_Spinel.dll.ini」ファイルと、「x86」フォルダの中に入っている「BonDriver_Spinel.dll」を適当な場所に移動させる
    1. 64bitなTSソフトに使用する場合は「x64」の方を使う
  3. この2つのファイルを、TVtestにBonDriverを導入した時と同じ要領で名前をコピー・リネームする
    2016-01-24_02h19_13
    ※このファイル例は「PX-W3U3 V2」チューナーの場合です

    1. 「BonDriver_Spinel.dll」ファイルを、以下の4つにコピー&リネームする
      1. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_S0.dll
      2. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_S1.dll
      3. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_T0.dll
      4. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_T1.dll
    2. 「BonDriver_Spinel.dll.ini」ファイルを、以下の4つにコピー&リネームする
      1. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_S0.dll.ini
      2. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_S1.dll.ini
      3. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_T0.dll.ini
      4. BonDriver_Spinel_PX_W3U3_V2_T1.dll.ini
  4. 「BonDriver_Spinel_~~~_XX.dll.ini」の各ファイルを開き、「TunerPath」の部分を以下のように書き換える
    2016-01-24_12h30_18

    1. TunerPath = “PXW3U3/0/S/0″
    2. TunerPath = “PXW3U3/0/S/1″
    3. TunerPath = “PXW3U3/0/T/0″
    4. TunerPath = “PXW3U3/0/T/1″
      • PXW3U3」の部分は、既に導入済みのBonDriverと同じ名前にする
      • 0」の部分は同じチューナーを導入した場合に書き換える
        1. 例えば、PXW3U3を2台パソコンに接続しているなら、1台目を「0」、2台目を「1」とする
      • S」はBS/CS、「T」は地デジ
      • 「0」「1」は、1つのチューナーにいくつのチューナーが付いているか
        • 例えば、シングルチューナーなものなら「0」のみ

この「BonDriver_Spinel」のファイル郡を、TVtest・EDCB・TVRockなどのフォルダの中に移動させればSpinel経由でBonDriverが扱えるようになります。

BonDriver_SpinelをクライアントPC・サーバーPCのTS抜きソフトにコピーする

この記事では、TVtestにコピーする方法だけを紹介します。(その他のソフトも基本的には「BonDriver_Spinel」をコピーするだけです)

サーバーPC側

  1. 先ほど作成した8つのファイルを、TVtestのフォルダにコピーする。
    2016-01-24_12h24_11
  2. Spinelを起動した状態で、TVtestを起動する
  3. TVtestの左下のメニューから「BonDriver_Spinel~~」を選ぶ
    2016-01-24_12h26_50

これで普通に視聴出来れば、Spinelの経由で視聴できているということです。

※スクランブルの設定とかは以下記事を参考にしてみてください(参考にならないかもしれないけど。。)
PX-W3U3 V2.0で視聴・録画するまでの設定方法①【TS抜き】
2016-01-24_15h06_59

クライアントPC側

  1. 「サーバーPC側」で用意したTVtestフォルダをそのままクライアントPCにコピーする
  2. 「BonDriver_Spinel_~~~_XX.dll.ini」の各ファイルを開き、「Address」の部分をサーバーPCのローカルIPに書き換える
    2016-01-24_12h29_28
    ※私の場合、サーパーPCのIPを「192.168.11.1」に固定しているというだけで、これは人によって全部違います。

    • サーバーのIPは変わらないように固定してください
      1. 「IP ローカル 固定」とかでググればやり方がわかると思います
  3. サーバーPC側でSpinelを起動した状態で、クライアント側からTVtestを起動して、TVtestの左下のメニューから「BonDriver_Spinel~~」を選ぶ

これでテレビが視聴出来れば完成です。

※スクランブルの設定とかは以下記事を参考にしてみてください(参考にならないかもしれないけど。。)
PX-W3U3 V2.0で視聴・録画するまでの設定方法①【TS抜き】

各設定について

Spinelの設定

Spinel自体の設定は「Spinel.ini」というファイルから行えます。

2016-01-24_17h12_40

具体的には、

  • 使用するポートの設定(ServerPortNo)
  • クライアントにスクランブル解除して送信するか(DescrambleControl)
  • Nullパケット、ワンセグパケット、データ放送パケットを削除するか否か(EnableTSOptimizer)
  • Spinelを終了するときに、クライアントが接続してる場合はどうするか(AlwaysConfirmOnExit、ConfirmOnShutdownIfClientExists)

とか設定出来るみたいです。

それぞれのオプション名でググれば、それぞれの設定の意味を理解できると思います。

(私はそもそも好奇心で入れただけなので、特に何も変更してません)

BonDriver_Spinel

BonDriver_Spinelの設定は、「BonDriver_Spinel_機種名_XX.dll.ini」というファイルから行えます。

2016-01-24_14h50_28

具体的には、

  • どのソフト(クライアント)からの録画を優先するか
  • CH変更の権利をどれに割り当てるか
  • サーバー側でスクランブル解除してもらうように要請するか

とか設定できるみたいです。(私はそもそも好奇心で入れただけなので、特に何も変更してません)

関連ページ:TVtestをニコニコ実況化できるNicoJKの導入方法と簡単な使い方

関連ページ:EpgDataCap_Bon(EDCB)の導入と設定方法①【予約録画】

スポンサーリンク